テレクラで会った特上の人妻

この体験談は約 8 分で読めます。

火曜日。
溜まりまくっているデスクワークを速攻でこなし、外出。
時間は午後4時45分。

ここで私は困っていた。
出撃場所である。
巣鴨、渋谷、町田のうち、どこにするべきか。
結局、渋谷へ出撃することにした。
巡回もせず、店へ。
待ち人1人。
30分で入れるとのことなので、待つことにした。

18時50分。
同じ年の人妻。
既婚者同士の話をする。
結婚して1年半。
でも、もうすぐ離婚するという。

「誰かに似てるって言われたこと、ある?」

「ずーっと前だけど、森尾由美とか」

なにーーー?本当か?

しばらく話をして、マイアミ前でアポ。
速攻で出撃。

マイアミ前に行くと、いた。
おおお、確かに10年前なら超特上かもしれない。
肌に年が感じられるが、もともとの作りがいいので気にはならない。
声をかけた。

「あつこさんですか?」

「◯◯さん?」

頷くと、彼女を誘導して歩き出した。

「どうします?食事でもしますか?」

「今、ちょっと胃を痛めてて・・・」

「じゃあ、ソフトドリンクも飲めるところにしましょう」

ということで、お決まりのPRONTへ。
私はジンライムをオーダーする。

「やっぱり、私も飲もうかなあ・・・」
「胃にやさしいものだったら、スクリュードライバーとか。ウォッカのオレンジジュース割りだし」

「そうねえ・・・甘いのがいいけど」
「甘いのだったらマンハッタンだな。でも、ここにはないねえ・・・テキーラ・サンライズは?」

「そうね。テキーラは最近飲んでないし」

彼女は声楽を勉強している。
体がちょっとぽっちゃりしているのは、そのためだと言っていた。

「歌劇をやっているの」

声楽=オペラと思っている私にはどういう分野かよくわからないが、古典ではなく、結構最近の作品を歌っているらしい。
彼女は一昨年、大学院でバイオテクノロジーを専攻している夫と結婚した。
しかし、その夫は極端なマザコンで、喧嘩すると実家に戻ってしまうという。
先方の言い分は、家族なんだから、妻よりも結び付きが強固で当然である。
子供が実家に戻ってくるのは、あなたのいる家庭の居心地が悪い(=実家と同じような雰囲気ではない)からだ。
ゆえにあなたが悪い、と言われているという。
なるほど筋は通っている。
しかし根本とする思想が歪んでいる。
そう告げると彼女は、「そうでしょ?」と微笑んだ。

また彼女は、実は33歳だと言った。

「以前、38の男の人と会ったことがあるの。私と5つしか違わないから大丈夫だと思ったんだけど、全然話が会わなくて・・・。だから30歳くらいの人のほうが話が会うかな、と思って。ごめんなさい」

むろん、咎めはしない。
特上なんだから。
彼女は今でも町中でナンパされると言っていた。
既婚者でないと彼女とまともに話はできなかっただろう。
問題は互いの家族を含めた重層的なものだったから。
1時間ほど話をして店を出た。
小雨が降り始めている。

「もっと話がしたいな。できれば2人きりになれるところ・・・」

「いいの、奥さんは・・・」

「気にしなくていいよ」

彼女と腕を組んでホテルへ向かう。
彼女は素直について来た。
部屋に入る。
しばらく話の続きをする。
風呂に湯を溜めたりしていると、「なんか、この部屋の間取り変だよね」と言う。
確かに少し変だった(笑)

10分ほど話をしながら、彼女の横にぴったりと座る。
腕をまわして肩を抱いたり、耳をこちょこちょと弄っていると瞳が潤んできた。
手で顔をこちらに向けてキスする。

べちょべちょ・・・。

半開きの唇からいやらしく伸びた舌が私の唇をくすぐり、唾液の音が耳につく。
2人で舌や唇や歯茎を舐めあう。
舐めながら、ゆっくりと彼女を押し倒し、さらに唇をじゅぽじゅぽと舐め倒す。

「ん・・・ん・・・はぁぁ・・・」

色っぽい喘ぎが2人の唇の間から聞こえる。
Cカップのバストを弄る。
軽く触ったつもりだった。
しかし、あつこの反応は敏感を極めた。

「あああああっっっ・・・いやんっっ・・・あああっ」

演技かと思った。
しかし彼女の体を襲う“発熱”は本物だ。
押し寄せる波のように、あつこの体が小刻みに痙攣している。
私は特に何かやったというわけではない。
クリトリスには何もしていない。
服の上から胸を揉んだだけなのだ。
それでも彼女はビンビンに感じている・・・。
彼女の手をとって股間に押し付けると、彼女はすでに勃起していた私のペニスを撫でながら喘いでいる。

「オナニーとかしてる?」

「ああ・・・昔は・・・でも、最近はしていない・・・」

そんな会話をしながら、あつこの大きく襟ぐりの空いた部分から手を差し入れ、ブラの上から乳首をさわさわと撫でる。

「はぁぁぁぁぁ・・・あああああっっ、感じるっ、感じすぎるぅぅ」
「まだ、何にもやってないようなものだよ。こんなに敏感なの?」

「そうっ、すごく感じるの、身体中感じるのぉぉ」
「じゃあ、ここは?」

耳たぶをさわさわと舐め上げながら、ブラの隙間から指を入れて、陥没乳首を撫で上げた。

「あああっっ・・・いやんっ、だめぇぇぇ・・・おかしくなっちゃうから・・・」

そんなことを言いながら彼女は私のGパンを緩めにかかった。
ベルトを外し、手を差し入れ、パンツの上からペニスを握り、上下にしごく。
こんなことをされたのは初めてだ。
程よい握り心地。
人妻ならではかもしれない。
ペニスをしごかれながら、私は彼女の上着を脱がし、ブラをずり上げて乳首を含んだ。

チュパチュパチュパ・・・。

陥没していた乳首はすでに勃起している。
歯で軽くカリカリと噛みながら、舌は乳首のてっぺんを撫でる。
もう一方の手でもう片方の乳首を撫で回す。

「あああああっっっ・・・いやっ、だめえっ・・・あっあっあっ」

彼女の身体が痙攣している。
そして、あつこは絶頂に達してしまったのだ・・・。

「まだ、胸しか舐めてないんだよ?」

「私、全身感じるの・・・だから胸でも、イッちゃうの・・・」

「ということは、ここだったら、もっとすごいのかな」

そう言いながらスカートを捲り上げて、パンストの上からおまんこを撫でる。

「・・・ぅぅぅ・・・ぁぁぁ・・・」

「パンストの上からでもわかるよ・・・もうびしょびしょになってる・・・」

「だって久しぶりなんだもん・・・」

書き忘れたが、彼女の声質は可憐で若い。
最初にテレクラで聞いたときは、間違いなく10代だと思ったほどだ。
そんな声優のような可憐な声の彼女は、胸とおまんこを初めて会った男に晒し、弄らせ、なすがままにさせているのだ。

彼女が私のパンツの中に手を入れてきた。
そしてビンビンに勃起しているペニスをがしっと握り締め、猛烈にしごきはじめる。
温かい手だ。
私も負けずに彼女のパンストを脱がし、パンツの中に手を差し入れ、おまんこを触った。

「ぐっしょり、濡れてるよ・・・」

そう言いながらクリトリスに手をやった。

「あっ」

彼女の腰がびくんと跳ね上がった。

「あああああっっっ、だめっ、感じすぎるぅぅ、死んじゃうぅぅ」

あつこはうるさいくらいに絶叫し続けていた。
彼女は結局、胸で1回、クリトリスで2回、絶頂に達した。

「シャワー、浴びようか?」

2人で風呂へ。
軽く浴びるだけにとどめた。
家と違う石鹸の匂いを漂わせるわけにはいかない。
そこは彼女も同じなのでわかっているようだ。
もっとも、彼女はすでに別居している。

「ね、舐めて」

仁王立ちになった私は彼女の目の前にペニスを晒した。

「え~~」とか言いながらも、にっこり微笑んで手でしごきながら、亀頭をかっぽりと咥えた。

上手い。
さすが人妻だ。

5分くらいそうこうしていたけど、あつこが、「続きはあっちで」とベッドルームの方に目配せをしたので素直に従った。
ベッドに入る。
全裸で抱き合いながらディープキスを交わす。

べちょべちょぐちょぐちょ・・・。

うねるような舌が私の前歯や舌を擦りあげていく。

「あつこがされて気持ちいいようなこと、私にしてごらん」

そう言うとあつこは私の上に覆いかぶさり、乳首をカリカリと噛り、舐め始めた。
もう片方の乳首は指で弄っている。
髪がさわさわと私の胸を擦っている。
あつこの舌は首筋から脇の下を通ってペニスへ・・・。
むろんそれまでも彼女の手はペニスを握り締めていたのだが。
私の顔を見ながら、あつこは再び亀頭を口に含んだ。
唾液とペニスが触れ合ういやらしい音が部屋に溢れる。

じゅぽっ、じゅぽっ、じゅぽっ・・・。

舌先を硬くして尿道口をツンツンしたかと思えば、裏筋をすすーっと袋の方まで下りてくる。
フルートを吹くようにペニスを咥えたかと思えば、喉の奥までディープスロート。
私はただなすがままに舐められていた。
時おり、あつこの視線が私の顔をとらえる。
その清楚なルックスと、していることのいやらしさのギャップが、ますますペニスに血流を増やすことになる。
あつこは結局15分ほども私のペニスを舌と唇と指で愛撫し続けた。

「あつこ、さすが人妻は上手いね」
「そう?自分じゃ、よくわからないけど」

「すごくモテたんじゃない?」
「んー、悪いけどモテモテだったよ(笑)」

そりゃそうだろう。
私は面食いで若い子好きだが、あつこは33歳という年齢にも関わらず、清楚さと可愛さを兼ね備えていた。
10年前だったらスーパー特上だろう。

あつこはすでに3回絶頂に達していたのだが、完全に露わになったバストを責める。
あつこは胸を揉まれるだけでおまんこがぐしょぐしょになってしまうほどの敏感な体質だ。
軽く愛撫しただけで、私はスキンを被せたのちに、あつこのおまんこを開かせた。
少し濃い目であるが赤みを帯びた肉が透明な液に包まれている。
しとどに濡れたおまんこの雫はアナルにまで到達し、小陰唇まで完全に開き切っている。
その奥には黒い空間が見えた。
彼女が誘ってくれる空間だ。

「ね、ねえ・・・入れて・・・もう、入れて・・・」

彼女のリクエストに応えるまでもなく、私はあつこのヴァギナにペニスを差し入れた。
ぐじゅぐじゅぐじゅ・・・という音があつこの躯の歓びを代弁しているのだろうか。
一発で私のペニスはあつこのおまんこを塞いだ。

「ああああああっっっっ・・・入ってるぅぅ・・・」

私はゆっくりと言葉責めを開始した。
今、私のペニスはあつこのおまんこを刺し貫き、奥深くをえぐっている。

「うわぁぁぁぁんんんっ」
「気持ちいい?」

「と、とってもぉぉぉ」
「ぐちょぐちょしてて、とても熱いよ、あつこの、ここ」

「いやん、恥ずかしい・・・見ないで・・・」
「もう、よーく見えてるよ・・・あつこ、液が太ももまで垂れて・・・いやらしい人なんだね」

「そ、そんな・・・身体が・・・勝手にピクピクしちゃうの・・・」

あつこの中に深く入れるたびに、彼女の熟れた身体はピクピク小刻みに震えながら仰け反り、Cカップの胸を触ってくれと言わんばかりに突き出す。
リクエストに応えて乳首を舐めてやると、首を左右に激しく振りながら、「だめぇ、だめぇぇ、イッちゃうからぁぁ」と哀願する。

「イッちゃっていいよ、ほら、もっと深く入れてあげるからさ」

そう言いながら、さらに深くまであつこのおまんこを犯す。
犯して犯して犯しまくる。

「いいいいいぃぃぃぃぃ・・・死んじゃう、気持ちよすぎるぅぅ」
「どこが気持ちいいのかな?」

「・・・あそこ・・・」
「それじゃわかんないよ。言わないと抜いちゃうよ」

そう言うとあつこは高校生のようにいやいやをしながら小さな声で、「おまんこ」と言った。

「聞こえないよ。さっきのいやらしい声みたいに大きな声で言ってごらん。『あつこのおまんこが気持ちいい』って」

「いやんっ、恥ずかしくて死んじゃう」

「そんなこと言うと、こうするよ」

ピストンを速め、片手でクリを摘むように刺激してやる。

「!!いやぁぁぁぁぁぁ!!イッちゃう、またイッちゃうぅぅぅぅぅ!」

「ほら、言うんだ」

「あ、あつこの・・・あつこのおまんこ、いじめてぇぇ」

その言葉と同時に光速ピストン開始。
あつこはほんの1分でイッてしまった。
間髪を入れず、あつこを犬の格好にさせ、テラテラと光っているペニスを突き入れる。

「うぐぅぅぅぅ・・・」

そのまま豊満な腰を両手で抱え込み光速ピストン。
指はアナルへ。

「だめぇぇぇぇ、そこだけは、そこだけはやめてぇぇぇ」

それでもしばらくアナルを弄りつつ、背中をペロペロ舐めてみる。

「ひぃっ・・・いやっ、だめっ、またイッちゃうっ」

「あつこはこんなに可愛い顔して、可愛い声してるのに、エッチ大好きなんだね」

「言わないでぇぇ・・・ああっ、イクっ、またイクっぅぅぅ」

あつこは4回目の絶頂を迎えた。
再び正常位であつこを攻める。
攻めて攻めて攻めまくる。

「お・・・お願い、もうイッてぇぇ、このままじゃ、あつこのおまんこ、壊れるぅぅぅ」

「いいのかい?イッても」

「私はもう十分気持ちいいから・・・イッて・・・」

そこで私は最終加速に入った。

「ああああああああああっっっ、イクっ、イクイクイクっ、イッちゃうぅぅぅぅぅぅ!」

絶叫と同時にあつこは果て、私も終わった。
もう一度出来る体力はあったので、あつこにそれとなく聞く。

「もう、だめ。これ以上したら腰が抜けちゃう」
「あつこって、女性上位になったらすごそうだね」

「ふふふ・・・すごいわよ。腰が抜けるほどやったことがあるけど、一晩で8回やっちゃった」
「イッた回数は?」

「わかんないくらい・・・」
「で、今日は?」

「もう5回もイッちゃったし・・・これ以上したら家に帰れなくなっちゃうから・・・。でも、体力あるね。最初、体が細いから大丈夫かな?って思ったけど、すごかった(笑)」

あつこに携帯の番号を渡したが、たぶんかかってこないだろう。
彼女は同じ人には2度と会わない。

「その一期一会の切なさがいいの」なんて言っていたからだ。

「今日、会えてよかった?」

「うん。私、夫と一緒にいるときでも声楽の練習は欠かさなかったの。そのことが離婚の原因の一つかもしれないけど。でも、あなたにあって、ちゃんと理知的な会話もできるし、今日は練習さぼってもいいなって話をしてるときに思ってたから・・・」

そう言ってあつこは去っていった。
彼女は練馬在住。
池袋で活動している人とは穴兄弟になるかもしれない。