濃霧が教えてくれた野外エッチの醍醐味

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は27歳の会社員。
顔も年収も人並みだ。

彼女は24歳で看護師。
顔はそれほど良いとは思わないが、背が高くて、それが気に入っている。
誰に似ているかと言うと、森三中の黒澤を痩せさせた感じかな。
俺の身長が176センチなのに対して、彼女の身長は172センチだ。
モデル並み?と思う人もいるかもしれないが、スタイルはそれほど良くない。

何か彼女を貶してばかりいる感じだが、俺は相当に彼女のことを気に入っている。
このまま結婚しても良いと思うくらいだ。

俺の会社は土日が休み、彼女は看護師だから休みは不定期だ。
これが非常に厄介な問題で、会いたいと思う日に会えないものだから会った時は嬉しくてたまらない。
本当は毎週会いたいのだが、現実には1ヶ月に1~2回くらいのペースである。

ある日、俺達はツーリングに出かけた。
彼女を後ろに乗せて奥多摩へ。
青梅街道をひたすら走り、休みも含めて4時間ほどかけてやっと到着した。
奥多摩駅前で少し休み、さらに青梅街道を進んだ。
しばらくすると奥多摩湖が見えてきたから小河内ダムを見学した。
ダムの見学は俺も彼女も久しぶりだったから高さにはしゃぎ、日常と違う雰囲気を楽しんだ。

奥多摩に行くとは決めていたが、奥多摩で何をするのかは決めていなかった2人。
その後どうするか話し合った結果、奥多摩周遊道路を走り、湖の反対側にある檜原村に行くことにした。
彼女を乗せ、奥多摩周遊道路を走っていたのだが、たまに早いバイクが追い抜かして行くくらいでほとんど交通量がなく、妙に静かで怖いくらいだった。

そのうち霧が発生し、さらに雰囲気は神秘的な感じになっていった。
今までも霧などいくらでも見たことがあったけど、発生直後ってのは見た経験がなかった。
道路を這うように白い塊がモヤモヤっと動く姿は何かこう生き物のようで実に気味が悪かった。
彼女も少し怖かったようで、それまでずっと話しながら走っていたのだが、急に会話が途切れ途切れになってしまった。
そんな時、彼女が言った。

「トイレ行きたい」

確か小河内ダムの駐車場で行ったはずだったが、霧で冷えたのか緊張したのか、また行きたくなったようである。
奥多摩周遊道路自体走るのが初めてだったため、途中にトイレがあるのかないのかもわからない。

「どれくらい我慢できそう?」

「あんまり長くは無理」

こりゃ参ったなぁと思った時、見えてきたのが、とある駐車スペース。
トイレでもあるのかと思って入ってみたら、単なる駐車スペースしかなく、そのまま出ようとすると・・・。

「ちょっと我慢できないかも・・・ここでしちゃう」

(えええ、ここって、だだっ広い駐車場だぞ)

そう思ってたら、周囲には木があって、少しだけ外から隠れている場所があった。
私は躊躇したが、彼女がここで良いと言うのならどうにもならん。
ちょっとだけ離れた所で誰かに見られないか監視していた。
その時は別に覗こうとかそういう気分じゃなかった。
何しろ霧と山の雰囲気に少し押され気味だったからだ。

しばらくすると彼女が恥ずかしそうに帰ってきた。

「すっきりした?」と聞くと、少し顔を赤らめ、「うん」と答えた。

なんかそのやり取りだけで自然に対してビビッていた緊張感が解れ、改めてそこからの風景を見ようとか思ったんだけど、大した風景など見られなかった。

それまで緊張して走っていたからちょっと休憩して行こうということになり、ペットボトルのお茶を飲んだり、出発直後に買ったお菓子を食べたりしながら色々なことを話していた。
短かったが楽しい時間が過ぎ、さあ檜原村に向けてまた走ろうという時、何か彼女がモジモジしだした。
そして俺の服を掴み、顔を赤らめた。
唐突で笑ってしまったが、そういう気分になったと言ったのだ。
こういう時の彼女は俺が言うのも変だが、やたら可愛い。
俺も一瞬でやる気モードに入ってしまった。

しかし、俺達がいたのは駐車場。
いくら交通量が少なくて霧が出ているとは言っても、車じゃないから隠れる場所もなく、困ってしまった。
でも、こういう時って絶対にやりたいもんだから普段なら考えられないような工夫をする。
とりあえず看板のようなものがあるところまでバイクを持って行き、バイクにカバーを被せた。
少しでも隠れる部分が増えるようにとの願い込みである。
そうした上でバイクと看板の後ろに立ち、後ろには木と崖という状況で彼女を抱き寄せた。
冷静に考えてみると丸見え一歩手前だが、遠くから見られるってことは考えなかったし、駐車場に車が入ってきたらやめりゃいいやくらいの気持ちだった。

抱き寄せた彼女の頬は紅潮していて、相当興奮しているのがわかった。
俺のモノもズボンを突き破るのではないかと思うくらい、いきなりスーパーハードな状態になっていた。
唇を合わせて服の間から互いのものを触ったりしていたが、途中走ってくるバイクや車の音に反応し、しばらく様子を窺っていたり、鳥の声や木々のざわめく音にまで敏感になっていた。
しかし途中からは2人とも(もうどうでもいいや!)という気持ちになり、俺は彼女のズボンを下げて白い肌を露出し、バイクに手をつかせてバックの体勢から勢いよく挿入した。

俺も彼女も普段にないくらい興奮した。
最初は彼女も声を出すのを必死で我慢していたが、途中から泣いているような声を出し、2度天国に昇った。
俺も彼女が2度目にイッた後で絶頂を迎え、一瞬(中に!)と思ったが、白い尻を見ながらモノを抜き、崖に向かって放出した。
驚くほど精子が飛んだ気がした。

彼女はかなり感じたのか、終わった後もしばらくお尻を出したままバイクにもたれかかっていたが、俺がウェットティッシュであそこを拭いてあげると、「ひゃ」と言って我に返り、また顔を赤らめた。
『やっちゃったねぇ~』という感じで。

その後は檜原村に予定通り向い、そのまま帰って俺の部屋に泊まる予定だったが、駐車場での興奮が忘れられず八王子のラブホテルに入り、休憩&宿泊をし、また燃えた2人であった。

非日常的な経験をすると、その後の行動に大きな影響を与える。
俺と彼女はあれ以来、バイクで出かけるたび、人気のない山に行っては外ですることを楽しんでいる。
全裸でするのではなく、下だけずらして隠れるようにするのが2人の興奮を誘うのである。
これからも彼女とはそのようにして楽しむのだろうと思う。

霧が教えてくれたことを、これからも大切にしていきたい。

タイトルとURLをコピーしました