中2だけど大学生と人妻のセフレがいます・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

僕が『あー姉ちゃん』に童貞を捧げたのは小学6年生の時でした。
父親が銀行マンで転勤が多く、ほとんど単身赴任していました。
母親は何とかって言うキリスト教系の宗教団体の世話役みたいなことをしていて、ほとんど家にいません。
帰りも真夜中です。

僕の成績が落ちてきたので、両親は家庭教師をつけてくれました。
それが大学生のあー姉ちゃんです。
有名な女子大で語学専攻してる秀才とのことで、父親の銀行の先輩の紹介らしく両親もすっかり信頼していました。
丸顔で色黒で見るからに健康そのもの、スポーツは水泳とのことで明るいハキハキしたお姉ちゃんでした。
体はボリューム満点、すごいグラマーで、その谷間だけでおチンチンは勃起してしまいました。
でも勉強中はとにかく厳しい、すぐに怒る、小学生の僕には本当に怖い先生でした。

ある日、うっかり机にエロ本を隠していて、あー姉ちゃんに見つかりました。

「へー、君、こんなん見るの?」

結構エロい内容と無修正のセックス写真が満載の本で、恥ずかしさと気まずさで真っ赤になってうなだれていました。

「君、これ見てムラムラするの?」
「やっぱり女の子とエッチしたいの?」

など露骨に聞いてきます。
もじもじしているとあー姉ちゃんはパラパラとページを捲り、女の人が立った男の人のおチンチンをしゃぶっている写真を見つめました。

「ねえ、君もこんな事して欲しいの?」

僕の横に座ったあー姉ちゃんは僕の半ズボンの上からおチンチンを触ります。
かなり興奮していて、はっきりわかるほど勃起していました。

「へーえ、こんなになっているんだ。あー姉ちゃんに見せて」

あー姉ちゃんはズボンを下ろしてパンツの上からおチンチンを触ります。
もう硬くなったおチンチンはパンツからはみ出して、横からピンク色の剥けた亀頭が丸見えです。

「ちょっと立ってみて」

あー姉ちゃんは僕を立たせて、ズボンとパンツを器用に脱がしました。
プルンと飛び出したおチンチン。
アッと言う間もなく、おチンチンはあー姉ちゃんの口に含まれました。
初めての快感でした。
数回の唇のしごきで、僕は呆気なくドクドクと射精してしまいました。
あー姉ちゃんはそれでも咥えたまま、大量の精液は全部飲んでしまいました。
気持ち良くてまたすぐに硬くなるおチンチン。
あー姉ちゃんはまたチュパチュパしてくれます。

「ねえ、しようか?君もセックスしたいよね?させてあげる」

あー姉ちゃんは立ち上がり、スカートと下着を脱いでくれました。
そして椅子に座った僕のお腹に跨がるように僕の首に手をまわし、片手で僕のおチンチンを握って、あー姉ちゃんのまんこに導きました。
柔らかくびしょびしょに濡れて温かいオマンコにすっぽり嵌まったおチンチンはネチネチしたお姉ちゃんのオマンコにしごかれ、絞られてすごく気持ちよかった。
1回射精したからか、かなり性交は出来たと思います。
お姉ちゃんも気持ちよかったようで、「アーッアーッ」と海老反りして、オマンコもキューキューときつく締まりました。
20分はしていたと思います。
やがてたまらなくなり、お姉ちゃんのオマンコの奥に何回も射精を繰り返してしまいました。

「君、よかったよ、小学生なのに上手だね」

結局その後、シャワーで裸で抱き合って1回、居間のソファで1回しました。
母親の帰る時間になり、次はあー姉ちゃんのマンションでしようと約束して別れました。

あー姉ちゃんのマンションに行く日まで、まだ3日あります。
もうオナニーしたくて、おチンチンも硬くなり、勃起するので学校でも困りました。
でもあー姉ちゃんから、「絶対にオナニーは駄目。精液はお姉ちゃんのオマンコ以外には出さないで」と命令されたので我慢しています。
セックスしたら精液の量でオナニーしたかが分かるそうです。

やっとマンションに行く日です。
マンションが近づいてきたらもう完全勃起して困りました。
ピンポンしたらすぐに出てくれました。
マンション兼事務所です。
あー姉ちゃんは短パン姿で上はTシャツ1枚、盛り上げるおっぱいが眩しいくてたまりません。

「よく来たわね」と、カルピスをくれました。

「ねえ、したいんでしょ?早く裸になりなよ。私も裸になるからさ」

おチンチンがギンギンに勃起していて、うまくパンツが脱げません。
お姉ちゃんは笑って見ています。
やっとスッポンポンになりお姉ちゃんに抱きついたら、初めてですがキスしてくれました。

「まず最初に1回しちゃう?」

お姉さんはそう言いながら僕を床に寝かせて、騎乗位でおチンチンをはめ込みました。
ヌルヌルして温かくてよく絞まるオマンコに、あっという間にドクドクとなりました。

「若いから早いね。今日は時間あるからいっぱいしようね」

初めてですがバックからの性交。
あー姉ちゃんが立って後ろからの性交。
さらにお姉ちゃんの両足を揃えて肩に掛けてお腹を突き出すと、ぴったりおチンチンがオマンコに嵌まります。
結局その日はオマンコの中に6回、お姉ちゃんの口に2回射精しました。

僕が中学生になっても関係は続きました。
僕のおチンチンは2回りは大きくなったとお姉ちゃんは言います。
セックスのテクニックも教えてもらい、いつもフルに使います。
お姉ちゃんとのデートでは、必ず3~5回は性交します。
不思議にいつも生のセックスでコンドームはつけません。
ある日聞いたら、「ピルを服用しているから心配ないよ」と言ってくれました。

ある日、いつものようにマンションに行ったら、お姉ちゃんの他にちょっと年上っぽい女の人がいました。

「ユキさんって言うの、君の話をしたら、ぜひ一緒にしたいって。いいよね?」

ユキさんは33歳だそうで、あー姉ちゃんにお仕事をくれるお得意先だそうです。
あー姉ちゃんの接待に利用されたみたいでちょっと困惑したけど、小柄なキレイな人で色も真っ白でそそります。

「坊や、裸になりな」

あー姉ちゃんもユキさんも一緒に脱ぎ始めます。
裸の僕は裸の女2人に挟まれて、あー姉ちゃんにおチンチンをしゃぶられながら、ユキさんは僕にディープキスしてくれました。

「最初はユキさんね」

ユキさんはあー姉ちゃんの唾液でベトベトの僕のおチンチンを握って自分の股に導いて、ゆっくり抱き合って倒れました。
握られたおチンチンはユキさんの濡れたオマンコにすっぽり嵌まりました。
あー姉ちゃんより締まりは良くて、入り口もキツくて気持ちよかったです。
根元まで入ったおチンチンをさらにネチネチと奥まで誘い込むような粘膜の蠢きがたまりません。
僕は呆気なくドクドクと射精してしまいました。

「ごめんなさい、あまり気持ちよかったから」

「若いから当然ね、次はあー姉ちゃんね」

待ち構えていたあー姉ちゃんは僕のおチンチンを優しく握り締め、騎乗位ではめ込みました。

「アーッ!アーッ!」と叫びながら腰を振ります。
ユキさんはいきなり僕の顔に跨がりオマンコを口に宛てがいます。
ちょっと僕の精液の味がしたけど一生懸命に舐めました。

「あー、いいわー、たまらないわ」

あー姉ちゃんのオマンコはイッたようで、キュッと締まります。
同時に僕も思い切り射精してしまいました。
あー姉ちゃんはぐったり僕に重なります。
でも僕のおチンチンはまたユキさんのものです。
結局、その日は2人に合計8回射精してしまいました。

ある日、僕の携帯にユキさんからメールが入りました。
あー姉ちゃんから、絶対に別々のデートは駄目と言われていたけど、僕の欲しいゲームソフトをプレゼントしてくれるらしいのでOKしました。
デートは新宿の◯◯前です。
一緒にランチを食べ、そのままホテル街へ。
ちょっと変わったお城風のホテルに入りました。
入り口に空き部屋が点灯していて、豪華な部屋のランプを押すと下からキーが落ちます。
部屋に行くまでユキさんと指を絡めて、それだけで激しく勃起してしまい、ユキさんは触って嬉しそうでした。

「もう大きくしてるのね」

部屋に入ると待ち兼ねたように抱き合ってキスします。
ユキさんはもうズボンのバンドを外し、僕も足で脱ぎ捨てました。
テント張ったパンツでユキさんの服を脱がし、ブラも取りました。

「一緒にお風呂に入ろう」

お風呂の前でお互いの下着を脱がし合いました。
ぴーんとカチカチのおチンチンがユキさんの顔に当たりました。
笑いながらおチンチンを握り締めてくれて、そのままお風呂に入りました。
向かい合って石鹸で洗い合って、熱いシャワーをしたらもう我慢できなくて、ユキさんの両手を湯船の縁につかせて後ろからおチンチンをはめ込みました。

「あー、いいわー、坊や最高!」

グイグイと激しくピストン運動します。
そのまま射精しました。
お風呂に浸かってからまた性交、部屋のダブルベッドで思い切り性交に励みました。
外に出たらもう真っ暗でした。
その日はユキさんと9回もしました。

翌日、あー姉ちゃんから電話があって、ユキさんとのセックスがバレたのが分かりました。
すごく怒ってて「絶交」と言われました。
2度とユキさんとも会わせないそうです。
でも元々はあー姉ちゃんからの紹介だし、あー姉ちゃんの得意先だからすぐに元通りになると思います。

数日してあー姉ちゃんから、『またしようね』と誘いのメールがありました。
女って勝手ですね。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました