後輩女子と夜中の1時に学校に侵入して

この体験談は約 3 分で読めます。

その娘は入部してきたときから、なんかあけすけで積極的だった。
背はあまり高くなく、目がクリッとしてて可愛い系の感じだった。
笑ってなくても目だけ笑ってる感じというのかな。

1年上のオレはその娘から、「T先輩」と名前で呼ばれてた。

「Tせんぱ~い。いつエッチしてくれるんですか~?」

なんて、脈絡もなく突然、みんなの前で平気で言う娘だった。
そのときの悪戯っ子のような目が今でも思い浮かぶ。
どぎまぎしながら、「ばかやろう!大人をからかうんじゃねー」とか言いながらも、こいつ本気だな~と感じさせるものがあった。

そのときは1年先輩のある人を好きだったのと、その娘が他の高校のヤツと付き合ってるといる噂もあったしで、やろうとは思わなかった。
でも学校での夏の合宿のとき、その日がやって来ることになる。

体育館の舞台がオレたちの稽古場だった。
ネットが舞台のところに張られ、通常のフロアーではバレー部や体操部が練習をしてる。
ネットぎりぎりに立ってるとよくボールが跳んできて直撃を受けたりする。

「はい!30分の休憩に入りま~す!」

舞台袖のピアノのところで座ろうと思ってると、その娘が声を掛けてきた。

「Tせんぱ~い。飲み物の買い出し、手伝ってもらいませんか~」

「ほいな」

てな感じで、体育館から校舎の裏手にある自販機へオレたちは行った。
別によくあることなのでみんなも気にも留めなかったと思う。
ジュースとかをひとしきり買ってカゴをぶら下げ帰ってくるとき、裏手の入り口の階段前でその娘が立ち止まった。

(うん?なんで止まったの?)という感じで振り返ると、その娘が言った。

「せんぱい、エッチしたくないですか?」

2人きりで言われたのは初めてなので、妙な期待感があった。

「したいよ」

「なら、しよ」

そのときの切なそう目は、きっと生涯忘れない。

「またな」

とか言いつつ、下半身は反応してた。

「今日、1時にここで待ってるから」

「おい、本気か~?お前カレシがいるじゃん」

「別れたんだもん。あっ、別にせんぱいと付き合うとかじゃないから心配ないよ」

「なんだよ心配って」

「絶対だからね」

「わかったわかった」(←完全にその気になってるオレ)

オレは稽古が終わって飯を食い終わると、夜陰に紛れて近くの薬局の自販機まで、そうっとコンドームを買いに行った。
1時ジャストに昼間の場所に行くと、もうその娘が待ってた。
ジャージにTシャツというお約束の格好だった。

「せんぱい、怖かったよ~。夜って暗くて怖いね」

なんて可愛いこと言ってた。

「じゃ、いこ」

オレたちは校舎に入ると、一番最初の教室に忍び込んだ。
その娘は準備よろしくプロンプ用のペンライトを持ってた。

「せんぱい、手伝って」

オレたちは机を移動させ、教卓を教壇から下ろし、場所を確保した。
準備がいいと言えば、その娘は大きなバスタオルも持って来てた。
それを敷いてベッドが出来上がり。
もうこのへんからオレの下半身は準備完了。
ちなみにペンライトは黒板のチョークを置くところに置いて、かすかな灯りがタオルに当たるようにオレがセットした。
結構ムード派のオレ。

「せんぱい、キスして」

オレはキスした。
キスってこんなに感じるものかと驚いた。
色んなことして、いよいよという格好に2人ともなった。
普通の格好のヤツです。
最初は場所が判らなかったです。
で、その娘に手を添えられて入れました。
びっくりしました。
気持ちよすぎて。
コンドームを買ってきたのに気づいて一度抜くと。

「どうしたんですか?」

「ゴムつける」

「いいです、外に出せば」

「そうか」

オレは自信がなかったけど、もう一度入れ直した。
で、お約束の動作をしてたら一気に絶頂に。
抜こうとして間に合わず、中出し!

「ゴメン、中に出たかも」(←出たかもどころの騒ぎじゃない)

「もー、まいっか、今日は大丈夫な日だから」

とか言われたけど、1月は心配だった。

「もう1回いい?」

「今度は後ろからして」

で、あの格好。
今回は最初から完全装備。
やはり場所がわからず、ガイドされました。
すでに大量発射してるオレは余裕あり。
その娘はハアハア状態。

「前からのにして」

で、また普通のヤツ。
今度は誘導なしでも自力挿入(←心でカッツポーズ)
その娘、さっきよりエロい声を出してた。
その声に負けてあえなく発射!
と同時に、その娘がオレにしがみついて、こう言いました。

「せんぱい、好きです」

結局、その娘はオレの彼女になりました。

おわり。