学校のアイドルとシャワーを浴びながら初キス

この体験談は約 8 分で読めます。

小学校から一緒だった『結衣(新垣結衣に似てるからそう呼ぶことにする)』って女がいた。
小学校の頃は「お前ら、両思いだろ!」なんて冷やかされたりもしたが、実際、結衣が俺のことをどう思っていたかは一度も聞いたことがないし、俺自身も、はっきりとした恋愛感情を持っていたわけでもなかった。

中学に入ると結衣はますます美人になり、しかも部活の剣道で全国大会に出たりして、帰宅部で地味な俺とは対照的に、学校でもかなり目立つアイドル的存在となった。
結衣の周りにはいつも人が集まり、逆にイケてないグループの俺は結衣と話す機会も激減していった。

中3の夏休み直前、同じく小学校から仲の良かったA子から突然、旅行に誘われた。

「伊豆に、結衣の親戚の別荘があって一泊で遊びに行くんだけど、一緒に行かない?」

「え?俺は別にいいけど」

「オッケー。じゃあ、あとB介も誘ってみるね」

俺、結衣、A子、B介は、4人とも小学校で同じクラスで仲が良く、中学に入った今でも結衣とA子の親友関係は続いているようだった。

「結衣はOKなの?」

「うん。私が、『高校行ったらバラバラになるし、4人で思い出作らない?』って言ったら、いいよって。もちろん親には内緒みたいだけど」

そんな感じで8月の最後の週、4人で伊豆に行くことになった。
旅行当日の朝、集合場所の駅に到着すると、結衣が1人で待っていた。

「あれ?A子は?」
「なんか午前中に急な用事が入ったから、午後から来るって連絡があった」

「じゃ、あとはB介待ちか」
「うん」

結衣とは長い付き合いだが、プライベートで会うことはほとんどなかったし、私服姿を見るのも小学校以来だったので、大人っぽい格好にビビった。
しかも最近は全然話してなかったので妙な緊張感があった。
たいした会話もないまま集合時間を5分ほど過ぎたとき、メールが来た。

『寝過ごした。後から追いかけるから先に行ってて。B介』

「マジかよ・・・」
「どうしたの?」

「B介も遅れるって」
「えーーっ?」

というわけで、俺は結衣と2人で電車に乗り、伊豆へ向かうことになった。
電車に座ると、やっと緊張もとけて、昔のように話せるようになった。
別荘に着いてみると、目の前には海が広がり、海岸までは歩いて30秒というマジで素晴らしい場所だった。

「すげえなあ」
「でしょ!」

「とりあえず海行くか?」
「うん。着替えてくるね」

そう言って結衣は別の部屋に行ったので、俺はリビングで水着に着替えた。
しばらくして着替え終わった結衣が、ちょっと恥ずかしそうに部屋から出てきた。

「お待たせ」

一目見て、俺は思わず唾を飲み込んだ。
結衣の水着は白の紐ビキニだった。
ちょっと布の面積が少なすぎると思った。
水泳の授業でスクール水着は見たことがあったが、ビキニ姿を見るなんてもちろん初めてだ。
っていうかスタイル良すぎ。
完全に大人のカラダ。
胸はマジでそこらのグラビアアイドルくらいはある。
それにウエストがくびれてやがる。
すげースタイル。
中3の女ってこんなに大人なのかよ。
一気に頭と下半身に血が流れる。

しかし、見惚れてボーっとしてる俺に、結衣はさらに追い討ちをかけるようなことを言った。

「あのさ・・・お願いがあるんだけど」
「お願いって何?」

「背中に・・・日焼け止め・・・塗ってくれる?」
「え!?」

「ダメ?」
「い、いいけど」

こんな状況、ドラマかAVでしか有り得ないと思っていたので動揺を抑えるのに必死だった。
ただ結衣も、相当勇気を振り絞って言っているようにも見えた。

「じゃあ、お願いしていいかな」

結衣は俺の目の前に背中を向けて正座した。
俺は結衣の背中に日焼け止めのクリームを塗った。
初めて触る女の肌。
エロいことを考える余裕すらないほど緊張でガチガチになりながら、なんとか塗り終えた。

その後は2人で海に行き、思う存分遊んだ。
女とデートすらしたことがない俺にとっては、言葉では言い表せないくらい楽しかった。
結衣は、いつも学校で見せる落ち着いたイメージとは全然違って、子供みたいに(子供だけど)はしゃいでいた。

午後になってA子とB介から、『そろそろそっちに到着する』というメールが来た。
なぜかあいつら2人で待ち合わせて来るらしい。

とりあえず俺と結衣は別荘に戻った。
別荘に戻るとすぐに結衣は、「シャワー浴びよぉーっと」と言って水着のまま、さっさとバスルームへ入ってしまった。
俺もシャワーを浴びたかったので水着のまま待つことにした。
かといって、この状態ではソファに座るわけにもいかないし、やることもないので、部屋の中をうろうろしていた。
バスルームからはシャワーの音が聞こえてきた。
なんかムラムラとして良からぬ想像をしそうになったのだが、それを見透かしたかのようにバスルームの方から結衣の声が響いた。

「ねえ、一緒にシャワー浴びよっか?」

「・・・え!?」

俺は耳を疑った。

「ベタベタして気持ち悪いでしょー?」
「ま、まあ、そうだけど」

「あ、水着を着たままでだよ、もちろん!」
「わ、わかってるよ」

バスルームの扉越しにそんな会話をした。

「じゃあ、入るぞ」

「いいよー」

頭の中には全裸でシャワーを浴びている結衣の姿が浮かんできてしまい、ドキドキしながらそっと扉を開けた。
・・・が、結衣は、当然ながら水着をしっかりと着たままで、シャワーを出しながらお湯になるのを待っていた。

「海、きれいだったねー」

「そうだね」

最初はそんな他愛のない話をしながら、お互いにシャワーをかけたりしていた。

「こんなことしてたら彼氏に怒られるんじゃね?」
「彼氏なんかいたことないの知ってるでしょ」

「でも結衣モテるじゃん」
「そう?」

「誰でも選び放題だと思うよ」
「・・・」

すると、そこで会話が途切れ、突然の沈黙が訪れた。
なんか気まずいなーと思って結衣を見ると、なぜか何も言わずにこっちを見つめていた。
「何?」と聞いてみたが、結衣は無言まま、ただじっとこっちを見てる。
俺と結衣の間にはシャワーが勢いよく降り注いでいて、その音だけが響いていた。

気まずい。
なんだこの状況は。
経験したことがないぞ。
というか、そもそも女子と2人っきりになること自体、初めてだ。
『どうしたら良い?』と自問してみるものの、答えは出てくるはずもない。

ただ、じっと俺のことを見つめている結衣が、なぜか無性に愛おしく思った。
だから本能のままに、結衣の肩に手をかけて抱き寄せてみた。
なんの抵抗もなく、結衣は俺の腕の中に収まった。
無抵抗なまま俺に抱かれている結衣。
俺はまだこの状況が理解できずにいた。
夢か?いや、夢だってこんなに都合良くはいかない。

俺はただ腕の中の結衣の感触を確かめていた。
柔らかい。
細い。
女を抱き締めるってこんなに気持ちいいのか。
しかも水着だ。
肌と肌が思いっきり密着している。
抱き締める手に力を入れた。
相変わらず結衣は何も言わず、俺に身を任せるだけだった。

股間が硬くなってきたので、気づかれないように少し腰を引いた。
こういう時にどうするのが正解かなんて、女に対しての経験値ゼロの俺にはわかるわけもない。
ただ俺のことを見つめる結衣の顔はものすごく真剣で、でもなんか幸せそうで、俺に全てを委ねてるというか、何をしても許されそうに思えた。
俺はすべての勇気を振り絞って、結衣の唇に自分の唇を重ねた。
結衣は、ぎゅっと目を閉じて受け入れた。

(マジですか?俺、今キスしてますよ?いいんですか?)

っていうか、ファーストキスの相手が結衣なんてマジで幸せすぎるんですけど。

どれくらいの時間するのが自然なのかもわからなくて、俺はすぐに離れた。
でも、その短いキスで、結衣の中で、何かがプツンと切れたようだった。
離れたのも束の間、今度はすぐに結衣の方から俺の首に手を回してきた。
そしてシャワーの中で、何度も何度も何度も何度もキスをしてきた。
どちらからともなく、ごく自然に舌も絡ませた。

ここまで来ると、俺は完全に本能だけで動いていた。
たぶん結衣も。
本能のまま、感情のまま、シャワーの飛沫と湯気の中、洋画で見るようなかなり濃いラブシーンが続いた。
俺はこのまま死んでも後悔しないと思った。
そのまま背中に手をまわしていたら指がビキニの紐に引っかかった。
もう俺の本能は止まらなかった。
その紐を解いた。
結衣は何の抵抗もせず、ひたすらキスをし続けている。
俺はそのまま結衣の首にかかった紐も解いた。
ビキニのブラがはずれ、下に落ちた。
これで結衣の上半身が露わになった・・・はずだったが、抱き合って体を密着しているので、胸が見えるわけでも手で触れるわけでもなかった。
ただ、こっちの胸に結衣の柔らかい胸が当たる感触はハッキリと感じた。

そのまま、ただひたすらキスをした。
しばらくして、やっと結衣の唇が離れたので、目線を結衣の体に落とした。
初めて見る結衣の胸は、色白で、形もよくて、スリムな体の割に大きくて、今まで見たどんなエロ本やAV女優の胸よりきれいだった。

十数分に渡るラブシーンが、少しだけ落ち着いた。
どうしたらいいんだろう。
まだ中3だし、もちろん童貞だし、親以外の女の体を見るのも初めてだし、展開が速すぎて全く頭がついていけないし、もうわけがわからない。
とりあえずシャワーをかけながら、いやらしくない感じで優しく胸を洗ってあげた。
結衣の目を見ると、俺を見つめたまま、とろんとしている。
お互い、たぶん夢の中っていうか、トリップ中というか、もう何でもありで全て受け入れてしまうっていうか、そういう雰囲気だった。
興奮していた上に、シャワーの湯気とか熱気でのぼせていたせいもあるかもしれない。

(下も脱がそう)

なんの躊躇もなく、なぜかそう思った。
結衣の腰の両サイドにある、ちょうちょ結びの紐を外した。
想像では、パラっと布が落ちるはず・・・だったが、水着はびくともせず脱げなかった。

「その紐、飾りなんだ」

結衣が久しぶりに喋った。
その瞬間、一気に現実に戻りそうになった。

(まだ覚めたくない。このままでいたい)

そう思って、俺の方から、また濃いキスをした。
結衣は再びとろん状態になった。

俺は結衣の水着を一気に脱がした。
結衣の全身が露わになった。
今思えば、学校のアイドルの全裸をナマで見ているという信じられないくらい幸せな状況なのだが、とにかく頭がボーっとして、あまり感動とかもなかった。
ただ、シャワーに濡れた毛から水が滴るのがいやらしすぎて、ちらちらとそこばかり見てた。

そのうち、なんか知らないけどたまらなくなって、オレも水着を脱いだ。
もちろん、あそこはもうビンビンだった。

「男の人って、こんなになるの・・・?」

「うん」

そんな感じで、またシャワーをかけながら、お互いの体を優しく洗ったりした。
まだ中3だし、もうその時点で幸せの極地だったから、それ以上どうこうしようとか、気持ち良くさせようとか、そんな気は全然なかった。
ただ結衣のアソコを指で触ったら、「あっ・・・」と声を上げてビクンとしたのは覚えてる。
その瞬間、なんかすごく悪いことをしたような気がして、その後はずっと抱き合ったまま15分くらい、何百回もキスばっかりしてた。

そのときピンポーン。
遠くで玄関のベルの音がして、俺たちは我に返った。

「A子たち、来たみたい」

「うわ、ヤっべー」

俺は慌てて、風呂場の床に転がってくしゃくしゃになった水着を穿くと、びしょびしょのままシャワールームの外へ出ようとした。
すると後ろから裸のままの結衣がしがみついてきて、「ずっと好きだから」と言った。
俺は振り向いて「うん」と言って、またキスをした。
その時の結衣の微笑みは、一生忘れないくらい可愛かった。

結局、A子たちが到着してからは、俺も結衣も何事もなかったように振舞った。
その後、その旅行では、結衣と2人きりになる時間もなく、それ以上の進展もなかった。

夏休みが終わり、2学期になった。
俺はまたイケてないグループに戻り、結衣はまた学校のアイドルに戻った。
伊豆のことを思い出すと、とてつもなく恥ずかしくて、しかも結衣に対してとんでもないことをしてしまった気がして、ヘタレな俺は何もリアクションを起こせなかった。
恐らく結衣もそんな感じだったんだと思う。
そのまま俺たちは卒業した。

数年後、風の噂で、結衣が芸能事務所にスカウトされたと聞いた。
2、3本、ちょい役で映画に出たという話も聞いたが、結衣の本名でググってみたが全くヒットしなかった。

結衣、今はどこかで幸せにしてるかな・・・。
俺のこと、まだ覚えてるかな・・・。
「ずっと好きだから」って台詞は、さすがにもう無効かな・・・。

そんなことを考えて数年が過ぎた。

とある週末の深夜。
テレビをザッピングしていた俺は思わず手を止めた。
安っぽいVシネマみたいな映画が流れていた。
なんとそこに、結衣そっくりな女優がいた。
最初は半信半疑だったが、どうやらその映画はちょっとしたお色気映画だったらしく、結衣はレイプされ、胸が露わになった。
あのとき脳裏に焼き付いた、結衣の胸だった。
こんな綺麗な胸は見たことがない。
しかも顔は、明らかに結衣。

俺は確信した。
結衣は女優として頑張っていると。

以上、全部実話です。
ちなみに俺はあのときに女運をすべて使いきったらしく、未だに童貞です。