女の先輩の胸にアゲハ蝶の絵を描いた

この体験談は約 3 分で読めます。

僕は絵を描くのが好きで、高校では美術部に入っていました。
当時は少し強がっていて、腕に絵を描いてタトゥ風にして学校に通っていました。
自分でもよく出来ている絵だったので、みんなに見せびらかせていました。
すると、「俺にも描いて」という人が何人かいたので、何人かの腕にタトゥ風の絵を描いてあげました。
残念ながらみんな男ばかりでしたけど・・・。

そんなある日、先輩の紹介で1人の女の先輩が来ました。
話を聞くと、映画の『スワロウテイル』のように、胸に蝶の絵を描いて欲しいと言ってきたのです。
彼女の手にはアゲハ蝶の写真とジュースが1本ありました。
怖い先輩からの頼みだったので、放課後、部室で描いてあげることにしました。

(でも、胸に描くって・・・あの女の先輩、僕の前でおっぱいを見せるつもりなのかな?)

そんなことを考えると授業にも身が入らず、ちんちんはすでに勃起状態でした。

美術部は僕以外にも何人か在籍していましたが、みんな帰宅してゲームをしているので、部室はほとんど僕の使いたい放題でした。
そして放課後になると、女の先輩が1人でやって来ました。

「わりぃけど、よろしくな」と笑顔で僕に言いました。

きれいな顔の人でした。
スタイルも良く、すごくエロい体をしているように見えました。
お腹がきゅっと締まっていて胸は大きいです。

僕は部室の鍵を開け、彼女を中に招き入れました。
彼女は最初は部室の中をくるくる見回していましたが、すぐにカーテンをして真っ暗にしました。
そして何も言わずに制服を脱ぎ始めました。
ブレザーを脱ぎ、リボンをとってシャツ一枚になりました。
僕はドキドキして、どこを見ていいのかわからず、俯いてずっとアゲハチョウの写真を見ていました。

「ねえー、準備できた?」

先輩が聞いてきました。

「はい」と僕が答えると、先輩は僕の前に椅子を持ってきて座りました。

そしてシャツのボタンを外しました。
白いブラと胸の膨らみがチラチラ見えます。
シャツは全部は脱がないようでした。

僕は震えながら、ボタンを外したシャツの間に震える手で筆を入れました。
キャンパスというには彼女の胸は弾力がありすぎて、とても描きにくいです。
僕は生まれて初めて女性の胸の弾力を感じました。
とても柔らかくてぷよぷよしていました。
いつの間にかちんちんも大きくなっていました。
頭も体も、もう全身が興奮していました。
僕が変な息をしていたのか、先輩が、「ねー、あんま興奮しないで」と笑って言いました。

僕は少し冷静になりました。
ぷよぷよしたおっぱいの上に蝶の絵を描いていると、当初の予定よりも構図が大きくなっていることに気づきました。
羽の下のほうを描くには、少しブラを下げてもらわないといけないのです。
気づいてからしばらくは他のところを完成させていたのですが、蝶の羽の下の部分を描けないので進行が遅くなりました。
なかなか言い出せなくて、「少し休憩」と言って僕はトイレに行ってきました。
トイレで少し心を落ち着かせて部室に戻りました。

戻ると先輩は気づいてくれたのか、少しブラを下げてくれていました。
おっぱいが半分くらい見えています。

(もし、羽をもっと大きくしたら、乳首まで見えるかもしれない)

そう思った僕は、少しずつ羽根を大きくしました。
すると筆が何度もブラに当たるようになりました。
すると、ついに先輩は、「ちょっと待ってね」と言って腕を後ろに回しました。
何をするのかと思ったら、ブラのホックを緩めました。
そしてブラを上にあげて、おっぱいを丸出しにしました。
初めて目にする生のおっぱいに僕は興奮しました。
先輩は乳首を手で隠して、「いいよ」と僕を促しました。
一瞬だけ見えた先輩の乳首に、頭がクラクラしていました。

それでも何とか頑張って絵を完成させました。
先輩は手で乳首を隠したまま、「すごいーい、やばーい、これ」と言ってとても喜んでくれました。
そして僕に、「記念に撮って」と言ってケータイを渡してきました。
手ブラで笑顔の先輩を写真に撮りました。
僕は勇気を出して、「僕も記念にいいですか?」と言ってポケットからケータイを出しました。
先輩は「うーん」と困った顔をしていましたが、「絶対に内緒だよ」と言ってOKしてくれました。

僕がケータイを向けると先輩は、なんとおっぱいから手を離し、上半身のヌードを見せてくれました。
きれいな先輩のおっぱいの上で僕が描いた蝶が舞っていました。

その写真は今でも僕の宝物です。