ヤリチン兄貴のおかげでヤリマン女に目を付けられた

この体験談は約 4 分で読めます。

中3の頃、ヤリチンの兄貴のお陰で、俺も童貞なのに経験者だと噂されていた。
6歳上の兄貴は、酔うと付き合っている彼女との行為を生々しく語る困ったやつだったから、彼女さんをまともに見れなかった。
ただ、兄貴に生々しく語られたから耳年増になり、同級生よりも知識はあるし、それを仲間内でエロネタとして喋るからそう思われたんだろう。

『俺=ヤリチン&テクあり』

そんな噂が流れ、別のクラスの家庭に問題があって荒れてるヤリマンの子にチェックされた。
ファーストコンタクトは、「ね、ゴム、今ある?」だった。
童貞の俺がんなもん持ってないし、そもそも付け方も知らん。
だから「今はない」と答えたら、「へぇ・・・避妊しないんだ」と勘違いしていた。

兄貴に、「ヤリマンに『ゴムある?』って言われたわ」と話したら、「おめぇもそろそろ持ってろ」と箱ごとくれた。

「使い道ないよ!」と言ったら、「そのヤリマンを食えばいいだろ?」と。

一応、3つだけもらった。

ヤリマンとのセカンドコンタクトもやはり、「ゴムある?」だった。
パスケースからゴムを出して全部渡したら、「いいヤツ使ってるね、サンキュ」みたいなことを言ってやがった。

(ゴムにも良い悪いがあるのか・・・)と学んだ。

兄貴が「ゴムは使ったか?」とうるさいから、「あげた」と言うと、「おめぇが使わなきゃ意味ねぇだろー」と、またくれた。

そんなある日、ついにヤリマンから、「上手いって聞いたし、俺君ならいいかも?」と誘われた。

「童貞だから」とは言えず、曖昧に返答していたら体育館の裏に連れて行かれた。
おっぱいとか見せられたり、パンツを見せられたりしていたら止まらなくなって、兄貴から聞いていた指使いを思い出して愛撫した。
学校だから周りを気にしながらの指マン。
さすがに学校で最後までするわけにはいかず、とりあえず中断したら、ヤリマンはズボンの上から撫であげてきて、夜に会う約束をしてきた。
撫でられた時に暴発したのは、なんとかバレずにすんだ。

夜、外に出掛けるときに兄貴に見つかり、様子がおかしいって問い詰められた。
仕方なしに「ヤリマンとやる」とゲロったら、ニヤニヤしながら「ホテル代だ」と言って諭吉をくれた。

「行くなら駅裏のホテルな、セルフだからw」というアドバイス付き。

駅で待ち合わせてマックして、キョロキョロしながら兄貴に言われたホテルに行った。
部屋に入ったらヤリマンから言われた。

「違ってたらゴメン。噂みたいなヤリチンじゃないでしょ?」

なので、童貞だってカミングアウトした。

「あたしは・・・噂通りだけど、童貞とはしたことないからゴメン」

確かな意味がわからないけど、何となく、(「初めてがヤリマンでゴメン」ってことかな?)と思った。

シャワーは別々に浴び、シャワーから出ると、ヤリマンが裸でベッドに腰掛けて手招きしてた。
正直、可愛いと思った。
ヤリマンのリードで仰向けに寝て、胸を触り、あそこや背中など触った。

正常位で入れる時、まんこのヌルヌルに感動した。
入れても腰を振ると抜けるからって焦ったら、「腰を動かすっていうより身体を揺らす感じで」と指導された。
だから深く腰を入れて、ちんこを奥に擦る感じで動いた。
ヤリマンの頭を抱える感じに抱き締めて、余裕が出た感じになったら少しずつピストンをしてみた。
ヤリマンも感じていて、「そこいい」とか「浅く動いて」とか口に出していた。

しばらく浅く突いて、深く突いたら、なんかカリにハマる感じがした。
急にヤリマンが、「くあぁ!!」と喘ぎ、腰をグイグイ擦りつけてきた。
今ならわかるけど、子宮口にハマったのが良かったんだろう。
自分もグリグリ擦り付けたら、ヤリマンの膣がギュッと締まり、だらっと弛緩した。
どうしたらいいかわからずに髪を撫でてたら・・・。

「今ね、イッたの、わかった?」

そうヤリマンが言った。

再び奥に擦る感じで動いて、「そのままで」の一声に、俺も射精まで一番感じるカリを擦るように浅く突いて、射精し始めたら奥に深く入れた。
しばらくそのままで抱き締めてた。
でもちんこはデカいまま。
ヤリマンが、「小さくならないねw」と笑いながら言って、そのまま“抜か2”に挑んだ。

それから高校時代の2年間、セフレ関係が続いたけど、ヤリマンの転校(援がバレて)で終わった。
未だにヤリマンからもらったキーホルダーや他愛のない手紙が家にある(隠してあるw)。
初体験の相手だから特別な気持ちがあるし、嫁さんを抱きながらも、ヤリマンを頭に浮かべながらする時もある。
嫁さんとの行為のパターンもヤリマン相手に試したことばかり。
ヤリマンが、正常位しながら髪を撫られるのが好きだったから、今も嫁さん相手にもする。

以上、失礼しました。

タイトルとURLをコピーしました