可愛い人妻を事務所に呼び出して手コキしてもらった

この体験談は約 3 分で読めます。

私は53歳、小さい会社を経営しています。
今日はあいにくの天候、暇になりそうなので今一番のお気に入り、33歳の人妻さんに連絡。
少しお話してから、「暇だし、お茶しに来ない?」と誘ってみた。

「まだお茶碗洗っていないし~」

人妻ならではのお返事。

「帰ってから洗えばいいじゃん」

「う~ん、じゃあパッと洗っていくね」

30分後、ジーンズに薄手のTシャツ姿の人妻がご来店。
他には誰も居ません。
お客様用のテーブルを指して、「ここでいい、それとも事務所がいいかな?」とお客様用には座らせる気もないのに聞いてみる。

「どちらでもいいですよ」

可愛い返事を聞いて、迷わず誰の目にも届かない事務所へご案内。
落としたてのコーヒーを出して少し世間話。
綺麗というよりも、可愛らしい感じの奥様。
俺は平静を装っているが内心ドキドキしていた。
椅子に座ってる彼女を後ろから抱き締め、「アッ」と言った口を塞ぐようにキス。
とても平静を装うことは出来ず、男の本能がざわめいた。
舌と舌の絡ませながら、右手でTシャツを捲り上げる。
勝負下着というわけではない普通のピンクのブラジャーが、むしろ興奮を掻き立てる。

「誰か来るからダメ~」

「じゃあちょっとお出かけしたことにして、ドアに鍵掛けて来るね」

安心した熟女とまったりとキスをして、ブラを露出。
人差し指でブラを少し下げると、小指の先程の乳首が露わに飛び出した。

「イヤ~ン、明るい~」

ぶりっ子に萌え。
要望通り電気を消したものの、窓からの明かりでかえって淫らな雰囲気に。

「イヤって言ってるけど乳首が立ってるよ」

「だっていやらしいことされてるもん」

「じゃあ舐めたらどうなっちゃうの?」

「知らなーい」

本当は知ってるんです、気持ち良くなるのを。
まず白くて大きな乳房をブラからはみ出させ、ゆっくり視姦して楽しむ。
それから彼女に見せつけるように乳首に舌を近づけていく。
彼女の呼吸は舌が乳首に到達する前から乱れている。
顔が近づくに連れ、彼女の乳房からいい匂いが漂ってくる。
甘~い女の香り。

「今、生理だから・・・」

ガーン!

これからジーンズを脱がせておまんこを舐める予定だったのに。
もうチンポはズボンの中で行き場を失っていた。
すると、察した彼女がズボンの上からチンポの形をなぞり始めた。
あまりの気持ち良さに我慢汁でズボンが湿っていく。

「濡れてきた~、凄~い」

可愛い人妻がブラから両乳首を出してれば当然のこと。
我慢汁が出ないわけがない。

「見る?ヌルヌルだけど」

「見る見る~」

ようやくチンポはズボンから解放され、彼女の手の中に。
親指で亀頭のヌルヌルを弄び、握って上下にしごきはじめる。

「やばいよ~、出したくなるじゃん」

「出して・・・見たい」

「恥ずかしいからダメ」

「出るの見たことないから見たい!」

可愛い顔で言われるとたまらない。

「じゃあ手に出すよ。いい?」

「うん、いっぱい私の手の中に出して」

彼女の手コキが速くなり、射精感がこみ上げてきた。

「出る!」

広げた彼女の手のひらにドピュッ!
彼女は感激した様子で見入っていた。

初めての体験で興奮した彼女と来週、この続きをラブホでする約束。
3時になり、保育園に子供を迎えに行かなければと、すっかり母の顔に戻った彼女がお店を後にした。
本当に可愛い人妻さんだ。

タイトルとURLをコピーしました