私が好きだった先生はただのクズ人間だった

この体験談は約 6 分で読めます。

初めて生理が来たのは小学3年生の時だった。
人より成長が早くて、小3の頃には胸も膨らみはじめてきてた。

初めてパンツに血が付いてた日、私にはお母さんがいなかったので高校生の姉に相談した。
姉はナプキンの付け方、使い終わったナプキンの包み方を教えてくれた。
そして、その日はオムライスを作ってくれた。

それから半年くらいは順調に生理が来てたんだけど、ある朝、起きたら布団が血の海になってた。
その日から本格的に生理が始まったみたいで、血の量もどんどん多くなっていった。
自分の血の量とナプキンの選び方が分からなくて、スカートに血を染み込ませたまま学校で過ごす日が増えてきた。
小3だったから男子も普通にからかってくるし、女子からも、「あの子、もう生理が来たんだって~。エッチ~」とか言われてた。

ある日、図工の先生に呼び止められた。
図工の先生は女子には優しいと噂の気持ち悪いオッサンだった。
先生は私のスカートに血が付いてるよと教えてくれた。
そして、「正しいナプキンの付け方を教えてあげるからついておいで」と言われた。
先生は多目的室に連れて行ってくれた。

「どんな風にナプキンを使ってるのか見たいから、パンツ脱げる?」

ほいほいとパンツ脱いだ。
パンツを脱いだら机の上に座らされて、足を広げるように言われた。
「エッチなことを何も知らなかった」と言えば嘘になるけど、大人の人は大人の人としかエッチしないと思ってたから、まさか自分がエッチなことされてるって分からなかった。
でも、すごく恥ずかしかった。

生理中なのにクリトリスを指で弄られ、舐められた。
先生が舐めながら自分のをシゴいてたのを覚えてる。
先生は私の足を閉じさせて足を上にあげて、まんこ辺りに精子をかけた。

「今日のことは誰にも言ってはダメだ。言ってしまうと先生は殺されてしまうんだ」

そう先生に言われ、私は誰にも言えなかった。
その後も先生に呼び出されて触られたりすることが度々あった。
その頃から私はお父さんのAVを興味で観るようになっていて、エッチのことを色々と知るようになってきた。
先生と私がするエッチなこととは違うことに気がついた。
それは“挿入をしていない”ことだ。

私の家は、お父さんは彼女の家にほとんど住んでて帰って来ないし、お姉ちゃんは彼氏と同棲してるしで、夜中でも誰もいないことが普通だった。
先生にその話をしたら、「うちでご飯を食べるといいよ」って言ってくれた。
先生の家には奥さんと小さな息子さんがいた。
奥さんの手料理を食べさせてもらって、奥さんが夜勤だからと支度をしている最中に、和室で先生といつもと違うエッチなことをした。
最初はいつもみたいに先生が私のを舐めて自分でシゴくというものだった。
けど私は、日に日に募っていた疑問を先生にぶちまけてしまった。

「先生はここにおちんちんを入れたくないんですか?」

先生はすごく戸惑ってるように見えた。

「すごく痛いんだよ?」とか「入れていいの?」とか言われた。

その時の私はAVで女優さんが気持ち良さそうにしてるから興味もあったし、処女っていうのがどれほど大切なものかも知らなかった。
同級生より上をいってると思ってたし、(大人とエッチなことをしてる私ってカッコイイ)みたいな感覚だった。
だから、「気持ちいいなら入れてください」とお願いした。

処女喪失は小5。
すっごく痛かった。
体中からメリメリって音がするような感じがして、全然気持ち良くなかった。
でも先生は、「こんな気持ちいいの初めてだよ」って言ってた。
先生とエッチなことし始めた小3の時はBカップだったおっぱいも、小5ではDカップに成長していた。
おっぱいを揉みながら必死で腰を振ってる先生が愛しく思えた。
先生はしばらく腰を振って、イッた。
中出しだった。

終わってからもおっぱい揉みしだかれて、「もう1回していい?」と聞かれて、結局その晩は5回した。
2回目の時に奥さんが部屋の外から、「それじゃあ行ってくるねー。ちゃんと送ってあげるんだよー」と言ってきて、かなり焦ったのを覚えてる。
夜中の3時くらいに送ってもらって、家に帰ってもまだムラムラしてたから、まんこが痛いにも関わらずお父さんのAVを観てオナニーしまくった。
先生とのそういう関係は中3まで続いた。

ここから先は話の流れとか関係なしに、印象的だったセックスを淡々と書いていきます。

<小6の修学旅行>
生理じゃなかったけど、みんなとお風呂入るのが嫌で、生理と嘘をついて女教師の部屋のお風呂を借りた。
そのあと部屋に戻る途中に先生とバッタリ会ったので、トイレでセックスをした。
同級生がトイレの外にいる時にいっぱい突かれて、おっぱいを揉まれて、ちょっと声が出たのはいい思い出。

<小学校卒業式>
小学校の卒業式の日、初めてラブホに連れてってもらった。

「ここでは何も我慢しなくていいよ」って言われて、いつも以上に喘いだ。

先生は私の細い腰と、ツルツルで締まりの良いまんこと、小6の割には大きなおっぱいがお気に入りだったみたいで、イク時は必ずその部分に関することを言ってイッてた。
部屋に入るといきなりキスされて舌を入れられた。

「大人のキスだよ。小学校も卒業したし、もう大人にならないとね」って言われた。

舌と舌を絡ませながらおっぱいを揉まれて、お腹にちんこを擦りつけられて、そのままパンツをずらされて服を着たままエッチした。
その頃の私は、先生が挿入する前にちんこをまんこに擦る付ける動作がすごく好きだった。

<中学校時代>
制服が可愛いと評判だった中学に入学してからは、もっぱら制服エッチだった。
で、中3の春。
クラスの男の子に告白された。
前からその子と話してると普通の中学生になれたような気がしてたから、正直嬉しかった。
その子と付き合いたかった。
付き合って普通に恋愛して、放課後に遊んだり一緒に勉強したりってことがしてみたかった。

でも問題は先生との関係だ。
彼氏がいるのに他の人とエッチするのはダメなことだって分かってた。
だから先生と会うのはもうやめようと思った。
告白してきてくれた子(K)には全部内緒にして、(これからは普通に戻るんだ!)って決意した。
それからはアドレスも変えて先生の番号を拒否して会わないようにしてた。

でも・・・生理が来ない。
まだKとはセックスしてない。
もしも妊娠してたら先生とのことバレちゃう。
どうしよう?Kとセックスしなきゃ!って思った。

放課後、私の家で勉強してる時、イチャイチャする雰囲気になってベタベタしてたら長いキスになった。
そういうキスになったら、次はおっぱいを揉まれてエッチするもんだと思ってたから、今か今かと待ちわびてたけど、おっぱいに手が伸びることはなかった。

「なんで?」と聞くと・・・。

「◯◯さんのこと、すごく大事だから今は触れない。触ったら勉強も何も手につかなくなっちゃいそうだから。2人とも高校に合格したらでもいいかな?」

Kが真っ赤な顔をして言ってくれた。
私はその真っ赤な顔を見て、自分がすごく汚い人間に思えて泣いてしまった。
泣いてるのに気づいたKはあたふたしてて、私は本当に自分が惨めで情けなくて、全部を抱え込みきれなくなって全部吐き出してしまった。
小3の頃からの全部。
生理が来ないことも全部。
Kは泣きながら、「先生呼べよぉ!」と言った。
どうしていいか分からず、私は先生に電話して家に来てもらうことにした。

先生を待ってる間、Kはポツポツと私の良いところを言ってくれた。
体育が苦手なのに一生懸命頑張ってるところが好き。
照れた顔が好き。
怒っててもちょっと嬉しそうな顔するところが好き。
・・・砂になって消えたいと思った。

家のチャイムが鳴った。
Kが走って出た。
怒ったKと後ろにいる私を見て察したのか、先生はすごいスピードで土下座して、すごい勢いで、「すみませんでした!!!」と言った。
とりあえず家の中に入ってもらって話した。
私が今までのことを抱えきれなくなってしまったこと、Kを本気で好きでいること、生理が来ないこと。
先生は泣いていた。

「いつかこんな日が来ると思っていた」と。

先生は奥さんに浮気されて、息子も何もかも愛せなくなったと話していた。
そして提案してきた。

「お金は渡すから、Kくんとセックスして妊娠してしまったことにして欲しい」と。

Kは先生に掴みかかって、「自分でやったことでしょう!?」とか言ってた気がする。
けど私は今まで子供ができるようなセックスしてた人がこんなクズだとは思わなくて、もうこんな奴とは会いたくないと思ったから、「もういいです。誰ともセックスしてないって言います」って言って先生を追い出してしまった。

うなだれてるKになんて言葉をかけていいか分からなくて、その場で姉に電話した。

「生理が来ない」と言うと、姉は「落ち着いてね。よくあることだけど心配なら病院行ってみようか」と言ってくれた。

病院に行くと妊娠はしてなかった。
ただの生理不順だった。
先生と修羅場った時からKとはずっと話してなかった。

卒業式の日の朝、学校に行くと下駄箱にちっちゃい紙が入ってて、『たぶんこれからもずっと好きです』って書いてあった。
でも、卒業してからはKとは会ってないし、もちろん先生ともあれ以来会っていません。

タイトルとURLをコピーしました