ゴスロリコスプレの妹と相互オナニー

この体験談は約 6 分で読めます。

俺が高2、妹が高1。
同じ学校に通っていて、結構仲も良かった。
さすがにエッチ関係の話はほとんど無かったけど、恋愛の話とかは結構してた。

今年の9月のことなんだけど、文化祭があった。
ウチのクラスは演劇(オリジナル)を、妹のクラスはごく普通の喫茶店をやることになっていたらしい。
だが当日になって急にコスプレをすることになったらしく、妹のクラスはサルの着ぐるみを筆頭に変な連中が集っていました。
(ハードゲイコスプレみたいなのもいた!)

なぜか女子はお色気担当らしく、妹はゴスロリ系の服を着ていた。
黒色のヒラヒラの付いたやつ。
まぁ、それはまだ良かったらしく、他にはバニーやら何やら、(こんなの高校でやっていいのか?)という派手な衣装が多かったことは記憶に残っている。

んで、ウチのクラスの話。
中世ヨーロッパを舞台にした戦乱を描いた作品で、結構良い感じだと思う。
実際、客の評判も良く、ラスト付近ではすすり泣く声も聞こえた。
やった側としては嬉しい限りだ。

その泣いている中にウチの妹もいた。
ゴスロリ服のまんまで存在感だけは抜群だったし、客の中には変なのもいたわけで、上映後、その変なのに絡まれてた。
その時はたまたま仲裁に入った俺の友人のおかげで事なきを得たのだが、真の意味で大変なのは、家に帰ってからだった。

後片付けも終わり、夜の6時頃に2人で帰宅すると、両親は親戚の人が死んだとかで出かけていた。
明後日までは帰れないからと、テーブルの上に3万円が置いてあった。
俺がメシを作ってテレビを観ながら食ってると、妹が俺らのやった劇のことを絶賛してくれた。

「凄かった!」とか「格好良かった!」とか。

その格好良かった役の中に俺が入っていないのがいささか残念だったんだけど・・・。
それで俺も、妹が着ていたゴスロリ服のことを指摘してみた。

「可愛い」と連呼してやると妹は凄い照れて、顔が真っ赤になる。

以前からそうなのだが、感情の変化が顔に出やすいのだ。

(以下名前を、俺→『ハルキ』、妹→『ミズカ』とします)

「ミズカの着てた服って、あんなんどこで売ってるんだ?」

俺が尋ねてみるとミズカは、「リルちゃんが買ってきたんだよ」と言った。
リルちゃんとはミズカと俺の共通の友人だ。
年齢はミズカと同じだが、部活が俺と一緒(陸上部)なので、ミズカの様子も俺の様子も筒抜けだったりする。
かなり口は悪いが、結構な姉御肌だ。
ちなみに俺は、『ペテン』と呼んでいる。
確かトランプでダウトをやった時にイカサマをしたのが原因だった気がする。

「へぇ、ペテンの奴にこんな趣味があったんだな。ていうかミズカも案外楽しそうだったじゃん」

俺は少しからかうように言ってみた。
実際ミズカも最初は恥ずかしそうだったが、最後の方なんかは裾を持ち上げて一礼していたぐらいだ。

「ハルキ兄ちゃんの趣味には合わないでしょ?確かワンピースの女の子が好きなんだっけ?」

反撃するかのように言ってくる。
ちなみに俺は、マンガの『ワンピース』が好きと言ったのだが、なぜか勘違いされて今に至る。

「だからアレは勘違いだっつうの。お前こそ、どんな男が好みなわけよ?」

「言う必要無いし」

「良いじゃん。ていうか俺ら兄妹だろ?」

「関係無いと思うけど」

「必要なら相談に乗ってやるよ」

「恋愛経験皆無の人間に言われたくない」

「うっ・・・!」

俺は確かに彼女が出来た経験は無かった。
ルックスの自信があるわけではないが、そこまでブスとも思えないから少し気にしていたことはある。

「ハルキ兄ちゃんは、たぶん友達で満足しちゃうんだよね、相手側が。ほら、ハルキ兄ちゃんって結構ムードメーカーみたいな感じだし。自覚ある?」

確かに自覚はあった。
まあムードメーカーというより宴会部長な感じだったが。

「ま、そうなのかもな。告ったこともないから、案外押し通せばOKもらえたりして」

「あ、それはそうかもね。けど、すぐに別れそう」

「何でよ?」

「付き合った前と後でまったく変わりないから」

つまりは裏表の無い人間だと言ってくれているらしいのだが、その時はちょっとだけムカッときた。
なんというか、つまらない人間って言われてる気がしたのだ。

「ミズカ。じゃあお前は付き合ったら何か変わるわけ?」

俺はイマドキの若者としては珍しく、付き合ったからすぐにセックスなんてことはしないつもりだった。
デートとかして仲良くなって、ホントに将来のことを考え始めたらセックスするって感じ。

「付き合ったら・・・う~ん・・・」

ミズカも悩んでいるようだった。
やっぱりミズカも俺の妹だからか、セックスに関してはオクテと言うか、簡単にはしないと言っていた。
ちなみに将来の理想家庭のことを話している時に、たまたま聞いたことだ。

「やっぱりデートしたりして、それからエッチなこともするのかもね」

意外だった。
あの妹から「エッチをする」という言葉を聞くのは、酷く場違いな気がした。

「エッチなんて、もっと後のことじゃないのか?」

「ん、だと思ってたけど、リルちゃんによると、みんな付き合ったらすぐにヤルらしいよ」

ペテン情報だとすると、かなり怪しいところだが・・・俺も友人との付き合い上、そのことはよく知っている。
悲しいことだが。

「つーことはやっぱ、もうオナニーとかしちゃってるわけ?」

この時の俺は自然にこの言葉が口から出ていた。
今思い返せば狂っていたとしか思えない一言だが。

「普通、妹に聞く?ま、別に良いんだけどさ。ハルキ兄ちゃんはしてるの?」

ミズカは意外にも怒ったりせずに、それどころか少し頬を赤らめて俺に聞いてきた。

「・・・ま、たまにな」

実際、俺は2週間に1回という超ローペースだった。
その気になれば1ヶ月でも耐えられる自信はある。

「じゃあ、こっちも白状するよ。私もたまにする」

性に関して無関心だと思っていた妹も、そういう事をするのか!
結構複雑な感じだった。
ただ、その直後に妹が言った言葉は、今も頭にこびりついて離れない。

「じゃあさ、私もオナニーするから、ハルキ兄ちゃんのするとこ、見せてよ」

「・・・は?」

「だから、ハルキ兄ちゃんがオナニーするとこを見せてって言ってるの!」

よく見ると、ミズカの頬は朱色に染まっていて肩も震えていた。
どういう気持ちでその言葉を言ったのかが、よくわかった。

「・・・いいけどさ、一つだけお願い」

「何?」

「今日着てたゴスロリ服、あれ着てオナニーしてくれるなら俺もやるよ」

ミズカは押し黙り、俺を見る。
俺はその視線を真正面から受け止め、不適に笑い返してやる。

「一夜だけの秘密のパーティーといこうじゃん」

「・・・わかった。ちょっと待ってて」

そう言って妹は2階の自室に行こうとした。
俺はそれを止めて、こう言った。

「台所でやるより、お前の部屋にしないか?カーテンもあるし、外から見えないだろ?」

「・・・恥ずかしいなぁ」

そう言いながらも、ミズカは肯定の意を示し、俺はついて行った。
部屋に入ると、ミズカが突然、着ていたミニスカートと上着を脱いだ。
突然のことに俺は少しショックを受けつつも、「急に脱ぐなっつーの」と、何とか平静を保ったフリをしてミズカに忠告した。

「別に今から見せ合うんだからいいじゃない」

ミズカは開き直ったようにパンツ1枚で動き回りながらゴスロリ服を身に着ける。
その光景を直視するわけにもいかず、下を向きながら膨張しそうな俺自身を何とか押さえつけていた。

「終わったよ」

ミズカの言葉でようやく前を見る。
文化祭の時に着ていたそのままの服を纏ってミズカが立っていた。

「ん、じゃ始めるか」

俺はそう言ってミズカの行動を待った。
少し躊躇ってからミズカはスカートを捲り、パンツの上に手を置いた。

「・・・さすがに恥ずかしいよ。早くハルキ兄ちゃんも」

催促されたので、俺もズボンの中からまだ小型の俺自身を出し、軽く手を添えた。
ミズカは興味深そうに俺のを見て一言。

「ちっちゃいね」

「これから大きくなるんだよ!」

あまりにショッキングな一言。
確かに平均より少し小さいが、(そんな厳しいこと言うなよ・・・)という感じ。

「じゃ、同時にやるか?」

「うん、ハルキ兄ちゃん」

そう言って、どっちからともなく、お互いのモノを擦り始めた。
ミズカは俺の動きを見ながらパンツの上から手をゆっくりと動かし、俺もそれを見ながら軽く上下させる。

「なぁ、女ってパンツの上からでも感じるのか?」

俺は動きを続けながら、そう質問してみた。
ミズカは2分ほど経っているのに、いまだにパンツの上から軽く擦っているだけだ。
感じている様子も無い。

「一応ね、私はこれで通してる。そのほうが長い時間気持ち良くなれるしね」

ミズカはスカートの端を口で咥えながら、少しだけ指の動きを加速させる。
徐々に徐々にミズカのパンツからチュクチュクといった音が聞こえてくるようになった。

「はぁ・・・ハルキ兄ちゃんは気持ちいいの?」

ミズカは少しだけ艶やかな表情で俺に問いかけた。
あっちから見れば、ほとんど無表情で上下させている俺は感じてないと思っているのだろう。

「いんや、結構気持ちいいぜ。男は表情にあんまり出ないだけ」

そう言って、しばらくの間2人の会話が途切れ、黙々と自分の快感を得るための行動に移っていく。
俺は上下スピードを上げ、ミズカはパンツの端っこを捲って直接アソコを触っていた。
濡れたアソコを指で触るピチャピチャといった音が俺の脳を少しずつ蝕んでいく。

そして・・・。

「おいっ・・・もうすぐ限界そうなんだが」

俺自身からはもはや我慢汁も出ていて、いつ弾けてもおかしくないくらいだった。
ミズカもパンツを膝元まで下ろし、アソコからパンツまで糸が引いている。
グチャグチャといった音と共に激しくアソコを掻き回していた。

「私も・・・もうイク!」

「俺もだっ・・・!」

2人とも、ほぼ同時に絶頂を迎え、ベッドに倒れこんだ。
俺の白濁汁はミズカの顔と足もとにかかり、ミズカの愛液はパンツに、まるでお漏らしでもしたかのようにかかっていた。

「こんな体験、初めて・・・」

ミズカはそう言って目を閉じた。
当然だ、こんな体験が何度もあってたまるものか。

「もう止めなきゃな・・・」

そう言って俺もベッドに寝そべり、目を閉じた・・・。
しかし、この関係はいまだに週1ペースで続いていたりする(笑)

タイトルとURLをコピーしました