偶然再会した後輩のお母さんと自宅で密会

この体験談は約 4 分で読めます。

営業でデパートの店舗回りの最中に、高校の時に部活で目を掛けていた後輩のお母さんと偶然ばったり出くわした。

(もうあいつのお母さんも50歳ぐらいだよなぁ)

心の中でつぶやきつつも、年齢の割にスタイルもよくて、服の上からでも胸が大きいのがわかった。
ちょうど昼時だったので、ランチを兼ねてお茶に誘った。

「高校のときは息子のことで色々お世話になったわ。でもまさかこんなところで信ちゃんに会えるなんてすごい偶然よね」

お母さんは何だか嬉しそうにしてくれていた。
今、旦那さんは地方に単身赴任中で、後輩である息子も外資系で働いてるとかで海外勤務なので、「気軽なプチひとり暮らしよ」と笑っていた。
他人に言ったことはないが、俺は大の熟女好きなので、後輩のお母さんをいつの間にか女として見てしまっていた。

「ひとりじゃ夕飯も味気ないでしょ?」と、今週中にでも一緒に夕食でもどうかと誘うと意外にも喜んですぐにOKしてくれた。

週末、俺の仕事帰りに待ち合わせをして、小洒落たイタリアンのお店で食事をした。
お母さんはちゃんとお洒落して来てくれたので、デートみたいで俺もウキウキしてしまった。

お母さんはちょっとテンション高めで、「ひとりだから最近は外食なんかしないから、こんな素敵なお店に連れてきてもらえて嬉しいわ」と食事中も楽しそうに色々と話してくれた。

2人して色々と思い出話に花が咲き、3時間ほどお店にいただろうか。
すっかり遅くなってしまったので、帰りはタクシーでお母さんを家まで送ってから俺も帰宅した。

後日、お母さんから、『先日のお礼をしたいの。今週末は信ちゃん空いているかな?』とメールが来た。
俺は、『特に予定はないですよ』と答えた。
すると折り返し、『お食事だけじゃなんなので映画でも観た後にお食事でもしましょう』と再度のメール。
俺はOKと答えた。

当日、封切りしたばかりの映画だったみたいで館内は満席。
映画が始まって暗くなると、すぐに俺はお母さんの手を握った。
そしてしばらくして俺は膝に置いてあるコートの隙間に手を入れ、お母さんの太ももに指を這わせ、パンスト越しになぞるように触った。
お母さんは嫌がる素振りを見せなかったので、少しずつ太ももの内側に指を這わせて、スカートに中に手を侵入させた。
さすがにそこまですると嫌がるかと思ったが、なんとお母さんは触りやすいように少し足を広げてくれた。
何だか痴漢しているようで興奮したが、そのまま遠慮なくスカートの中に手を進め、パンスト越しにお母さんの割れ目に手を這わせた。
お母さんは何事もないかのように正面を向きスクリーンを見据えていたが、明らかに鼻から大きく息を吐く音が聞こえ、お母さんも興奮しているのがわかった。

俺はお母さんのアソコを直接触りたくて、パンストの上から手を入れ、さらに下着の中に手を入れて直接触った。
割れ目に手が届きアソコを触ると、すでにビチョビチョに濡れていた。
すぐにクリの位置を探り当て、指先でコリコリした突起を刺激すると、お母さんは俯いて必死に快楽に耐えているように見えた。

しばらくクリを刺激し続けていると急に体をビクンっと痙攣してイッてしまった。
お母さんは俺の手を押さえ、「もうだめ・・・」とばかりに俺を見つめて首を横に振りながら哀願した。
俺の意志表示として、お母さんの手を取って自分の勃起したペニスをズボンの上から触れさせた。
映画の途中だったが、もはや内容など入ってきていなかったので、お母さんの耳元で、「もうここ出よう。俺、お母さんとしたいです」とストレートに言うと、「じゃあ、これから信ちゃんのお部屋に行っていい?」と聞いてきた。
映画館を出て、そのまま俺の部屋に行った。

俺の狭い部屋に上がるなり、お互い激しく抱き合い、貪るようにキスをした。
お母さんはそのまま俺をベッドに押し倒すと、我慢ならないとばかりにズボンもパンツもズリ下ろし、シャワーも浴びてない俺のペニスにむしゃぶりついてきた。
いつの間にか俺を全裸にすると、ペニスを咥えながら自分で服を脱いでお母さんも全裸になった。

お母さんは恥じらいもなく、後ろ向きに跨がって俺にアソコを晒してきた。
俺も負けじとお母さんの割れ目に吸いついて、それからはシックスナインの体勢でお互いの性器を舐め回し合った。

「あぁぁ、こんなに久しぶり・・・。信ちゃん、私のことメチャクチャにしていいのよ」

お母さんは色っぽい声で悶えていた。
俺はもう我慢できなくなっていたので、お母さんをそのまま四つん這いにさせ、後ろからペニスを挿入し、ペース配分も考えずに思いっ切り腰を振っていた。
俺はすぐに射精感を催してしまった。

「お母さん・・・、俺・・・もうイキそう・・・」

「あぁ、お願い・・・中で出して・・・。お願いだから信ちゃんのいっぱい中に出してちょうだい」

俺はそのまま、お母さんの大きな尻を後ろから抱き抱えながらアソコの中に射精した。

その日、お母さんは俺の部屋に泊って行き、朝まで寝ずに4回もして帰って行った。
正直、お母さんの性欲にはびっくりしたが、すっかり俺は熟女のテクニックにハマってしまった。
お母さんもこの日以来、週末になると当たり前のように俺の部屋に泊りに来る。
そして2人でセックス三昧の日々を送っている。