高1のときに家庭教師の大学生をチラ見せ誘惑

この体験談は約 4 分で読めます。

当時大学生だった男の人に家庭教師をしてもらってたの。
高1の2学期から来てもらってたので半年以上になります。
最初は普通の男の人としか見てなくて、特別な感情は全く無し!
私自身、高1の春から付き合ってた3つ年上の彼氏がいましたし、エッチも夏には経験済だったもんで♪

先生には週2回来てもらっていて、もちろん来る日は必ずお母さんが在宅中でした。
でも高2になる直前に彼氏と別れて、モヤモヤしてたんだ。
春休みが過ぎた頃から普通の人と思ってた先生が何だか可愛く見えてきて・・・。
勉強も面白くないし、ちょっとからかってやろうと思って、小悪魔的な気持ちが芽生えちゃったの。

先生は全然ちゃらちゃらしてなくて、真面目そうだし、かっこいいわけでもなく普通の人でした。
たまに勉強の合間に話をしていて分かったのは、彼女とは2年前に別れて、それからはエッチしてないってこと。
白状させちゃった♪
先生が真っ赤な顔をして話してくれたのを覚えてる。

それを聞いてから私の誘惑が始まった。
まずは今までジーパンだったのをミニスカートに変えてみました。
先生は何も言わなかったけど、チラチラ私の脚を見てたし、見られてると分かった時に先生の顔をパッて見たら、すぐに目を背けてた。
違う日にキャミになったら、参考書を指差して説明してる風で、明らかに胸元を見てる視線を感じていました。
だって、説明している所と指差してる場所が違ってたもん♪

(私のブラチラを見て興奮したのかなぁ?)

なんて思うと、私も少し濡れました・・・。

ある日、先生が来る日に近所の人が亡くなって、お母さんが「お葬式に行ってくるから」って留守になった時がありました。
先生に「今日、お母さんいないよ」って言ったら、ずっと落ち着きがなくって、私の脚とか胸元を見る回数が増えてた。
私も何だかムンムンしてたから、勉強の手を止めて、思い切って先生の手に触れてみたの。
そしたら先生はすぐに手を引っ込めて、何も言わず私の顔を見てました。
私がもう一度、先生の手を掴んで椅子から立ち上がったの。

「何っ?どうした?」

ビックリしてる先生を私のベッドに引っ張ってって2人で座ったの。
で、私が横から先生に抱きついて、もう一度「今日、お母さんいないから・・・」って言ったら、私の顔を持ち上げて優しくキスしてくれました。
舌も入れてきて、「んんっ、んぐっ・・・」って長いキスの後で先生が、「いいのか?」って聞いてきたから、小さく頷きました。

私がベッドに寝っ転がった時にはミニスカートが捲れ上がって少し恥ずかったけど、もう先生に任せようと思ってそのままにしてた。
先生は私の少し大きめのTシャツを脱がして、ブラの上からゆっくり触ってくれた。

「ぁ・・・っんぁ・・・やっ・・・んぅぁっ」

つい声が出ちゃって、ブラも脱がされて乳首をコロコロしてきたの。

「ひゃ・・・ぁ・・・んんっ・・・あっ・・・ッ」

久しぶりに男の人に触ってもらうから凄く感じちゃった。
先生も上半身裸になって、私に覆いかぶさってきた。
スカートを捲って、パンティの上からさわさわしてきた時には、凄く濡れてたみたい・・・。
先生に、「もうビチョビチョだよ」って言われて余計に感じてきて・・・。

「そこは・・・ハァハァ・・・イヤ・・・さわっ・・・あっ・・・ダメ・・・ひゃぅ!!イッ・・・ちゃう・・・っひゃぅあっんぁ・・・っ」

私、すぐにでもイキそうになっちゃってた。
パンティも脱がされて、クリちゃんを弄られちゃったら・・・。

「んぁっ、あたし・・・もぅ・・・我慢できないっ、ハァハァ・・・っはぁんっダメッ・・・そこっ、あっ・・・いやん・・・っはぁ・・・。ひゃっぃっイイ・・・っひゃぁ、イ・・・クっ・・・んぁっイッ・・・クぅぅ!!あ・・・あぁぁっっ!!」

ビクッ・・・ビクビクッッ・・・。

先生の指だけでイッちゃった・・・。
スカートも脱がされて全裸にされたら、すぐに先生も全部脱いだ。
そしたら先生のアレが凄く大きくなってて・・・私の中に入れてきたの・・・。

ぬぷっ、ずぷっ・・・。

(あぁっ!凄い、大きい・・・入ってくるぅぅっ!!)

「やだっ・・・いっ・・・ぁっ・・・。そんな・・・に・・・激しく・・・ひゃぅ・・・あっんぁあぁぁっっ!!」

おちんちん入れられたのが久しぶりだったせいか、凄く大きく感じたし、ちょっと激しく動かされると凄くおかしくなってきて、またイキそうになっちゃった・・・。

「ぁっあっっ・・・なんだか、あっ・・・ッン・・・。おかしくなって、あっ・・・あっんぁ・・・っまたイッちゃう!イク・・・イクッ!・・・イックぅぅぅぅぅ・・・!!あああぁぁぁぁっっ!!」

私、放心状態になっちゃって、その先はあまり覚えていません。
先生は中出しはせず、私のお腹に出してくれて、ティッシュでちゃんと綺麗に拭いてくれたのを何となく覚えているだけ・・・。
幸いにも、お母さんが帰ってきたのは遅い時間でした。

それからしばらく先生との関係が続きました。
お母さんがいる日は激しく出来ないので、私は椅子に座ったままで先生が指で乳首とクリを責めてくれて。
私は声を押し殺してイッちゃって、その後で私も先生に手や口を使ってあげてました。
そして、お母さんが留守の時は、チャンスとばかりに激しく何回もしました。
クタクタになっちゃうので、する時はちゃんと勉強を終えてから。

私が高2の夏頃、先生に彼女が出来たみたい。
それまでも外で会うことはなかったし、私の感情の中で先生のことが本当に好きかどうかはよく分からなかったし・・・。
なので大学受験が終わってからは、全く会うことはありませんでした。
でも、私にとっては大切な思い出になっています。

タイトルとURLをコピーしました