俺のデカチンに興味を持った女医

この体験談は約 5 分で読めます。

こないだ病院に行った。
2年くらい前に行ったことのある病院で、そこは性病検査や治療をしてくれるところ。

受付でしばらく待った後、自分の名前が呼ばれて診察室に行った。
女医だった。
2年前に行った時は中年男の医者だったので、ちょっとびっくりした。

年齢は30歳くらい。
すごい美人ってわけじゃないけど、黒髪にキリリとした顔、白衣の下から伸びるストッキング姿など色っぽい雰囲気だった。
眼鏡をかけてたのも俺的にはポイントが高かった。

どんな症状か説明を求められた。

「タマの方にしこりのような違和感があって・・・」と答えた。

「排尿時の痛みとかは?」と聞かれたので、「それはない」と答えた。

2年前に性病治療を受けた時は、排尿時に激しい痛みがあったので性病だろうなと思って診察を受け、案の定、淋病と診断され、薬をもらって治療した。
今回はその時とは違って排尿時の痛みもなく、キンタマが重いというか、座っているとお腹の奥が痛くなるような・・・いまいち何の症状かわからず、病院に行ってみたというわけ。

カルテに何か書き込んだ後、女医が、「あっちのベッドに行って、ズボンとパンツ脱いでください」と言った。
『?』マークが頭に浮かんだ。
2年前に診察を受けた時は尿検査だけで、ズボンとパンツを脱いで俺のアソコを見せるなんてことはなかったからだ。
今回も同じように尿検査なのかなと思っていたから、(なぜに?)と思った。

「診察しますから、あっちで脱いでください」

女医は俺の『?』な思考を無視して問答無用で指示してくる。
疑問を感じながら、ベッドの方に行ってズボンを脱いだ。
パンツを脱ぐのを躊躇っていると女医が俺の目の前に来た。

「診察ですから、一気に下ろしてください」

それで俺は躊躇っているわけにもいかなくなってパンツを下ろした。
一瞬だけだが女医が目を見開いていた。
驚いているように見えた。

俺のはデカい、たぶん相当に。
平常時でも普通の男の勃起サイズくらいある。
勃起したらその倍近くになるから、かなりの大きさだという自負がある。
ただそのせいで、女性から拒否られた経験もあるから自慢できるわけでもないのだが・・・。

女医は、「ちょっと触りますね」と言った。

(へ?)と思った瞬間、女医が俺のキンタマを手のひらで触ってきた。
それから少し強めにニギニギと・・・。

「痛いのは右でいいですね?」

「はい」と答えると、「ちょっと失礼します」と女医が言い、そして俺の竿を握って持ち上げ、それから右の玉の周りをニギニギとしてきた。

気持ちいいというか変な気持ち。
色っぽい女医に俺のタマや竿を触られてる・・・という状況への興奮もあって、俺の竿は膨張しはじめてしまった。
膨張は止まることなく、一気に頂点にまで膨張した。
すると女医は握っていた竿を離し、右のタマ周辺を押したり触ったりしてきた。

「この辺、痛いですか?」

「・・・痛いというか、あっ」

「ん?痛い?痛くない?」

「痛くないです!」

その後も左のタマ周辺も少しと触られた。

「しこりはないみたいですね」

診察が終わったらしい。

「仕舞っていいですよ」と言われた。

しかし、俺のマグナムは天を向いて膨張している状態だ。
パンツもズボンも穿ける状態ではない。
そんな状態を察してか、女医はいきなり亀頭付近を握って俺の膨張した竿を眺め・・・。

「収まってからでいいですよ」

そう言って手を離した。

「は、はい、すみません」

なぜか謝ってしまう俺がいたが、それを無視して女医はベッドから離れ、座っていた椅子に戻り、何かパソコンを打ち始めた。
その後、なんとか膨張を収めた俺はズボンを穿き直して女医の前に座った。

「しこりはないので◯×△□×◯△ではないようです。でも、クラミジアの菌が睾丸まで行ってしまった可能性があるので尿検査しましょう」

そして尿検査。
結果は黒だった。

「やはりクラミジアです。抗生物質を出しますが、クラミジアが睾丸まで浸食した場合、通常よりも長期の治療が必要になります。3週間から1ヶ月、もしかしたら2ヶ月」

(マジ?そんなに長い期間、毎日薬を飲み続けんの?)

そう考えていた俺に向かって、女医が言う。

「治療が終わるまでセックスは控えてください」

再び、(マジ?)となってしまう俺がいた。
もしかしたら2ヶ月の間、セックス禁止ってこと・・・?

「ご結婚は?」

「してないです」

「恋人は?」

「いえ、いないです」

「じゃあ大丈夫ですね」

あっさり答える女医。
違うんだ女医さんよ、妻も恋人もいないけど、俺のこのビッグマグナムを喜んで受け入れてくれるセフレがいるんだ。
きっと、このクラミジアもアイツにうつされたんだろうなと思いながら、それでも2ヶ月、あいつともセックスできないとなるとそれはキツいわけで・・・。
そこで、「2ヶ月もかかるのってなんですか?」と聞いてみた。

「人によっては3週間で治る人もいますが、長い人だと2ヶ月くらいかかる場合もありますね」

俺が残念無念といった表情を見せたからだろう、女医はこう言った。

「1人でするのはいいんですよ」

つまりオナニーのことだ。

(ま、仕方ないか・・・)

そう考えている俺に女医が続けた。

「風俗も避けてください」

俺は風俗には行かない、というか前に風俗に行って、俺のチンポがデカいからと拒否られたことがトラウマとなり、それ以来行っていない。

「風俗は行ってないです!」

ちょっと大きい声になってしまった。
少し考える様子の女医。

「身体の関係がある女性がいるってことですか?」

「・・・はい」

「その女性にも性病の診察を受けるように伝えてください。感染している可能性が高いですから」

なんと冷静なお言葉。
そうだろうな、ここ1年、セックスした相手といったらアイツしかしないから、そういう事になるんだろうな。
ただ俺のこのサイズを受け入れ、そして喜んでくれる貴重な存在でもある。
アイツがセックス好きで他に男が複数いるのも知っているが、それでも俺にとってアイツとのセックスは大切だった。

そんな事を考えていると女医が、「もしも複数の女性がいるなら、全員に伝えてください」と言った。

「いないです!1人です。他の女性には入らないことが多いから・・・」

最後の方は、余計なことを言っていることに気づき、ちょっと小声になっていった。
しかし女医は、それを聞き逃さなかったらしい。

「なかなか珍しいサイズですからね」

さらっと言われた。
性病の医者だから、何百、もしかしたら何千といったチンポを見てきたはずの女医にとっても俺のサイズは珍しいんだな、と思った。

「やっぱり、そうですよね・・・」

「なかなか・・・そうですね、あまり、いないですね」

「これのせいで色々苦労もあったので・・・」

「それぞれ好みはあるでしょうけど、大きいのが好きな女性もいますから、その女性を大切にしてあげてください」

なんだか性病の診察とは関係ない話になってきてしまっていた。

「大きいのが好きな女性もちゃんといるものですか?」

今のセフレがそうなんだが、しかしあいつは男遊びも激しいし、かなり希少な存在とも思っていた。

「それは、いると思いますよ、人の好みですから。私も大きい方が好きですし・・・」

そう言うと女医は、ハッとしたような顔をした。
それからさっと机に向かって、「検査するので来週も来てください」と、診察終了!ピシャリ!といった感じで言われた。

(「大きい方が好きですし」というのは、俺のビッグマグナムに興味ありってことか?)

ドキドキ感を覚えつつ、診察終了を告げられた俺は立ち上がった。

「ありがとうございました」と言って診察室を出ようとすると、女医が声を掛けてきた。

「ちょっと」

名刺を渡された。

「一応、渡しておきます」

名刺の裏には携帯電話の番号が書かれていた。
ドキドキ感が燃え上がってしまい、「あ、ありがとうございます!」と、大きな声で発してしまった。
それに恥ずかしさを覚え、その後すぐに診察室を出た。
薬をもらって帰り道、女医から教えてもらった携帯電話にメッセージを送った。

『今日はありがとうございました。ちゃんと薬を飲んで頑張って完治を目指します!』

返事は、その日の夕方だった。

『完治したら会いましょう』

それから俺は毎日、ちゃんと薬を飲んで治療に励んでいる。
完治した後、女医とどんな事になるのか想像を巡らせながら。