可愛いナース2人から同時に言い寄られて

この体験談は約 3 分で読めます。

2年前、オカマ掘られてムチ打ちで入院していたときの話。

そこは大きい病院で、学校を卒業したばかりの看護婦がいっぱいいるところだったんですが、特に俺のいた4階は可愛いのを寄せ集めたようなとこでした。
すぐに普通に話せる仲になり、1週間ほど経ったある日の夜。
そこにいた新人看護婦で2番目に好みだったYちゃんが見回りに来た時に、「もう寝たんですか?」と話し掛けてきた。
俺は個室だったから、「寝れないからパソコンでDVDでも観ようかな」と言ったらベッドに座ってきて、「何観るんですか?」とすり寄ってくる。

俺「いっぱいあるよぉ、洋画もエロDVDとかも」

Y「やらし~。ってかKさん、彼女とかいないんですか?」

俺「今はいないよ」

Y「そうなんですか。入院した時から、『カッコイイ人が入院してきたよね』って噂になってますよ」

俺「患者さんとエッチなこととか、したことある?」

Y「ないよ、そんなのない。でも好みの人だったらわかんないなぁ。ってかKさんは正直好みだけど」

俺「ヤバイヤバイ。そんな気のあるようなこと言われたらマジにやらかすから」

なんて言いながら乳に手をやる。
でもYは嫌がらない。
エスカレートしてキスしたり、乳首吸ったり。
Yもハァハァ言って、「もっと吸って」とか、もう本番寸前カウパーバリバリ。

Y「あと少ししか時間ないから今日は口でいい?」

俺が「うん」と頷くと、ゆっくり喉の奥までジュプジュプクチュクチュ言いながら咥え込む。

(こんなのどこで覚えたんだ?)

これは出さなきゃ損と思い、乳首クリクリしながら思いっ切り口の中に射精。
Yは尿道を舌でチロチロしながら出てくる精子を全部飲んでくれた。

Y「展開早いよね。でも、ここまで来たら次の夜勤の時に最後までしよ。3日後だから」

俺はYの乳首を吸いながら大きく頷いた。

そして2日後のこと。
いよいよ明日かと思ってると、その日の夜の見回りは、一番可愛いと思っていたRだった。
ちなみにRは田中麗奈と安田美沙子を足したような、なまら可愛い子。

R「まだ起きてるんですか?」

俺「あぁ、眠くないしさぁ。こんな早くに寝ろっちゅう方が無理だぁ」

R「そうですよね。Kさんって夜も遊んでそうだもんねー」

俺「遊んでないよ(嘘)。俺、硬派だもん(嘘)。俺、バーを経営(本当)してるから基本夜型なんだよね」

R「えっ!すごぉい、そうなんですか!今度行ってもいいですか?」

(※女は『経営』という言葉に弱い)

俺「来て来て!Rちゃんが来てくれたら俺マジで嬉しいよ。ってかRちゃんと仲良くなりたかったんだ」

するとRがYの時と同じようにベッドに座ってくる。

俺「つーか、Rちゃんホントモテるっしょ?可愛いもん」

R「全然そんな事ないよぉ」

(慣れてきたのかタメ口になってくる。チャンス!)

R「札幌から出て来たばっかりだから彼氏いないし、誰も言ってこないし・・・。ねえKさん、私と遊んでぇ」

俺「じゃあ遊ぼ」

調子に乗って腰に手をまわす。

R「今?」

じっと目を見てくるR。
擦り寄っても離れないから首筋から攻める。
Yは口だったからRにはマンコ狙い。
白のストッキングを下ろし、指2本入れて掻き回しながらクリを刺激。
さらに肛門も舌で刺激すると、声を押し殺してアンアン喘ぎ、挿れるまでもなく昇天。

俺「すぐ出すように頑張るから挿れるね」

R「もう戻んないといけないけど、いいよ・・・早く挿れて・・・」

強弱をつけグイグイ擦りつけると俺の腰に軽く手を回して・・・。

R「アン・・・ハァッアン・・・。ィッ・・・ィッ・・・ク・・・」

もう大洪水。
程なく俺もお腹に射精。
ナースステーションに戻る時に・・・。

R「言わなかったけど、一昨日の夜、Yちゃんともしたんでしょ?」

俺「知ってたの?」

R「知ってたよ。まぁいいけど、2人で『Kさんならいいよね』って話になってたんだぁ。でもYちゃんとはもうダメだからね。んでYちゃんにはあたしのこと内緒だからね」

そう言ってRは戻っていった。

その後、Yは切って、Rの体を今でも貪っています。
あれから2年経ってもまだ飽きないません。
Yのことを本気で好きになってしまったので、夜勤の時はとても心配です。
ちなみに今日は夜勤・・・。