学年一番人気の女子にスカート捲りした俺の悲劇

この体験談は約 3 分で読めます。

オレはかなり調子に乗っててアホな高校生だった。
後先考えずにノリで生きているような感じでチャラチャラしている感じ。
嫌われてもなかったが、女の子からはそういう対象に見られてないというか、周りから「バカだアイツは」なんて言われてて、それでもヘラヘラしてた。

で、これは高2のときの話。
まぁどうしょうもない話だが、学年で一番人気のメグちゃんがノーパンで学校に来てるというアホみたいな噂が立った。
冷静に考えたらあり得ないんだが、そのときはもうテンションMAX!w
男軍団はかなり盛り上がった。

あるとき、ふとフザケ仲間の1人が、「何とかして確かめられねーかなぁ」と言い出した。
そーなったらアホなオレは、「オレが確かめるから、確かめたら1人千円くれ」と、これまたアホな提案。
そして総額約2万円も集まってしまい、学年一番人気の女子にスカート捲りを行なうという一大イベントに発展したw
男軍団にメールでその情報が行き渡り、次の日の昼休みに渡り廊下で行なうということになった。

その日の渡り廊下は異様な雰囲気。
男ばっかりのギャラリーw
そしてメグちゃんが友達と登場。
オレは歩くメグちゃんの後ろにまわり、両手で膝くらいから抱き締めるように思いっきり腕を上に振り上げた。
もちろんノーパンではなかったのだがw
キャーと声を出して腕を振り払いしゃがみ込む。
メグちゃんは、振り返って俺を睨みつけて、「サイテー」と言って歩いて行った。
ちょっと涙目だった。

その後、話題になったのが、意外とメグちゃんのパンツがセクシーだったこと。
白の紐パンで前の面積が結構狭いやつ。
一説には「毛が透けてた」との話が男子軍団に流れた。
アホな男子どもはそれだけでテンション上がってた。
で、その話はもちろんメグちゃんの耳にも入り、廊下を歩く度に男子からニヤニヤした顔で見られているような気分だったらしい。
その後、オレは当然のごとくメグちゃんに嫌われ、一切顔を合わせることはなかったのだが、ある時メグちゃんの友達がオレのところに来て言った。

「メグが今日の放課後に体育倉庫に来てって。2人だけで話したいらしいよ」

まぁアホなオレは、(実は俺のことが好きだったって話かよー)ってな感じでルンルンで体育倉庫へ。

こっからは悲惨だった。
行ったらもちろんメグちゃんは居たのだが、一緒にいたのは女ヤンキーグループとメグちゃんの友達、総勢20人くらい。
手を後ろで縛られて正座をさせられ、女どもから罵声の嵐。
メグちゃんもその後ろから普段は見せないような軽蔑するような視線をオレに送る。

そしてそこからはもう最悪だった。
女ヤンキーグループに押さえつけられて下を脱がされ、下半身すっぽんぽんに。

「汚ねー!」とか「ホウケー!」とか「くせぇ」とか散々言われた。

そんで・・・。

「罰だよ、おら」

チンポを足蹴りされた。
そして、ヤンキーのゴリラみたいな女がバケツに入った水で石鹸を泡立てて、1人がゴム手袋をはめて剃刀を出してきて陰毛を剃られた。
女どもは、「お子ちゃまでちゅねー」とか言って大爆笑。
メグちゃんも笑ってた。

最後はチンポを泡立てて皮を剥かれて手コキ。
気持ち良いとかそういう問題ではなかった。
まぁそいつがゴリラみたいな女だからというわけではなく、イッてもイッてもずっと擦り続けられた。
あれは地獄だ。

オレは女みたいに、「やめてー!死ぬ!死ぬ!」とか叫んでた。

女どもは手を叩いて笑ってた。
ぐったりした俺を見て女の1人が・・・。

「最後にメグ、どうするコイツ?」

メグちゃんは俺に近づいてきて俺の股間を蹴り上げた。
オレ悶絶。
そのまま女子は笑って出て行った。

しばらくして俺は不登校になり学校を辞めた。
そのときに撮られた写真が学年全ての教室の黒板に張ってあった。
女子からは蔑んだ目で見られ、あれだけ喜んでた男子共も、「やり過ぎだろ~」と冷たくなってしまった。

あれ以来トラウマで女の子とは一度も付き合ったことがない。
そして射精すら怖くなってしまった。

タイトルとURLをコピーしました