マッサージの先生に咥え方や舌の使い方を教わって

この体験談は約 3 分で読めます。

22歳のOLです。
水泳の池江璃花子選手に似てると言われます。

先週ですが、学生時代からの友人の紹介でマッサージを受けてきました。
そして、忘れられない日になりました。

仕事帰りに立ち寄った店でしたが、40代のオジサンが1人でやっていました。
お客さんは他にいなく、すぐに診療室に通され、事情を説明すると上半身裸になるよう指示され、ベッドの縁に座らされました。
私は生まれて初めて男性に胸を見られてしまったのです。
先生は私と向き合い、いきなり胸を下から持ち上げるようにして何度も上下させてきました。
やがて乳首を摘まれ、恥ずかしいけど敏感に反応してしまいました。

生まれて初めて胸を男性に触られて戸惑ってると、先生は背後に回ってうなじから始めました。
時間をかけて、うなじ、肩、上腕、背中と施術されて、私はとろけるような気持ちの良さに変な快感を覚え始めていました。

「どうですか?」

先生に耳元で囁かれると、アソコから熱い物が湧き出てきて止まりません。
突然、「腰はなんでもないの?」と耳元で言われ、多少痛みやだるさを感じることを告げると、パンティーだけでうつ伏せに寝かされました。
肩甲骨辺りから背骨をマッサージされ、腰骨まで手が下がった時、パンティーを下げられました。
お尻が丸出しです。
それでもマッサージは続き、やがて先生はお尻を両手で円を描くように揉み始めました。
お尻の肉が左右に広げられる度に濡れていたアソコからいやらしい音が聞こえてきます。

(絶対に先生に見られてる・・・)

そう思うと余計に濡れてくるのが分かりました。
しばらくすると「上を向いて」と言われ、先生は私を引っくり返すと両足を上げて、オムツ交換のような格好にしました。
その恥ずかしい格好のまま脚を広げられ、間違いなく全部見られてしまったのでした。
そして、脚を広げられたまま内股の間接を左右交互にマッサージされ、その度に小指の先をクリに押し当てられ、その振動でついに私はイカされたのでした。

私は堪え切れなくなり、まるでセックスをしているような声を張り上げましたが、それでも先生の手は休まりません。
先生は私に顔を近づけると耳元で、「次は中をしましょうか?」と聞いてきました。
私はうんうん頷きながら、「してー!中もして!」って絶叫していました。

「まだ処女ですよね?今日は指だけにしますね」

ついに先生の指が入ってきました。
中で先生の指は、私のツボをずっと前から知っているように動き・・・。
途中で私は意識を失ってしまいました。

翌日もマッサージを受けに行きました。
初日と同じ流れで進みましたが、その日も何度もイッてしまいました。
さらに次の日、私は先生におねだりしてしまったのです。
指を入れてもらいながら、キスをしてもらいました。
ファーストキスでした。
とろけるようなキスをしてもらいながら、アソコの中の3本で愛されて昇り詰めました。

4日目です。
他にお客さんがいなかったので、指を挿入されながらキスを受け入れていた時、先生のアレをズボンの上から握って撫で回して、無言の催促をしたんです。
先生も裸になると、初めて生で見るアレを私の口に押し当ててきました。
咥え方や舌の使い方を教わり、その通りにしていると、すごく大きく、熱く、そして硬くなりました。

先生はやがてその硬いモノをアソコに押し当てるとゆっくり入って来ました。
全然痛みを感じることなく、私の初体験は終わりました。
処女は初めてだったそうですが、先生は他のお客さんとも何人も関係したそうで、私を紹介してくれた友人とも関係を持っているみたいです。

話の中には、聞かなければよかったショックな事実もありましたが、これからも通院は続きそうです。