弟たちにオナニーを覗かれて

この体験談は約 2 分で読めます。

私は17歳の頃、弟二人(当時12歳と14歳)に、オナニーを見られたことがある。

弟たちがすっかり寝静まった頃、何故かむらむらっときて、下半身全脱ぎでおにゃにスタート。
思い切り脚広げてアソコいじってたら、寝てると思ってた弟たちがドアのところで覗いてる事に途中で気づいた。
普通だったらすぐ止めるとこだったんだけど、かなりな興奮状態だったのと、もともと“見られたい願望”みたいなものが当時からあった私は、ドアに向かって脚をさらに広げ、見せ付けるみたいにしてアソコを指で広げて腰をくねくねした。

「私は気づいてませんよ、おにゃにに夢中なだけです」みたいな感じに、お尻をくねらせて喘ぎまくりながら、“弟たちに見られてるんだ、おまんこもお尻の穴も・・・”なんて、恥ずかしさに興奮しながら見せ付けた。

もう気分はAVの登場人物か官能小説の主人公。

「いやぁ、見ないで、そんなところ見ないでぇ、だめぇ」とか、心の中で気分たっぷりにいやいやをしてたw

今思うとおかしい。

四つん這いになってお尻を突き出したり、M字開脚でアソコを広げたり、Tシャツを捲り上げておっぱいまで見せつつ、何もかもを弟たちに見せまくった。
で、結局最終的に大股開きでイく姿まで披露しちゃった。
イくまではノリノリで興奮しまくってたものの、イッた途端に我に帰って全身が火照った。
と同時に冷や汗が・・・。

でも何故か、一度スイッチの入った私の“Mモード”は続いてて、弟たちが立ち去るまでドアに向かって、ぐちょぐちょに濡れまくったアソコを大股開きで晒していた。
(脚が恥ずかしさと興奮で震えました)
またイッたあとも、弟がずーっと見てるんだ・・・ww

「もう、勘弁してえ」って言うところだった、もう少しで。

そのあと、見られたことを思い出し、もう一度おにゃにぃ。
後日、弟たちに「オマンコ見せて」と言われましたが、丁重に断りつつ、その時に言われた弟たちの言葉責めっぽい意地悪な言葉に濡れちゃって・・・。
結局、一度だけという事で直立の状態でパンツを脱いで見せた。

今でもよく思い出してはオナってます。
・・・変態だなあww私・・・