男だらけの職場に舞い降りたドMな天使

この体験談は約 6 分で読めます。

俺の話を聞いて欲しい!

俺はちょっとお堅い感じの合同事務所で働いてるんだけど、社員は俺も含めて5人。
全員男なわけ!
そんなもんだから職場での出会いなんて全然あてにしてなくて、週末に思いっきりハメを外すくらいが楽しみだったんだよ(泣)

でも、突然!ホント突然ね!
朝、いつも通りダリーって職場に着いてドアを開けたらそこに天使がいたのね。
色白で顔なんか本気で可愛いの!
何よりおっぱいがいい!!

所長が「おー、今日から事務員入れたから、なんでもさせてやってー!」って。

おっさん、なんなんすか~このサプライズ!
いやホントありがとうございます。

仮名つけるね。
女は『ユミ』。

で、ユミが入ってから男どもの口数の多いこと多いことw
お前ら、普段喋んないじゃん!
いや、俺もだけどさ、お前らもっと喋んないじゃん!
まぁなんつーかスゴイね。
女の子1人入るだけで、こんなにも職場が明るくなるんだね、うんうん。

で、所長の次に偉いのが俺なのね。
当然、教育係に任命されるわけなんかないのよ。
普通に一番仕事が少ない奴が教育係なわけ。
なんだろね、嫉妬したなーw
まぁでもそいつ優しい奴だから、ユミが「こんな仕事イヤだ!」って辞めることもないだろうって納得してたの。

そして俺は所長が働くの嫌いだからって、ほとんど仕事の振り分けとか任せられてるんだけど、必然的にカリカリしちゃって、怒り役みたいな感じのポジションにいるわけ。
ユミの電話対応とか悪かったり、知りもしないのに適当に客に返事しちゃったりとかあると教育係に怒鳴ってたんだわ。
でも、そのたびにユミは、「すみませんでした!以後気をつけます」って深々と頭下げて、なんかメモとってんの。
そして、ちゃんと学習してんのね。

(あー、コイツは仕事が出来る奴だなー)って感心。

で、仕事にも慣れてきたから、役所にお使いに行かせたり、書類作らせたりしてたある日、ユミがとんでもないミスしちゃったのね。
損害賠償出ちゃうよコレ?ってやつ。
なんとか俺が裏ワザ使って納めたんだけど。
まぁキレちゃって、ユミに初めて面と向かって怒鳴り散らしたんだよね。
そしたらユミが涙流すのを我慢して、ひたすら「すみませんでした」って謝んの。
俺の目をジッーと見て真剣に謝るユミに萌えるわけ!

いや、これはダメだ!
可愛いは正義だわ!
許しちゃうw
もぉ怒ってないよw

でもみんなの手前、「次したらお前いらない」って調子乗っちゃう俺な!
ユミは「ふぁぃ!!」って涙声でお返事するわけ。
てか完全に泣きながら、真っ直ぐに目を見ながらな。

俺、そこでさ、勃起してきたんだよねw
いやー引くよね?w
でもまぁギンギンになったね。
そそくさと机に向かって仕事する俺な。
勃起を隠すために。

ユミはしばらくして泣き止んでいつも通りに仕事始めたんだけど、なんか俺に用事がやたら多いの。
いや、異常に俺の近くをウロウロしてんの。

俺「お前なに?することねーの?」

そしたらビクっ!ってなって・・・。

ユミ「ぃゃ、先生の仕事を見て勉強しよっかなーって」

ホント可愛いな。
なんだコイツ。

俺「ふーん。てめーにできること、なんもねーけどな」

ユミ「ふふ」

(えっ~~、なんで笑ったの?)

ユミ「先生。さっきはすみませんでした。あと、顔にインクついてますけど。あはは」

そうなんだ。
ユミは怒られても引きずらない。
そこがいい!

俺「てめー、ずっと気付いてたろ?言えよ、このやろーw」

ユミ「あははwだって怒られてる時に指摘できないですよーw」

笑ったら八重歯が出て尚更可愛い!

(あー、コイツとヤリてー、我慢できないかも)

うん、悪い癖が出てきたわけ。
まぁ思うだけで終わるのがいつもの俺なわけで、その後もちょこちょこユミが失敗するたびに怒ってたのね。

で、ある日。
事務所に俺とユミの2人だけしかいなかったんだ。
仕事もその日のやつは終わらせてて、俺は暇すぎてユミに絡んでやろーって気になって。

俺「おい」

ユミ「はい」

俺「バーカ」

ユミ「ふん!」

俺「おい」

ユミ「はぃ?」

俺「ちょっと来い」

ユミ「もー、なんですかぁ?忙しいんですよー」

黙々と仕事をするユミ。
調子に乗る俺。

俺「こら。来いって言ったろ?聞こえたんなら来い」

ユミ「はぃ」

顔赤らめてる。

(えっ?何、その感じ?)

顔が赤いの。
明らかにエロいのよ、反応が。
そんな雰囲気ってあるじゃん?
まさにそれ。

その時、俺は確信してはいなかったが、(ひょっとしてMなんでは?)って、思ってはいた。
確認の為にもう1回、俺の目の前に来たときに試してみた。

俺「てめぇ、俺が呼んだらすぐ来いよ?なぁ」

ユミ「はぃ、すぐ来ます」

ユミのタレ目がトロ~ンってなってんの。
下唇もキュッて結んで。

(エロい!コイツM!たぶんドM!)

まぁ、でもどうしようって。
もしさ、俺のチンコレーダーが間違ってたらさ、ヤバいよね?
俺の立場ないよね?
だから考えたね。
どうするかな?
いっちゃうかな?

俺「ストッキング、いいね」

(なに言ってんの俺?え?)

俺、マジで心の声が出ちゃってさ。

ユミ「・・・へ?ストッキング?w」

俺「ぅん・・・エロい」

はい、壊れた。
でも、この時の俺の判断は正解だったのよ!

ユミ「やだぁ。エロぃ?」

可愛い反応w
これはイケるのか?
よし!

俺「エロいね。マジで。てかさ、パンツ見せろよ」

この時点で仕事辞める覚悟はした。
独立時期だったし。

したらユミが、「・・・ん、ここでぇ?エロ」って。

(ドMだ!ドMがいる!!)

でもパンツ見るにはストッキング脱がさなきゃじゃん?
他の奴ら、いつ帰ってくるかわかんないよ!もー!
冷静になる俺。

俺「とりあえずさ。トイレでパンツ脱いで来いよ。で、俺に持って来い」

俺暴走~~。

ユミ「やだぁ、んー、今ですかぁ?」

上目遣い。
俺のが下の位置にいるのに上目遣い。
顔がエロ。

俺「早くしろよ!」

ってユミの脚を手でパーン!

ユミ「ん!エッチ」

顔がエロ。
で、なんかスーツのスカートをモジモジさせながらトイレ行ってんの!
キタネ!コレ!
まぁチンコ勃起が半端じゃない。
けど、自分でやってて後悔。
だって帰って来るもの!
他の奴ら、そろそろ帰って来るもの!!

案の定、ユミがトイレに入ってる間に1人が帰ってきた。

空気読んで?
なんで今?

一気に萎えるチンコ。
ユミもトイレから出てきて、「わっ!」とか言ってんのw
社員は、「えっwただいまー」とか言ってんの。

ユミ「おかえりなさいw」

俺「はい、おかえりーw」

まぁ明日だな、我慢しよ。
って思ってたら、ユミが俺の横に来て、社員に見えないように俺のスーツのポケットになんか入れたのw

(あっ、アレなの?もしかして!)

そしてなんも言わずに自分の席に座って仕事するユミ。
スーツのポケットに手を突っ込むと、柔らかい布が!
まだあったかいし!
テンションマックス!!
真顔でトイレに入る俺。
ポケットの中身を確認。

うほぉーーーい!!!
パンツや!!
薄ムラサキのエロいパンツや!!
たまらん!
シコるか?

したらLINEがピコン!って。
ユミちゃんや!!

ユミ『ダメですよ?まだ』

とりあえず萌え。
俺もLINEで『仕事終わったらいいんだ?』って。
したら、『ん』ってだけw

なんでしょうね、これは?
イタズラかな?誰かの?
小さいおっさんが時計でも弄ってんの?

で、ユミが定時に帰る。
その2時間後に俺たちが帰る。
速攻です!
エロい天使に電話です!

俺「もしもし。今どこ?」

ユミ「あ、お疲れ様でした。今ぁ、家出ますね?どこ行けばいいですか?」

俺「んじゃ、ファミマに来て」

ユミ「はぃ」

もぉヤバいの。
特にチンコが。

ファミマの駐車場に車停めて待ってたらユミがトコトコ歩いてきた。
アレ?着替えてる。
私服で可愛いワンピースにカーディガン羽織って。
高校生か!ってくらいキャピキャピな感じで。
で、助手席に乗せてとりあえず出発。

ユミ「ゃあ~、なんか恥ずかしぃですね、あははぁ」

俺「なんで着替えたの?」

ユミ「えー、だってスーツだと仕事って感じだし、時間あったし」

まぁ当然だよね。
普通は着替えるんだけどさ。
俺が気になってたのはパンツなわけ。
わかる?
ここでもし穿いてなかったらエロくない?
それってかなりエロいよね?
変態だよね?

俺「スカート捲って見せて」

ユミ「やだぁ」

もぉ声だけで興奮w

俺「確認したいんだけど?」

ユミ「・・・ん、でも・・・やだぁ・・・」

顔真っ赤w

俺「次の信号で停まったら捲って見せろよ?」

ユミ「・・・はぃ」

Mって本当にいいよね。
で、赤信号。

俺「赤だね?」

そしたらユミがゆっくり自分でスカート捲りあげるのw
すかさずルームライトぽちーっ!

ユミ「だめ!はずぃw」

俺「こらw早く捲って?てか早くしろ、まじで」

ユミ「はぃ、エロぃ、先生」

って捲りーw
はい、来ました。
ノーパン。
やっぱり出来る子だな、この子。
なんてエロいんでしょうw

俺「すっげー変態」

ユミ「ズルい!先生がパンツ脱がせたんじゃん」

俺「でも家帰ったら穿くよね?普通」

ユミ「先生が変態だもん・・・」

小さい声で下向きながら。
萌え!

俺「そうだね。俺が命令したもんね、偉いね」

ユミ「ぅん、先生が変態ですょ、ぅん」

そのままラブホに直行ですよ!