家庭教師の後始末

この体験談は約 4 分で読めます。

大学時代は自分の勉強と、処女を奪った女たちの開発性交で忙しかった。
特に女たちを性感開発しながら犯すのは大変だった。
毎日3人以上の女と十数回の性交をし続けた。

当然アルバイトの余裕などなかったが、1つだけ例外がある。
皇室御用達の女学院初等科のお嬢様の家庭教師を引き受けたのだ。
彼女は飛び切りの美少女だった。
勉強を教えてファーストキスを奪った。
すると「先生」と呼んでいた彼女が、「お兄ちゃん」とこっそり甘えるようになった。
大学を卒業して彼女の家庭教師を辞めてからも色々な相談の手紙が届き、彼女が携帯を買ってもらうとメールでのやりとりが始まった。

その彼女が今春、高等部を卒業して大学に進学した。
その彼女から、『女の子も卒業したいから、お兄ちゃんお願い』というメールが来た。

『馬鹿なことを言うんじゃない。処女を大切にして、良い家の息子さんと結婚して、その彼にあげなさい』

『お兄ちゃんじゃなければ絶対にイヤ』

とにかくデートをすることになってしまった。
表参道か銀座を適当にウィンドウショッピングをしてから食事でもして。門限までに家に送ろうと考えていたら、いきなり渋谷でホテルに連れ込まれてしまった。
彼女を性的に満足させれば無罪放免ということで、女殺しのクンニを楽しんでもらった。
最初は淫裂の外から舐めはじめ、だんだん開いてくると手を添えて舌先で侵攻し、ついに陰核包皮の外から静かにゆっくり舌を滑らした。
彼女は陰毛が少なく愛液の多い女だった。
愛液をすすりながら時間をかけ徐々に包皮を剥いて急所を優しく舐めた。
1時間半もクンニをしたので彼女の女性器はとろけて、彼女は初めての性快楽に震えていた。
優しく丁寧に後始末をすると服を着せて、最後にディープキスをしてホテルを出て彼女の家まで送った。

クンニの味が忘れられなくなってしまった彼女は土曜日になると、「お兄ちゃん、お願い」とクンニをせがむようになった。
妻には事情を話した。

妻は、「困った人ね。女性にはとことん甘いんだから」と苦笑いした。

お嬢様の彼女には、穿き古したショーツをお願いした。
彼女は可愛い紙袋に綺麗に洗濯した、でも使用感のあるショーツを持って来てくれた。
大切なコレクションがまた増えた。
お古のショーツ集めが趣味なのだ。
結婚してからと言うものショーツをくれる女性が限られていたので困っていたところだった。
コレクションは段ボール箱4箱に一枚ずつビニール袋に入れている。
夫の変態的趣味に理解のある妻で良かった。

ところで妻の処女だが、大きな公園にピクニックしたときに野外で強奪した。
妻は痛みと同時に快感を覚えたそうだ。
でも恋人になり結婚して性交を重ねると快感だけが残って、夫にもう1度レイプされたいと思うようになってきた。
でも性快楽を覚えてしまった自分がレイプされることはもう出来ない。
そこで思い出の公園にピクニックかたがた青姦に行くことにした。
しかし・・・。
以前はうっそうとしていた公園の奥地だったが、今はすっかり木を植え替えられ、道路などもきちんと整備されて明るい場所になっていた。
土曜日の早朝だというのにマラソンランナーや犬の散歩で大勢の人がいた。
とてもではないが青姦を楽しむ場所ではなくなっていた。

「時代が変わったしまったのね」

妻は呆れたように言った。
公園内を散策して、あまり人気のない奥地にベンチを1つ見つけた。
妻を膝の受けに乗せて座り、妻のスカートで隠して怒張した陰茎を取り出した。
妻のショーツを少しずらして亀頭を膣口に押し当てた。

「あれ、濡れてるね」

「もう、恥ずかしいから言わないで」

そう言うと妻は腰を少し浮かせて陰茎を静かに飲み込んだ。
生殖器を繋ぐことは出来ても派手に動けない。
すると妻は膣を締めたり緩めたりして亀頭を刺激してくれた。
両手を繋いで昔話をした。
妻はここへ誰を連れ込んで処女を奪ったのか聞いてきたので、正直に犯した女たちの名を列挙した。
彼女の友人の名前も混ざっていたらしい。

「あの人にまで手を出してたの?」

「でもちゃんと3年お付き合いをして、骨の髄まで男の味を教えて責任は取ったよ」

そんな話をしながら射精すると妻は喜んだ。
妻は陰茎を引き抜くと生理用品で膣口を覆った。
妻は体臭が甘い。
淫臭と陰毛がほとんど無く、愛液が多い体質だ。

その日はそれだけでは2人とも興奮が収まらなかった。
帰宅し、お姫様抱っこで妻をベッドに運ぶと、全裸に剥いて前戯もせずに性交した。
ピストンと言うより陰茎を膣口に刺したり抜いたりという激しい性技で犯した。
ポルチオ性感帯を深くえぐってイカせた。
イッてもイッても容赦せず責め続けると、妻は白目を剥いて気絶してしまった。
そのまま抜かずに4発射精して、やっと落ち着いた。

意識を取り戻した妻に優しい後戯をして後始末をすると、髪の毛を愛撫しながらピロトークをした。
妻は甘えた声を出して、「お願いがあるの」と言った。
妻の甘えには弱い。

「ねえ、あなたが処女を力ずくで犯すところを見せて。例のお嬢様のバージン」

妻にリクエストされてしまった。
これにはほとほと参ってしまった。
そんな折、お嬢様からメールが入った。
妻が目ざとく見つけて読んだ。
そこには、〈ちゃんと犯して女の子を卒業させて〉とあった。
妻は喜んだが、どうしたものかと苦慮している。

タイトルとURLをコピーしました