ママ友たちと海に行ったらワゴン車に引きずり込まれて

この体験談は約 3 分で読めます。

仲良しのママ友と、ある計画を立てたんです。
子供を旦那に預けてママさん達だけで海に遊びに行こう!
そういう企画でした。

いつも育児を一生懸命している自分へのご褒美!
って感じで旦那に子供を預け、仲良しのママ友3人で自宅から電車で1時間ほどの海に1泊2日で遊びに行ったんです。

久しぶりに育児から開放され、文字通り解放された私たちは思いっきり海で遊びました!
ついついはしゃぎ過ぎて疲れてしまい、私だけ先にホテルへ戻ることにしたんです。
ホテルは海のすぐ近くで、宿泊客用のシャワーもついていたので、水着のまま1人で歩いてホテルへ向かいました。

すると、道路を渡ろうとした時、近くに停まっていたワゴン車のドアが開いて、いきなり車の中に引きずり込まれて拉致されたんです。
訳が分からずパニックになっていると、車は走り出しました。
引きずり込んだ男が私を抱え込んで拘束し、体をいやらしく触ってきました。

車が人気のない道で停まると、運転していた男もニヤニヤしながら後ろへ来ました。
やっと私は自分が置かれている状況を理解しました。
ワゴン車は後ろの座席をフラットな状態にしてあって、男2人が私をレイプするには十分の広さでした。

もちろん必死で抵抗しました。
しかし鬼畜な男2人の力に敵うはずもなく、水着もビキニだったので、ちょっとずらされただけで胸がこぼれてしまいました。
それを見た男達は片胸ずつしゃぶりついてきました。
もちろんそれだけでは許してくれず、下にも手は伸びていき、敏感な部分を2人で探ってきました。
体験談で読むような快感なんてなくて、レイプされるという恐怖だけ。
でも、女の性なのか、ヴァギナが濡れてきたのが男たちの会話でわかりました・・・。

私に卑猥な言葉をかけてくるのですが、必死で聞こえないふりをして無視していると、1人が私に跨がりシックスナインでヴァギナを舐めてきました。
一番感じるクリトリスを舐められたら体がビクッてなってしまい、さらに調子に乗った男にちんちんを咥えさせられました。
クリトリスを舐めながら、1人が手を伸ばして胸を揉んできます。
クリトリスと乳首へのダブルの攻撃で、ちゃんとフェラをできずにいると、跨がっていた男が座り直してフェラを強要してきました。
舐められるよりはましと思い、うずくまって奉仕していたのも束の間。
1人が私のお尻を突き出させ、いきなり挿入して陵辱していたんです。
こんなに突然来るとは思わなかったので、「ああ~」と呻くと、「淫乱奥さんだなー」と嬉しそうに罵られました。
悔しいけど、体は凶悪な男根に感じ始めていました。
経験したことのない種類の快感でフェラチオもすることができず、反り立ったモノを目の前に、男の腰にしがみついたまま私は膣イキしてしまいました。

1人が果てても、すぐに次が挿入され、輪姦される私。
何度もイカされた後、やっと2人が果てて、これで解放されると思って窓の外を見て、ぎくりとしました。
私の反応に男2人も窓を見ました。
なんと車の外から、別の男が覗き見をしてたんです。
見られていたことに興奮したのか、凶悪な男たちの男根はまたギンギンになって・・・。
顔を窓に向けた状態で犯されたり、あそこがよく見える体勢で犯されたり、さんざん屈辱的なことをされてしまいました。

「もうやめて」

口ではそう言うものの体は反応してしまうので、相手を煽るだけになってしまって後半はほとんどされるがままでした。
外から見たら、私から求めているようにも見えたかもしれません。
そんなことを思うと羞恥心で死にそうでした。

結局、何時間もレイプされ続け、終わった時にはヴァギナがヒリヒリしていました。
育児を旦那に押し付けてママ友と遊びに行った罰かもしれません。