大学時代、教授からマゾ調教を受けていました・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

誰にも言えない、私の秘密です・・・。

それは大学1年が終わった春休みでした。
私の家庭は貧しく、奨学金で学び、アルバイトで暮らしていた私に、生活費の援助と引き換えに、ある実験の被験者を引き受けてくれないかとの申し出がありました。
教授は実験の必要な研究をしているわけではなく、それは被虐実験でした。
要するに卒業するまでの3年間、教授のマゾ調教を受ける愛人にならないかということでした。

「君は大人しくて見た目が幼く清純そうだ。そんな朴訥とした女の子の方が相応しいんだよ」

こうして私は月額10万円、処女であることがわかると、処女喪失手当て50万円で教授の被虐被験者となったのです。

教授は私を都内の古いマンションに連れていきました。
そこは教授が女子学生を連れ込んで陵辱するために借りているようでした。
過去に、この部屋で何人の女子学生が辱められたのだろうと思いました。

教授は私に被験時にはおさげ髪になるよう命じました。
そしてセーラー服を着てマゾ調教をされるのです。
撮影されるから、日常と違う髪形のほうが私個人を特定し難いだろうという配慮もあったと思います。
しかし私より綺麗な女子大生もいる中、小柄で童顔の私を選んだ教授にロリ癖があることは明白でした。
数台のビデオカメラに囲まれた部屋で、私はセーラー服を着たままベッドに大の字に縛られ、陵辱を受けました。

そのビデオが編集されたものを見せられました。
私の目にはモザイクがかけられていました。
古典的なセーラー服を着た画面の私は、一見すると田舎の垢抜けない女子高生でした。
スカートを捲くられ、パンツの上からバイブレーターで刺激されました。
今まで感じたことのない強烈な快感に私の顔が歪んでいました。

「おやおや、処女だというのにパンツに染みができてきたぞ」

足を閉じようにも縛られていてどうにもなりませんでした。
そのパンツもハサミで切られ、私の濡れたワレメが露わになりました。
そのワレメに直にバイブレーターで振動が与えられ、私はビクビク痙攣しながら自由の利かない体で必死に刺激から逃れようとしていました。
逃げるのも無駄骨で、疲れ果てて逃げる気力も失った私はされるがままになり、性的快感にガクガク体を震わせていました。
すると教授はバイブレーターを私の膣口に宛てがい、ゆっくりと挿入していきました。

「ヒィーーー、痛い、痛い、ヒイイーーーーーー」

私の処女膜は、陰茎ではなくバイブレーターに突き破られてしまいました。
膣内で振動するバイブレーターは、前後に動かされなければ次第に処女喪失の痛みを麻痺させ、痛みの中に快感を生じさせていきました。
でも時々教授が前後に激しく動かすので、「ヒイッ!ヒイッ!」と、私は痛みに体を捩っていました。
こうして私はバイブレーターに処女を捧げて被虐実験が始まったのです。

後日、教授に呼び出されたおさげ髪の私は、例のマンションで今度は裸にされました。
教授は初めて見る私の、身長156センチ、80・57・81の貧相な全裸を見て言いました。

「フッ、貧乳だな。19歳なのにまるで子供みたいな体だな」

私がコンプレックスを抱いている貧乳に触れられて、恥ずかしくて顔を真っ赤にしました。
すると教授は私をX字の磔台に縛りつけ、今時懐かしいアルミ製の洗濯バサミを取り出し、私の小さな乳首を挟みました。
ツーンと痛みが走ったところにバイブレーターを取り出して、洗濯バサミに振動を与えました。

ビビ、ビビビビ・・・。

いわゆるイタキモです。
何とも言えない切ない快感が襲い、モジモジしてしまいました。

「フフ、これ、ピンクローターって言うんだぞ。これを洗濯バサミに取り付けてと・・・こっちもやるか」

そう言うと洗濯バサミでクリトリスを挟みました。
脳天に突き刺さるような痛みに思わずビクンと跳ねました。
どうやら、そこにもピンクローターというものが取り付けられたようでした。
ビイーーーーーという音と共に、痛さと気持ちよさが入り混じる切ない快感が全身を包み、私は磔にされたまま悶えました。

教授は私が切ない快感と戦っている姿をハンディカメラで撮影していました。
私は何度も気を失いかけ、最後は気絶して磔台にだらしなくぶら下がったようです。
気がつくと教授が私に覆いかぶさり、陰茎を私の膣内に挿入して腰を振っていました。
初めて経験する性交でした。
処女膜はバイブレーターに破壊されていましたが、それでもまだ痛みがありました。
でも教授の陰茎は硬く冷たいバイブレーターとは違って人間の交わりを感じました。
激しく教授に体を揺さぶられ、引き抜かれた陰茎が私の顔に向けられて、精液をかけられました。
男性が射精するのも精液を見るのも初めてで、ただ呆然としていました。

「ホレ、よく見なさい。百合が初めてチンポをマンコに受け入れた記念すべき動画だ」

気絶している私の膣口に、白髪交じりの教授の陰茎がめり込んでいきました。
教授の陰茎が出し入れされてしばらくすると、教授の陰茎が少し赤く染まっていきました。
処女膜の残りなのか、それともバイブレーターで出血した場所が完治していないのか、大した量ではありませんが私の愛液にも血が混じっていました。
教授の陰茎が抜かれると、ポッカリと膣口が口を開けていました。

今年の12月に私は27歳になります。
なので、7年前のお話になります。
私は週2回、おさげ髪のセーラー服少女姿で貧相な肉体を陵辱されていました。

「お前はペチャパイだから上半身は脱がんでよろしい。セーラー服を着たままで構わんよ」

私は下半身だけ脱がされて、何度もバイブレーターでイカされているうち、セックス以外のことを考えられなくなります。

「教授のおチンポを入れてください。私のオマンコにおチンポをぶち込んでください」

そういえば、やっと教授の陰茎を入れられます。
教授は私の感じる場所を知っていて陰茎で集中攻撃されますが、イキそうになると焦らされてを繰り返して徹底的に嬲られます。

「お願いします。イカせて下さい。教授のオチンポで私をイカせて下さい」

私は懇願します。
そして教授の陰茎が入ってきたら、もう痙攣が止まりません。
自分から腰を振って膣壁に陰茎を擦り付けます。
心身ともに調教された私はセックスの快感で感情も理性もなくなります。
ただ淫らに快楽を貪る淫女になります。

おさげ髪にしてセーラー服を着ると、切ない純情とマゾの欲情が絡み合い、虐められる快感とバイブの刺激による快感を勝手に期待するようになりました。
おさげ髪とセーラー服は、私のマゾへのスイッチでした。

大学3年が終わる頃には膣だけでなく、私は肛門でも教授の陰茎を受け入れるようになっていました。
生理の時や膣外射精の場所として、私は肛門を調教されたのです。
セーラー服を着て四つん這いになった私の肛門に、シリコン製でピンポン球より一回り小さいボールが10個くらい連なった物を一つずつ入れられました。
8個くらい入れられると、「ボールが抜けないように肛門を締めろ」と言われて、力を入れても、ゆっくりボールが引き抜かれます。
ポコッと出てしまうと、「もっと力を入れてボールと戦え!」と叱られて、連なったボールを前後に動かされます。
肛門だけでなくお腹の中も刺激されて、ウンチを我慢するような切ない感覚になって、「アアァ~~~、ごめんなさ~~い~」と泣きべそをかいてしまいました。
それでもポコッポコッポコッとボールが引き出されてしまい、その都度感じる括約筋を刺激しながらすり抜けるボールの変な気持ちよさに、「アアン、アアン」と喘いでしまいました。

回数をこなすにしたがって、それは何とも言えない快感となり、次第に教授の陰茎でその快感を感じてみたくなりました。
肛門と膣、二つの穴を同時に塞がれると、イッてもイッてもイキきれない思いで気が狂いそうになりました。
イッてしまっても責めを止めないで欲しいと願い、いつまでも感じていたい、イキ地獄に身を投じることができるなら何でも言うことを聞く真性マゾになりました。

教授にシリコン製の柔らかいボコボコした淫具を渡されて、ワンワンスタイルで肛門にそれを入れてオナニーさせられました。
おさげ髪のセーラー服少女が、スカートを捲って肛門に淫具を出し入れして、「ハアーーーー、ハアーーーー」と吐息を漏らす様子も、教授にビデオカメラで撮影されました。
みっともない行為を撮影されただけで膣口から透明な液を溢れさせていました。

教授に山奥の小屋に連れて行かれたこともあります。
昔、炭焼き小屋だったであろうその小屋で、私は仰向けで足を抱えて肛門を晒し、巨大な浣腸で牛乳とヨーグルトの混ぜたものを注入されました。
そして肛門にはさらに、ゆで卵、ソーセージ、ウズラの卵を入れられて、プラグで詮をされて沢に連れ出されました。

ちょろちょろ流れる沢を跨いでプラグを抜かれると、上半身セーラー服のおさげ髪少女が排泄を必死で我慢していましたが、肛門から白い液体と共にウズラの卵をポロポロ出して、ブリブリッという音と共にソーセージをニョロニョロ出して、最後はゆで卵が顔を出し、スポンと抜けるとジャーっと白い液体に混じって茶色い物体も沢に流れました。
とても他人には見せられない恥ずかしい排泄シーンも、教授はしっかり撮影していました。

肛門と膣の両方に淫具を入れてオナニーするセーラー服少女も撮影されています。
淫具が膣壁と腸壁を隔ててぶつかり、あまりの快感にブリッジして腰を振り、最後はおさげ髪が解けるほど首を振ってイッてしまうのです。
もちろんその後は教授の陰茎で膣壁を打たれ、最後は後背位で肛門に精液を受けるのです。
編集した映像を観ると、肛門からダラダラと精液を垂れ流す女の子の目にモザイクがかかっていましたが本当に高校生に見えました。
自分で言うのもなんですが、セーラー服におさげ髪の私は、地方に住む清純そうな女の子に見えました。

そんな変態マゾ調教も3年が過ぎ、卒業する時がやって来ました。
教授にお仕えする最後の夜、セーラー服を全て脱がされ、お下げ髪を解かれてベッドに横たわりました。
3年間責められて、変色気味の陰唇を摘んで開かれ、優しくクンニリングスされました。
穏やかな快感に包まれながら、小さな胸を揉まれ、乳首を摘まれ、快感で膣口が濡れていくのを感じました。

教授の陰茎を頬張り、それを膣内に埋められました。
ゆっくり私の膣壁を触診するようになぞられて、私の体は宙に浮いていきました。
羞恥もなく脳天を貫く快楽はありません。
イキそうになったら焦らされ、そのまま快感にまどろむようにイカされました。

「百合、これが普通の愛のあるセックスだよ。もう、お下げ髪をしちゃだめだよ。セーラー服を着ちゃだめだよ。魔法がかかってしまうからね」

教授は、私にかかった魔法を解いて、送り出してくれました。
別れ際、ハンガーにかけられたセーラー服を見て、(今度はどんな女の子があれを着るのかな?)とぼんやりと考えていました。

<続く>