母と祖母がレズってるのを見て興奮した高校生の私

この体験談は約 7 分で読めます。

5年前の話です。
受験勉強で塾通いをしていて、いつも帰宅は23時過ぎでしたが、その日は急に休講となり、早く帰えられることに。
玄関からリビングに行くと、電気も消えているので、母も祖母も寝てるのかなと思い、大きな音を立てないようにしました。
トイレに行き、2階の部屋へ戻ろうとしたら、奥の寝室の襖の隙間から明かりが洩れてました。
まだ母が起きていて本でも読んでいるのではと思って近づき、そっと覗いたら、豆電球で照らされたベッドで、裸の祖母と母が抱き合ってました。
母が仰向けで足を開き、その股間に祖母が頭を埋めていきました。

私自身もう性知識もあり、すぐにその状況が分かりました。
その場から離れなくてはと思いましたが動けず、じっと覗いていました。

祖母がゆっくりゆっくり母のオマンコを舐めています。
母は悩ましい声を押し殺して悶えています。
クリトリスを舐めながら膣に指を入れ、ピストンをだんだん速めにしているみたいでした。

母「あ!イキそう!あ!あ!イク!あ~」

母は身体を痙攣させてイッたみたいでした。
私は堪らなくなり、2階の部屋に戻りました。

男と女のセックスは知っていましたが、女同志のを初めて目撃して興奮して、机を前にしても衝撃で勉強どころではなく、身体は震え、胸はドキドキしてました。
下着に手をやったらジュックリ濡れていて気持ち悪かったので、脱いだ下着でオマンコを拭き、下着を替えました。
ようやく気持ちも落ち着き、寝ようとベッドに横たわっていたら、またさっきのことを思い出して悶々してきて、さっきの行為を自分に置き換えた妄想でオナりました。

朝、母の話では、私が昨夜もいつもと変わらない時間に帰ってきたと思っていたみたいで、「仕事で疲れで早く寝ててごめんね」と言われました。
ホントは早く帰ってきて2人の行為を見たんだぞって言いたいけど、もちろん黙ってました。

当時の我が家は、父(42歳)が単身赴任中で、母(40歳)と私(18歳)と父の実母(61歳)の3人での生活。
母は会社勤務、私は高校で、祖母が家事をしています。

母と祖母の行為を見てから数週間が経った土曜日のこと。
母が勤務先から残業で帰宅が遅くなるとの電話があり、祖母と私の2人になりました。
夕食や風呂も済ませ、のんびりしていた時に、「お婆ちゃん!肩でも揉もうか?」と聞くと、「ありがとう。じゃあ寝床で」と。
祖母の部屋へ行き、寝床に座らせ、膝立ちで肩を揉み始めました。
揉みながらしばらくして・・・。

私「お婆ちゃん、怒らないで聞いて。この前ね、お婆ちゃんとお母さんのこと、見ちゃったの」

沈黙の後、「そう、バレちゃったの」と、そのまま肩を揉ませながらの返事がありました。
また沈黙。

祖母「見て、びっくりした?」

私「うん」

また2人で沈黙。
祖母が肩を揉まれながら、後ろ手で私の膝や内腿を擦ってきました。
されるがままで肩を揉んでたら、祖母は擦りながら語り出しました。

祖母「きっかけはね、お母さんも貴女と同じように、こうやって私の肩を揉んでくれてたの。その時に、『息子(父)が単身赴任だから独り寝は寂しいでしょう?』と聞きながら後ろ手で内股を擦ったら、『ありがとうございます、大丈夫です』って。『ホントに?寂しくない?』と言いながら内股や下着のクロっチ部分を擦ったの。一瞬ビックリしたみたいだったけど、『女同士だから分かるのよ』って言ったら、私の手を払いのけるでもなく、黙って擦られながら肩を揉んでくれてたの。それがきっかけ。だんだん大胆に触っているともじもじするから、『下着が濡れてきたみたいよ。独りでするより気持ち良いでしょ?』って言ったら頷いてくれたの。だからすぐに振り向いて、膝立ちのままで抱き合ったの。こら、尚子。話を聞いてて興奮してきたの?肩を揉む手は止まるし、下着も濡れてきたわよ」

祖母に下着の上からオマンコを擦られてました。

私「えへ、そうみたい」

祖母「じゃ、これから先は、お話より実演した方が良いみたいね」

そう言って祖母が振り向き、膝立ちで向き合いました。
抱き合ってお互い下着越しに擦り合ってると、唇が触れるか触れないくらいの軽いキスを祖母からしてきました。
私にとって初めてのキスでした。
私はまだ処女で、男性とはキスの経験もありません。
以前から興味はあったんですが、祖母の唇の柔らかさを感じて私はうっとりとなりました。

祖母は左手で私の乳房を弄り、右手で下着の上からオマンコを擦ってきました。
そして、「私にも同じようにして」と要求するので、私も祖母がしてくれたのと同じことを返しました。
そうこうしてると私は堪らなくなり、祖母を引き寄せて強くキスしたら、祖母が舌を入れてきました。
私の舌と絡めるようにされたら何とも言えない気持ちになり・・・。

私「この前のお母さんみたいにして!」

祖母が私を布団に寝かせ、下着を脱がせました。
祖母の吐息がオマンコに近づくと私は祖母の頭を撫でてました。
もう興奮で堪らなくなっていたと思います。
祖母の舌でクリトリスを刺激されたら・・・。

私「あ!いい~!あ!~あ!もうダメ!あ!イクイク!イク~!」

頭が真っ白になりました。

少しして、祖母が添い寝してくれたので、「おばあちゃん!下着脱いで!」と言いながら下着に手をやると、腰を浮かせてくれたので、すっと脱がせられました。
指でオマンコをなぞったり、クリトリスを摘まんだりしていたら、祖母のオマンコがジュックリ濡れてきました。
還暦を過ぎたのに、こんなに濡れるなんて感動しました。
先ほど祖母がしてくれたように、真似た動きでオマンコを舐めたり吸ったりしました。
膣口やクリトリスを舌で刺激し続けていたら、祖母の息が荒くなり、足を突っ張り・・・。

祖母「ああ!イキそう!あ!もっと強くして!あ!いい!イク!イクイク!イク~!」

祖母は痙攣しながらイッたみたいでした。

私「お婆ちゃん、ありがとう!お母さんが帰ってくる前に経験出来て、とっても気持ち良かった。じゃあ部屋に戻るね!おやすみ」

祖母はそのまま眠ったみたいでした。
部屋で机に向かい、ボーっとしてると、「ただいま、今帰ったよ」と母が部屋に入ってきました。

私「お疲れ様!今日は塾が休みで、お婆ちゃんとゆっくりしてたよ」

母「そう。私も疲れた!シャワー浴びて寝るね」

母が出て行こうとしたので・・・。

私「ちょっと話をしたかったなあ」

母「な~に?」

私「いや、今度でいいよ」

母「分かったわ。汗かいてるから先にシャワー浴びてくるね」

母は階下へ降りて行きました。
ベッドに寝っ転がってると母が上がってきました。
ベッドに腰掛けながら、「あ~サッパリしたわ。で、何?」と。

私「うん。実はね。黙っていようか悩んだんだけど・・・」

母「何々?」

私「この前・・・お母さんとお婆ちゃんの行為を見てしまったの」

母「え!?・・・」

私「見た時はビックリして腰が抜けたみたいに動けなくなったけど、ずっと見てたら、見てはいけないものを見た罪悪感でいっぱいになったのね。でも嫌悪感は全くなくて、興奮する自分がいて、好奇心からかずっと見てたの。ゴメンナサイ、ゴメンナサイ」

途中から私は泣き出していました。

私「でも、お母さんが可愛く見えたの。母親なのにね。見た後で部屋で下着を見たらジュックリ濡れてて、私って変なのかな?」

母は黙って聞いていました。

私「新しい下着に着替えて、寝なきゃ寝なきゃと思っても寝付けなくて・・・」

一瞬私が黙ったら母が、「私こそゴメンネ」と抱き締めてくれて、私は何も言わずに抱かれてました。

狭いベッドに2人並んで腰掛けて、母が教えてくれました。
父が単身赴任になり月一の帰宅しかなく寂しい日々が多かったこと。
その月一の時でもスキンシップも出来ないこともあり、独りで慰めていたことが辛かったこと。
それを祖母に気付かれたこと。
そして、祖母との行為も2年くらいになり、寂しさも薄らいだこと。
おかげで浮気にも走らず、夫一筋の生活ができて、祖母に感謝していること。
聞けば、私が高校生になって夜塾通いを始めた頃から始まったそうです。
同じ屋根の下で暮らしていて、今までよく隠せてこれたなあと思います。
まったく知りませんでした。
我が家は嫁姑問題がなくて、家族仲良く暮らしてていいなあくらいにか思っていませんでしたから。

私「だからお母さんは生き生きして若いんだ。私もイライラする時があって、その時はオナニーするの!ぐっすり眠れるからね。これって親子の会話じゃないね(笑)」

母「どんなところを見たの?」

私「お母さんがお婆ちゃんに舐めてもらいながらイクとこ!凄く興奮したよ。お母さん、とっても気持ち良さそうな顔をしてたよ」

母「もう!恥ずかしい!」

私「うんん、凄く可愛く見えた。思い出すと濡れてきちゃう」

母「こら、親子の会話か!」

私「えへ」

私が真顔になって、「ホントだって、下着が!」と言うと母が股間に手を入れてきて・・・。

母「ど~ら、あ!ホントだ、濡れてる!」

私「えへ、お母さんは?」

母の股間に手を入れると、シャワー浴びた後でなんとノーパンでした。

母「寝る前に穿こうと思ってて、そのまま来ちゃった」

そう言う母のオマンコはジュックリ濡れていました。
母が温風ヒーターを強め、床の絨毯に毛布を敷き、2人で寝転びました。
階下の祖母に気付かれませんように(笑)

お互い裸になり、抱き合い、キスし合い、うなじや乳首、脇など舐め合いました。
親子だという抵抗感などなく、69でオマンコの舐め合いといっぱい絡み合いました。
私は母のクンニでイキそうになり、「もうダメ!イキそう!」と言うと、母が「私もクンニして!指を膣に入れて掻き回して!」と言われ、私がしてあげると、「あ!あ!イ!イク!あ~!」と私のクリトリスにもしゃぶりつきながら痙攣してました。
私も母のクリトリスを吸いながら同時にイキました。
イッた後、母の乳首を舐め転がすと、身体をヒクヒクさせてました。

私「ここが私が生まれてきたところ!」

なんて言いながら母の膣口を舐めてると、「もう!恥ずかしい!」と。
母がこんなに淫乱とは知りませんでした。

その後、2人でこっそり階下に下り、浴室でシャワーの掛け合いや洗い合いをしたり、私が尿意を我慢していると、「いいからそのまま出しなさい」と母が言いだし、抱き合ってキスしながら、「あ!出る!」とオシッコしてると母も、「私も出そう!あ!出る!」と言うので、母の膣中を指で刺激するとオシッコが噴き出ました。

私の膣への指入れは、「まだダメ」と母に言われ、クリトリスの刺激で余韻を楽しみました。
そして2人で、祖母に気付かれていませんようにと願いながら、お互いの部屋に戻りました。

親子で!と批判もあるでしょうが、私たち親子は、この行為に何の抵抗もなく、より親密になったと思います。
今はもう私も、私を生んだ頃の母の年齢に近づきましたが彼氏はまだいません。
母や祖母との行為は、今も続いています。

追記。
母は小学生のころオナニーを覚えましたが、膣は小さい頃から大事にしなければいけないとの教えから、処女喪失は父だそうです。
淫乱のくせに、変に一途なところもあります(笑)
今は私にイク時に「中を掻き回して」なんて言うのにね。
アヌスに指を入れたり器具を入れたりすることは不衛生だからダメだそうです。
性器の舐め合いは大好きだそうです。
お父さんとのセックスは愛情行為で、私や祖母とのセックスは性欲発散行為だそうです。
両方出来る私は最高の人生なのかも。