胸もお腹もFカップの19歳にがっつり中出し

この体験談は約 2 分で読めます。

出会い系で、かなりの人数とヤッてる僕です。
デブでもブスでもヤレるので人数だけは多いです。
可愛い子しか・・・美人しか・・・。
僕に言わせれば、そんな風に思ってる男は勿体無い。
ブスだからできること、デブだからできることってあるんですよ。

1週間ほど前にも久しぶりに中出しをしてきました。
『これからサポで逢える人』的な書き込みがあったので、早速アポ取りをしました。
さくさくと話が進んで、夕方に逢うことになりました。

自称『Fカップのナイスバディ、19歳』です。

やっぱり自称は当てになりません・・・。
顔はまあまあだったんですが、全身Fカップでした(笑)
まあ目的は生中出しなんで、見た目は特に気にしてません。
溜まってたので速攻ホテルへGO!

ちょっと高めの自動精算のあるオートロックのホテルへ入りました。
んで、ホテルへ入るなり、お風呂へも入らずいきなり襲いかかりました。

「いや!やめて~!」とか叫んでましたが、「お金、払わないよ?」と言うと急に大人しくなりました。

それから服を脱がせ、自称Fカップ(笑)を揉んでやると、さっきの台詞はどこへやら。
あっという間に大洪水です。
すかさずあそこに指を入れてやると、軽くイッちゃったみたいでした。

「久しぶりなの。だから優しくしてね」

なんて言ってましたが、こっちはそんなことはお構いなし。
イッた余韻でボーっとしてるのをいいことに、速攻で愚息をぶち込みました。

(うわ・・・締りがいい!)

全身Fカップだけに油断していましたが、あそこの具合は最高でした。
で、本当に久しぶりだったらしく・・・。

「おっきい!!」
「すごい」
「もっと奥まで突いて~」

なんてエロ語を連発。
こっちもノリノリで10分くらいガンガン突いていると、「イッちゃう~」とイッちゃった模様。
その言葉に自分も限界になり・・・。

「そろそろイクよ。どこに出す?」

「中に出して」

(ニヤリッ)

「わかった。中に出すね。イクよ~!」

さらにスピードアップ。
がっちり両手で腰を押さえて、「イクぞ~!出すぞ~」とラストスパート。

「ぁん!イク!」

「うっ」

「あああぁぁぁ!!」

溜まった濃いのを彼女の奥深くにぶちまけました。
まぁ出るわ出るわ、これでもかってほど。
彼女、僕が中出した瞬間にイッちゃったみたいで、しばらくボーっとしてました。
そうしたらあそこから精液がたら~っと・・・。
それを見て、またまた元気になってしまい2回戦突入(笑)
それから3時間の間に4回、中出しさせてもらいました。