私の性癖を構築した高校時代の儀式・第1話

この体験談は約 11 分で読めます。

この前、温泉に行って、4人のおじさんたちと変態っぽいことをしちゃいました。
そのお話をする前に、私がエッチな女の子になっちゃったきっかけから告白したいと思います。

それは高校2年生のときに始まり、ほとんど毎週のように行われて約1年間続きました。
当時の私にとってそれは儀式のようなものだったかもしれません。
事の始まりは私の仲の良かったクラスメイトのサクからの一言でした。

「まゆみぃ~、最近男子の間でさぁ・・・なんかいやらしい写真が売り買いされてるって噂が立ってるんだけど聞いた?」

私は正直初耳だったので、「何それ?・・・芸能人のウラ写真かなんか?」と聞き返しました。

「それが・・・そうじゃなくって、なんかこの学校の女子の誰からしいんだよね・・・」

サクはそう答えました。
学校でのそういう事件っぽい話って自然と興味が湧いてくるんで・・・。

「サク、その写真、私たちも見てみたいよねぇ。何とか見らんない?」

しばらく経ってサクが、「写真手に入れたよぉー」と言って私のところへとやって来ました。
それはたった1枚の写真だったんですが、なんでもサクの彼がその友達から貸してもらったとのこと。
で、放課後の教室で2人してそれを見てみることにしました。

「どれどれ・・・?」

私はそれを見て愕然としました。
その写真の人物は誰も何も・・・私自身だったのです。
白黒写真のそれは、夜らしい時刻に・・・私が裸でベランダに立ち、手すりを握って、やや俯いて下の方を見ているものでした。
前髪が下がって顔が目元まで隠れていますが暗闇の割に身体部分ははっきりと写っていて、私の薄目のヘアーも手すりの柵の間から形が分かるほどでした。

「これじゃ、誰かはわかんないねぇ・・・」

サクはそう言いましたが、私にははっきりと分かりました。
なにしろベランダに置いてある観葉植物や裸の女性の背景の部屋は、ぼんやりとしてるものの間違いなく私の部屋だったからです。
私は内心ものすごく動揺したものの、それをサクには悟られないように平然を装ってみせました。

「な~んだ、いやらしい写真って、ただの盗撮写真じゃない。これって・・・」

私は中学2年のときの美術の時間以来目覚めて、露出願望をこの体に宿しましたが、“人前に出て露出する”ということは実際にはあまりしませんでした。
それは『見られたい』と思っていても自分から『見せる』のには抵抗があったからなんです。
仮に自分から『見せる』んであってもその必然性がないと、単に破廉恥になってしまいそうな気がして・・・。

ただ・・・偶然を装うのはありなんですけどね。
でもそうは言ってもなかなか機会を待っていて露出するってことは・・・ないんですよねー。
そうするとだんだん、『見せたい・見られたい』」欲望が溜まってきて・・・どこかで発散したくなるんですよ。
そんなときは森に入って裸になっちゃったりするんですけど、森に行くこともできない夜とかは・・・。
私、何にも身に着けない裸のままの格好で、当時2階の私の部屋からベランダに出ちゃうんです。
って言うのも、私の実家の隣には鉄工関係の工場があって・・・ちょうど私のいる部屋がそっち側に面してたんですね。
工場の建物との間にも廃材置き場とかがあって結構距離があったんで、私の部屋からは広い空間が開けてたんですよ。
しかも夜ともなれば工場には誰もいなかったので・・・夏とかには窓を全開にしてたって誰にも部屋の中を覗かれる心配はなかったんです。
唯一気にかけていたのは、ウチと工場の間を繋ぐ細い路地がベランダに出て左側の方にありましたけど、夜中にそんなことを人が通るはずもありませんでした。
ですから、確かに真夜中に誰かが偶然通りかかったら、ウチの2階のベランダを見上げて、当時14歳の私の裸を眺めることは可能だったかもしれません。

でも・・・でもですよ!
私の通っていた高校って家から電車に乗って30分以上かかるんです。
しかも私が、いつ裸でベランダに出るかなんて、その時の気分次第だから私にだって分からないのに・・・。
それを写真に撮るなんて、そんなことが果たして出来るんでしょうか?
私は本当に唖然としました。

その日、家に帰って、私はすぐに部屋のカーテンを閉めて・・・そして僅かな隙間から外の様子を見ました。
私の目に入ってきたのは、工場の壁沿いに備わっている非常階段でした。
一番高い所の踊り場からだったらちょうど例の写真と同じ構図で撮れそうでした。
それでもすごい距離です。
ざっと70~80メートルは離れていると思います。
普通の人が持っているカメラではあんなにアップでは撮れないです。
それでも非常階段には途中も含めてすべて屋根と風除けのフェンスが付いていたので、その気になれば長時間隠れて撮影するのには好都合な場所だったかもしれません。
偶然ではなく、間違いなく計画的に盗み撮りされたことに私はひどく怯えました・・・。
それに“なんで裸でベランダに立っていたのか”なんて説明できるわけないので、親に相談することもできませんでした。

それからというもの、私は1日中、部屋のカーテンを閉めっぱなしにしました。
お母さんに「カビが生えるわよ」と言われても適当に誤魔化して・・・。
その間、学校でも、(この中の誰かが・・・私のことを狙ってるんだ)と思って不安になりました。
授業中も先生の声が耳に入ってきませんでした。
男子の私を見る目がすべて、制服越しに私の裸を見られてる気がしてなりません。
今風に言えばストーカー被害に遭ってるような状態で・・・精神的にかなり参りました。
ややノイローゼ気味だったように思います。

でも・・・1週間が経ち2週間が過ぎて、夜中に寝ていた私はある日、カーテンで閉めきっていた部屋で過ごすことに非常な圧迫感を憶えて、(この状況を壊したい)と猛烈に感じました。
そして時計の針が午前2時を指していたのも手伝って・・・。

(裸になってベランダに出よう。そして思いっきりそこでオナニーしよう!)

そう思いました。
私の頭の中は不安と眠気とエッチな気分とが交錯して、かなりヤバい状態だったと思います。
私は部屋のカーテンを久々に開けると生まれたままの姿でベランダに出ました。
月明かりのシャワーを身体いっぱいに浴びながら、髪の毛を指でとかしました。
目に飛び込んでくるのはあの非常階段の踊り場です。

(こっちからだと暗いし遠いし、人がいるかどうかなんて全然わからない・・・)

でも、この瞬間も、誰かがこっちを見ているかもしれない。
暗闇でシャッターを切り続けているかもしれない。

(午前2時だよ・・・。もう終電もないんだよ・・・。誰もいるわけないじゃん、誰も・・・)

いくらそう思うようにしても少しも心は休まりません。
なのに私ったら・・・。

「こんな時間なのに・・・私のことが見たくって、私の裸が見たくってしょうがないんだ・・・」

1人そう呟きながら、手でオッパイとかを弄りだしました。
2週間分の溜まりに溜まったものがあって、その時の私はかなりハイになっていました。
ベランダに置いてあった胸の高さまである物置の上に横になって・・・それこそカメラの視線を意識しながら、なんと私はオナニーショーを始めてしまいました。
昼間だったら、その物置の上に乗っかることさえ怖くてできなかったと思います。
そこから眺めると、もう物置のすぐ横が一階の地上のようだったので・・・。
でもこういう時はなぜか・・・できちゃうんです。

私は夜空を見上げながら指を素早く動かして、自分のアソコをクチュクチュと愛撫しました。
気持ち良くって、気持ち良くって・・・まるで夜空を飛んでいるようでした。
もし本当にカメラが構えていたなら・・・手すりにも邪魔されずに、最高のポジショニングで私のオナニーシーンを撮れたことでしょう。

「感じちゃう、ダメぇ・・・まゆみ感じちゃうのぉ・・・」

ときどき上体がズレて物置の上から落っこちそうになるのを元に戻して・・・私は長い間快感に浸りました。

「まゆみの・・・オマンコが、オマンコが・・・気持ちいいよぉ~っ・・・」

私は何度も何度もエクスタシーを感じて、この時どうやってベッドに戻ったのかよく覚えていません。
でも・・・朝になってカーテン全開の窓からベランダを見て、物置の上に自分が残したお汁の跡を見つけて・・・。

(私・・・昨晩、本当にやっちゃったんだ・・・)

ドーンと落ち込んでしまいました。

(何やってんのよ・・・私ったら。裸だけならまだ言い訳も立つけど、ベランダの物置の上でオナニーなんて!ただ淫乱なだけじゃんかー・・・。もう、学校に行けないよぉ・・・)

しかし結論から言えば、その後“その夜の出来事が写真に残ってる”という噂(事実)は私の耳には入ってきませんでした。
ただ、新しい展開がその後すぐにやってきたのもまた事実なんですけど・・・。

それから数日が過ぎたある日、私は1学年上の森井という男子生徒に呼び出されました。
彼は剣道部で主将だか副主将を務めているという事でしたが、私がまだ1年生だった時に1度「付き合って欲しい」と言われてお断りしたことがある人でした。
文化部の通称『アパート部室』と呼ばれているところの裏の人気のない場所で、彼は私に何かを言おうとして少し躊躇っていました。
私は内心(また交際を求められるのかしら?)と思ったのですが、彼は突然ポケットから数枚の写真を取り出して私に見せたのです。
それはそう、例のあの写真でした・・・。
私は全身の血の気がサーッと引いて、身が硬直していく感じがしました。
彼はそれを私に見せながら言いました。

「これ・・・君だよな?」

私は当然、「違います」と言うつもりでした。
でも、見せられた写真はサクと2人で見たものよりも鮮明で・・・どうにも否定のしようがないくらいに私の顔もはっきりと写っていました。
ベランダに出て裸でいる写真以外にも、私が明るい部屋の中で裸でベッドに腰をかけて胸とか触ってたり、横になってアソコに手を当ててるものなど・・・。
ピントの甘いものも含めて写真は20枚近くありました。

(この人が犯人だったんだ!)

私はそう思い、彼の顔をキッと睨みつけました。
ところが、彼も私の意を汲んだようで、「俺が撮ったんじゃないよ。むしろ俺が見つけて、ある人物から取り上げたんだ」と言いました。

「ある人物・・・?」

私は聞きました。

「うん・・・。誰なのかは言えないけど。そいつが俺に、『この写真を買わないか?』って持ちかけて来たんで、俺はそいつに結構な金を渡す代わりに君に関する全ての写真とネガを貰って、さらに2度と君に対してこういう事をしないってことを約束させたんだ」

そう彼は言いました。
なんとなく・・・ですけど、(彼の言ってることは嘘じゃないんだろうなぁ・・・)と思いました。
それは、その写真を撮るにはかなりの専門の道具が必要だと思ったのですが、彼がそんな機材を持っているとはちょっと考えにくかったからです。
それと、私が知り得る限りですが、森井さんがそういう事をするような人ではなかったからです。
彼は外見はさほどいい男ってわけでもなかったのですが、割りと人気もあって、特に後輩の男子からは絶大な信頼を得ているようでした。

実はこの告白を書いてて思ったんですけど、私ってバドミントン部にいた時にも“半露出行為”をしていたんで・・・。
あの時、あの覗き穴から私の裸を見て楽しんでいた人にとっては、私の私生活も覗いてみたいと考えたかもしれませんね。
もしかすると・・・覗き穴から撮った『まゆみのヌード写真』なんてのも実存するのかもしれません。

ただそうなると、彼が私をここに呼び出した真意が何なのかわかりませんでした。
彼は私から写真を取り戻すと、「この写真はすべてネガごと君に渡そうと思ってるんだ」と言い、さらに「ただ・・・その代わりと言ったら・・・何なんだけど・・・」と急に口ごもってしまいました。
私は彼が次に何を言おうとしているのか分からずに心臓がバクバクしてきました。
そして彼は言いました。

「これから毎週1回、放課後に決められた場所で俺と会ってくれ。そこで俺は1つお願い・・・いや、命令をするから、君は絶対にそれに応じなきゃいけない・・・」

私はそれを聞いてしばらく黙っていましたが・・・。

「もし、『それはできません』って・・・私が言ったら?」

「そうしたら・・・仕方ない。この写真を焼き増しして学校中にバラ撒くよ・・・」

彼はそう言った後ですかさず、「ごめん・・・。こんなこと許されないって分かってるんだけど・・・」と付け加えました。
私は彼がそこで「ごめん」とひとこと言ったことも考慮して、「・・・だったら私は従うしかないじゃないですか」と答えました。

彼との契約は3年生の森井さんが卒業するまでで、毎週水曜日の放課後に、今は使っていない古い体育館倉庫で会うというものでした。
写真とネガは彼が卒業と同時に返してくれるということでした。

最初の“呼び出し”があったのは、その2日後でした。
暗くて埃っぽい匂いのする倉庫に1人で行くのは正直怖かったです。
ウチの学校の体育館は私が入学する前に一部が改築されていて、そのため体育倉庫が新旧2つありました。
今では誰も使わないその旧倉庫には、使われなくなったマットや跳び箱などがそのまま置かれてありました。
私が裏手を通って旧倉庫まで来ると、入り口で森井さんが待っていました。

彼は「やあ・・・」と言ってそれから、「そこに・・・蜘蛛の巣あるから・・・気をつけて」と言いました。

私はこれから何が始まるのかもわからず、彼と普通の会話をしていいものなのかどうか考えてしまいました。
中に入ると、跳び箱の向こう側に彼が付けたのか最初から付いていたのか・・・裸電球が2つ天井からぶら下がっていて、その下のマットを照らし出していました。

「一応・・・埃は払っといたんだけど・・・」

彼がそう言い、それからカバンの中からスポーツタオルを取り出してマットの上に敷きました。
そして、「その上に・・・座りなよ」と私に勧めました。
私は、言われたようにそこに腰掛けると辺りをぐるりと見回しました。
裸電球の光が私たちの周囲だけを照らし出していて、その先の暗闇がなんとも不思議な空間を創り出していました。
耳を澄ませば、体育館でたぶんバスケでも練習している人の声や足音に、ボールの弾むリズムが聞こえてきます。

「やっぱり・・・怖い?」

彼が聞いてきました。
私は彼の目を見て黙ってコクリと頷きました。
彼はしばらく俯いて、そして考え込んでいました。
でも、何かを決めた様子で少し厳しい目つきで私を見ると・・・。

「◯川・・・制服脱いで。そこで裸になって」

正直、来る前に考えていた選択肢のひとつをついに言われた気がしました。
でも・・・私は生まれてこれまで、こんな閉ざされた空間で異性に自分の全てを見せたことなんてありませんでした。
私はじっと動きませんでした。

「裸になって・・・それで俺にあの写真の・・・◯川のキレイな体を見せてくれ。頼む」

彼は言います。
それでも私が動かずにいると・・・。

「わかった・・・。じゃあ今日は下着まででいいから。な?下着姿になってくれよ」

彼は命令を変えました。
・・・本当は命令に背ける立場じゃないし、彼にしても命令の内容を変えなきゃいけない立場でもなかったんだけど・・・これから先も2人の関係はずっとこんな感じで進みました。

「下着は着けててもいいんですね?」

そう言って椅子に腰掛けている彼の前で立ちあがると、私はブラウスのリボンを解いて・・・それから腰のファスナーを外しました。
プリーツの入った紺のスカートはスルスルと膝から落ちて、私は下着にブラウスだけの格好になりました。
彼はなぜか口を両手で押さえたまま、終始真剣な眼差しで私のことを見つめています。
服を脱ぐための動作によって、私の作る影が倉庫内を暗くしたり、また明るくしたりしました。
ブラウスのボタンをひとつひとつ外していくにつれて私の白い肌が視界に現れてきて、パンティーが露出する頃には倉庫の中にモヤがかかっているような感じがしました。
彼に言われた通りに・・・私は下着だけの姿になりました。

「恥ずかしい・・・」

とっても恥ずかしくって、それだけで白いパンティーにシミを付けちゃいそうでした。
彼はその場で私に360度回転するように言い、次に下着のままマットに横になるように言いました。
私が寝ると彼が近づいて来て、まるで私のことを品定めするかのように、つま先から顔までマジマジと観察しました。
私は恥ずかしさのあまり・・・この場から逃げ出したいと思いました。
でも、そんなことは許されないので、自分の目を閉じてこの世界を見ないようにしました。
次第に彼の鼻息が荒くなってきているのは明らかでした。
いつ彼が飛びかかってきて犯されたとしても当然のような気がしました。
私は予防線を張るべく彼に向かって言いました。

「もし・・・力づくで私のことを奪おうとしたら、そのときは私も警察に訴えます」

「・・・分かったよ。力づくで・・・なんてことはしないよ。約束するよ」

そう彼は言いました。
その後、彼はこの約束を本当に守り、1度も裏切ることはありませんでした。
それが・・・この関係のちょっと奇妙なところでもあり、私の今日まで、性体験で“甘い見通し”をするきっかけとなったのでした。

2度目にそこで会ったとき、私はブラジャーを外してオッパイを見せました。
3度目で全てを脱ぎ捨てて全裸になりました。
その間も森井さんは私の身体に指1本触れることなく、いつもただ黙って見つめているだけでした。
でも結果として・・・彼がこういうソフトな(?)態度に出てくれたことは、私的には随分と気が楽でした。
何しろ毎朝通学で使う電車ではかなりハードな痴漢行為に遭っていたので、見せるだけならむしろ・・・ドキドキ感が心地いいくらいでした。

でも4度目になって・・・彼は私に、「ここでオナニーをして見せてくれ」と言い出しました。
私は胸がキュウゥゥ~ンってなる思いでした。
正直言ってスタイルとかに自信のあった私は、自分の裸を見せることにはどこかしら、(男の人が見たくなる気持ちも分からなくない)みたいな上から目線的なところもあったのです。
ただ・・・オナニーとなると、それってとっても内面的なことじゃないですか。
私が身体のどこに触れてどんな風に感じるのか。
感じて・・・どんな表情をするのか、どんな声を発するのか。
全部それが、“私そのもの”だと思うんです。
それを見て人は私のことを“淫乱”と思うかもしれないし、『そんなことで感じちゃうんだ?』と不思議に思うかもしれません。
それを他人に見せるなんて・・・絶対にできないと思いました。

私は執拗にオナニーを求めてくる彼に、「イヤ。絶対にイヤ」と言って抵抗を続けました。
でも例の写真を見ればわかる通り、私はオナニーをしないわけではありません。
彼はよほど私にオナニーをさせたかったらしく、久々にあの写真を持ち出して言いました。

「やってくれないと、これを学校中にバラ撒くしかないんだけどな・・・」

私は仕方なくいつものように裸になると、今日は彼の希望で6段くらいに積んだ跳び箱の上に寝そべり・・・ゆっくりと自分の指でオッパイやアソコを愛撫しました。
膝から下がダランと垂れた状態での1人エッチは、なんだかとてもいやらしく感じました。
彼がそばで見ていることと、私が脅されて仕方なく、イヤイヤ(の設定で)やっていることの両方が私を切ない気持ちにさせて・・・。
いつもよりも私は感じ始めていました。

「あふ・・・ん、ダメぇ・・・。恥ずかしいから見ちゃダメぇ・・・。お願い・・・」

<続く>