由紀子です。 その1

この体験談は約 3 分で読めます。

由紀子です。

主人が飲み会から帰ったのは・・・たぶん12時過ぎ・・・。
私は11時くらいにはベッドに入ってました。

そしたら主人が帰ってきて・・・。

「由紀、寝てる?」
「・・・(うとうと)」
「・・・」

そう言いながら、ベッドに入ってきて私の体を触りだしたんです。
私は主人が触りだしてるのが解っていたのですが、知らない振りしてそのまま寝ていたんです。

主人は胸を触ったり・・・そのうちめくり上げて胸を吸ったりしてきたんです。

「もぉー、あなた酔ってるんだから、今日は嫌よぉー」って言ったけど全然止めてくれないんです。

「今日は、大人しく寝てね。もう遅いし」
「二次会も行かずに帰って来たのに・・・僕は大丈夫・・・由紀も、濡れてるぞ」とか言いながらあそこを触りだしたんです。
「ほんとに眠いから・・・だってあなた酔ってるでしょ?」
「今日は自分でした?」
「ん?・・・してない」
「いや、してる・・・絶対してる」
「してない」
「ほんと?ほんとにしてない?」
「うん」
「したくない?」
「今日はあなたが・・・、だから寝ましょ?ね?」
「じゃ、由紀は寝て。僕だけ由紀を触りながら寝るから」
「そんなんじゃ、私も寝れないでしょ?!」
「じゃ、寝なくていいから」

なんか変な会話をしながら、主人が胸を吸ってきたり揉んだりするんです。
そのうち下着も脱がされてあそこを舐めだしたんです。

「あなた、ほんとにやめてよ。気持ちよくなってきたけど・・・明日も早いんでしょ?だから止めよ」
「大丈夫」

そう言いながら口であそこを、両手で胸をずっと刺激してくれるんです。
私はすごく気持ちよくなって眠気も飛んじゃって(微笑)
主人にされるがままになっていました。

「ほんとに一人でしなかった?」
「・・・寝る前にちょっとだけ」
「やっぱり・・・じゃ、胸は自分で触って、僕は由紀の◯◯◯◯を・・・」

私は自分で胸や乳首を触って、主人はあそこを刺激してくれていました。
そうしているうちに私がイッちゃって、主人は満足してくれたみたいでした。

翌朝5:00くらいに隣でゴソゴソしていると思っていたら、部屋の暖房をつけてまた私の胸やあそこを触ってるんです。

「昨日はお酒で熟睡できたから、目がスッキリ!由紀、しよう!」って言ってきたんです。
「えっ?今から・・・今日も仕事でしょ?嫌よぉ」
「男は朝も元気なの。見て見て」

なんか子供みたい・・・。
触ってみると・・・確かに固くなってる。

「入れるよ!」
「えっ?!」

私は濡れていたので痛くはなかったですが、あまり急に挿入されたからビックリ・・・。

主人は私の上になって、そのまま動いてくれました。
私は寝起きの顔を見られたくなかったから、ずっと横を向いてされるがままになっていたんです。

「由紀、こっち向いて顔みせて」
「いや・・・」
「ん?」
「寝起きだし・・・見られたくない」
「そんなの関係ないって・・・由紀のそういう顔もみてしたい」
「いやだ」

主人は動きながら私の顔を両手で挟んで正面を向かせました。

「やめて・・・顔も洗ってないし、歯も磨いてないから・・・ほんとに嫌」
「キスは?」
「いやだ」
「・・・でもしたい」

そう言って、主人はキスをしてきたんです。
私はほんとに嫌だったけど、主人がしたいって言うから・・・私もそれに応えました。

そんなことをしている間に、部屋も暖かくなってきてベッドの中でしていると暑くなってきて・・・いつのまにかベッドの上でセックスしていました。
最初は凄く恥ずかしいのですが、気持ちよくなってくると裸を見られてるのに・・・。
やっぱり変なのかなぁ??

「由紀、後ろ向いて・・・後ろからされるの好きだからな」
「・・・」

私は朝からしてもらってる事にちょっと戸惑ったのですが・・・。
でも嬉しかった・・・それに気持ちよかった・・・。

後背位になってからも主人は、胸やあそことか凄く感じる所も触ってきたので直ぐにイッちゃったんです。
私はいつものように声が出ないように枕に口をあててされるがままになっていました。
夜するときよりも主人が元気だったので、二度三度とイッちゃったんです。
最後は抱き合うようにしたから動いてもらって終わったんです。

そのあとしばらくベッドの上でぐったりして居たのですが6:00を過ぎた頃朝ご飯の支度をしに起きたんです。
朝から愛し合うのも結構良いものなんだ・・・と心の中で思っていた由紀子でした。
もちろん主人と子供が出掛けた後で、シャワーを浴びてちゃんと洗っておきました(笑)

と、言う事で・・・また!