高校球児だったけどカキタレ女子とやりまくった

この体験談は約 4 分で読めます。

高校生の時、俺は野球部だった。
甲子園を目指して練習に明け暮れていた。
野球は好きだが練習ばかりで俺はストレスが溜まっていた。
俺は短気で喧嘩っ早い方で、気に入らないヤツがいれば殴ったりしていた。
そんな俺だけど、野球部だとそうはいかなかったから、余計にストレスも溜まるし性欲も溜まる。

そんな俺にも彼女が出来て、初めてセックスしたのが16歳の夏だった。
彼女と会えばバカみたいにセックスばかりしていた。
とにかくストレス解消にはうってつけだった。
だけどそんな彼女とはすぐに別れてしまった。
しかし、やりたい俺は別れても彼女を呼び出してはセックスをしていた。
ほとんど脅しだ。

彼女は由美子。
背が高くて痩せててスタイルがいい美人だった。
夜中でも無理やりに呼び出して、公園でフェラ。
親がいないときは家に泊めて朝までセックスした。
どんなに泣いても許さない。
俺はやりたくなったら我慢出来ないから。
俺がキレたら恐いのを知っていたから、由美子はどんな時でもヤリに来た。
16歳で精液を飲ませたりもした。
セックスも上手くなり、よく感じる体になり、イクことも覚えた。

俺は由美子とヤリながらも、別の女とヤりたくなった。
俺は佑子って女の身体に興味を持った。
佑子は大人しい性格で顔はまあまあ。
痩せていて、ケツが後ろに突き出てる感じ。

(あの女の裸を見たい、ヤリたい)

それだけで無理やり家に連れ込んでやった。
もちろん佑子は泣いたが俺は許さない。
何度も呼び出してやってるうち、由美子と同じように佑子もセックスが好きになって、3ヶ月もすれば進んでやりに来るようになった。
佑子は細い身体にプリプリのケツだったから楽しめた。
マンコの味も良かったから、クンニもかなりした。
佑子もフェラが上手かったから、よく69で抜いてもらった。
佑子は何でも言うこと聞く女だったから、後輩に大人のオモチャを買って来させて、オモチャでも楽しんだ。

佑子はバックでやるのが最高だった。
細い腰を掴んでケツをメチャクチャに突くといい音がした。
だんだん佑子もエッチな女に変わっていったから、騎乗位で自分から腰を振るようにもなって、かなり楽しめる女に教育したつもり。
だけど俺も飽きっぽい性格なんで、佑子に飽きて相手をしなくなったら、他の野球部員とヤりまくるようになった。

2年になっても由美子は呼び出してやってた。
由美子はかなり美人だったからね。
それでもまた俺はやりたい女を見つけた。
早織という物静かな真面目な女。
痩せてたけどオッパイは大きめ。
ジャージ姿を見たときに、モリマンで割れて食い込んでたのがきっかけ。

無理やり呼んでもダメだったから、ちょっと脅して家に連れて来た。
意外と気が強くて俺の言うこと聞かない。
でも平手打ちしたら大人しくしなったから、そのままやったよ。

早織のオッパイはCカップくらいあって揉み答えがあった。
乳首も大きくて俺は早織の乳首を舐めるのが好きだった。
マンコはバックリと割れてて毛が立派だったね。

今さらだけど、佑子も早織も処女だった。
早織も何度も強引に呼んでやってるうちに変わっていった。
すぐに「あんあん」言うようになったから。
早織は3人の中でもセックスが好きになるのが早かった。
夜中でも自分からやりに来る。
夜、学校の校庭でやったりもした。
フェラも大好きだったし、もちろんクンニも好き。

でも俺とやるようになって早織は茶髪とかにしはじめて、前の真面目な感じじゃなくなった。
まあ俺のせいだろうな。
勉強もしないでセックスばかりしてたから。
早織のマンコはビラビラで最高だった。

由美子には佑子のことも早織のこともバレてたけど、由美子は呼べば来た。
何でかって?
それは俺が恐いから。
女でも関係なく平手を喰らわすからね。
佑子は何でも言うこと聞くから一度も殴らなかったけど。

早織にも飽きちゃって会わなくなると、いつの間にか先輩と付き合うようになって、先輩らのオモチャにされてるって話を部の先輩に聞いた。

で3年になって、また新しい女欲しくなった。
前から気になってた、純子って女。
でも、手を出したら同級生の面倒なヤツと揉めたからやめた。
そいつ喧嘩が強くて、まあやってもいいんだけど、野球部にバレるとまずいから我慢した。
でも純子は学年のアイドル的存在だったから一度はやりたかった。
付き合ってた男がそいつだったのが悪かった。

結局、甲子園には行けなくなって野球部は終わった。
甲子園に行けなかったのは残念だけど、酒もタバコも、なんでもやりたいことが出来るようになった。
で、ヤリマンって噂のあった瑛子に声をかけて、家で野球部の仲間を呼んで飲み会をやった。
瑛子は美人だけど、飲んでると本性を現してきた。
野球拳に乗ってきて、野球部のヤツに負けてフェラさせられてた。
瑛子は負け続けて、最後はパンツも脱がされて、マンコがぐちょぐちょに濡れてた。
瑛子はオッパイもケツも小さかった。

最後はみんなでセックスして、高校生で4Pもやった。
瑛子はヤリマンだけにセックスも上手かった。
家に泊めて朝までヤりまくり。
マンコはガバガバだったけど興奮した。
俺がバック、仲間がフェラとか。
瑛子も「あんあん!」気持ちよさそうに喘いでて最高だった。
瑛子はこの時だけ。

でもまた複数でやりたくなって、佑子を呼んだ。
佑子も飲み会の流れで野球拳をやって、瑛子と同じく朝まで4P。
佑子は俺とヤってから相当遊んでたらしく、どんなプレイも平気でこなしてた。
相変わらず佑子のケツは良くて、他の仲間にも好評だった。
結局、大人しかった佑子もヤリマンになってた。

由美子は3年間ずっと、俺の性処理係をさせた。
いつでも由美子は呼べば来た。
3年の間に由美子はオッパイも大きくなったし、俺好みのセックスもきっちり仕込んだ。
俺的にも、やっぱり由美子が一番良かったんだけど、卒業したら俺の前から消えていなくなった。
ひどい扱いをしたから当然だけど。
で、二度と会えてない。

タイトルとURLをコピーしました