後輩の女子にくすぐり勝負を挑まれた

この体験談は約 3 分で読めます。

高校の頃、なぜか学校中で『くすぐり勝負』が流行った時期があった。
お互いに相手をくすぐりあって、先に降参させた方が勝ちという単純な遊びだ。
男子とは休み時間に何度となく勝負をした。

そんな中で1回だけ、女子と勝負をしたことがある。
勝負した女子はAさんと言って、所属していた書道部の後輩だった。
眼鏡をかけていて、控えめで地味目な印象の子。
そんな彼女が部活中、唐突に耳打ちしてきた。

「後で誰もいなくなったら、私とくすぐり勝負をしてくれませんか?」

まさかの発言に驚きつつも周辺を見渡した。
聞き耳を立ててそうな人は誰もいない。
時間帯さえ気をつければ、誰かに見られることはないだろう。
そう思い、勝負を受けることにした。

そして部活が終わってから、放課後の部室でくすぐり勝負は始まった。
しゃにむに手を伸ばし、くすぐろうとしてくるAさん。
しかしこっちは、いきなりくすぐろうとは考えていなかった。
背後を取って押さえつければ勝てると、経験で知っていたからだ。
だから最初はとにかく動き回り、Aさんの後ろに回り込もうと試みた。
Aさんはこっちの動きについてこれず、ただ翻弄されるばかり。
そんなこんなで開始10秒後には、あっさりとAさんのバックを取ることに成功。
すかさず左手でAさんの両手を後ろ手に抑え込んだ時点で勝負はついた。

腋の下は胸を触ってしまう可能性があったので、脇腹を狙うことにした。
Aさんの細いウエストに指をこちょこちょこちょと這わせる。

「あ、くすぐったいです!」

Aさんは脇腹責めにあえなく撃沈し、体を震わせて笑い始めた。
そして・・・。

「降参です!降参!」

5秒も経たないうちにAさんは笑いながらギブアップを宣言した。
しかし相手がギブアップしたからといって、くすぐりをやめることは許されない。
なぜなら、このくすぐり勝負は始めたが最後、最低1分間の継続が義務だったからだ。
当時は疑問に思わなかったが、今考えるとなかなか鬼畜なルールだ。
ともかくルールを踏まえて残り30秒、Aさんの脇腹をくすぐり続けることにした。

「もうやめてください!」

Aさんはくすぐったがりながら身を捩じらせて懇願した。
必死に暴れて逃れようとするが、所詮は女の子の力。
どんなに藻掻いても、押さえ込むのは容易かった。
触る位置や指の速さを微妙に変えながら、Aさんの脇腹をくすぐり続ける。
最後の10秒ぐらいの時に指を脇腹に埋め込んで、もみもみ攻撃を仕掛けてみた。

「それやめて!それだめ、それ弱い!」

Aさんの敬語が崩れた。
どうやらAさんは脇腹を揉まれるのが弱かったらしい。
前屈みになって突き出されたお尻を振り、脚をきゅっと内股にして苦しむAさん。
しかし挑まれた勝負に手心を加えるのは失礼だろう。
そう考え、最後まで全力でもみもみ攻撃を続けた。

「死んじゃうう!」

指を蠢かせるたびにAさんの絶叫するような笑い声が部室中に響いた。
それからすぐ時間切れになったので、即座にくすぐるのをやめてAさんから離れた。
へたり込んだAさんは息も絶え絶えで、呆然とした表情を浮かべていた。
そんなAさんに、今度もう1回勝負しようかと持ちかけてみると・・・。

「いいえ、大丈夫です!」

表情を恐怖の色に塗り替え、再戦を断るAさん。
最後に勝負の感想を聞いてみると、Aさんは俯いてぽつりとつぶやいた。

「恥ずかしかったです・・・」

どうしてAさんは俺にくすぐり勝負を挑んできたのだろうか?
未だに謎だ・・・。

タイトルとURLをコピーしました