処女だけど会社で先輩のアソコをおしゃぶり・前編

この体験談は約 5 分で読めます。

もう10年以上も前、私が入社2年目頃の話。

相手は5歳年上の先輩で、私の教育担当。
物腰が柔らかく教え方も丁寧で、優しくて、たまにご飯をおごってくれたりしてくれて。
でも男としてと言うよりは、先輩として尊敬してました。

ある日のこと、仕事の納品のため社員総出で徹夜作業となりました。
徹夜明けでみんなは納品に出かけ、事務所には電話番として私と先輩が残ることに・・・。
納品に行ったメンバーには悪いけど、正直徹夜明けで仕事なんかほとんどやる気なし。
電話もほとんどかかってこないから、応接用のソファで2人でコーヒー飲みながらうだうだおしゃべりしてました。
まったりとした時間が流れ、先輩が言いました。

「眠くなってきたんだけど、膝枕してくんない?」

(え?)って少し驚きましたが、先輩は普段爽やかで下品なことも言わないし、あまり男を感じさせなかったので警戒することもなく、「いいですよー」と膝枕してあげました。

正直、当時の私はいわゆるデブスであんまり男の人に免疫がなく、もちろん処女。
膝枕したのはいいけど、その間どうして良いのか・・・。
手持ち無沙汰だったので、ついつい先輩の頭をなでなでしてました。
しばらくなでなでしてたら下から先輩が見つめてきます。

私「すみません。やめたほうがよかったですか?」

先輩「いや、気持ちいい。続けて」

「気持ちいい」と言ってくれたことが嬉しくて、ついつい耳のマッサージまでしてしまいました。
まずは上の耳からもみもみ。
マッサージしてるうちにだんだん赤くなってきて、血行がよくなってるんだと勝手に納得。
次はひざの方の耳をもみもみ。
また先輩が下から見つめてきます。

私「あ、すみません。あんまりよくないです?」

先輩「いや。気持ちいいよ。マッサージも膝枕も・・・あと、おっぱいが当たってる」

私「えっ。す、すみません」

先輩「いいよ。しばらくこのままでいたいんだけど。いい?」

先輩がトロンとした目で見つめてきて、初めて男として意識してしまい、そこから私はドキドキして頭をなでなでするのがやっとでした。
結局、定時まで納品チームは帰ってこず、普段なら残業当たり前の会社だったのですが、徹夜明けなので私たち2人は定時で帰ることに。
先輩はまたいつもの爽やかな笑顔で、「ありがとう。疲れが取れたよ」って。

(ドキドキしてたのは私だけ?)

悶々とした気持ちを抱えてそれぞれ帰宅したのでした。

翌日、私は先輩を男として意識してしまったこともあり、お化粧をちゃんとして、普段あんまり穿かないスカートで出社。
先輩はやっぱり爽やかで、いつも通りでちょっぴり拍子抜け。
悶々としつつも、とりあえず仕事をこなしました。
その日は、昨日の納品チームが前日も遅かったってことで定時で退社。
特に急ぎの仕事もなかったのだけど、私と先輩だけで残業という状況にかなりドキドキ。

先輩「◯◯さん。あっちでコーヒー飲もう」

私の気持ちを知ってか知らずか誘ってくる。

先輩「昨日はありがとう。今日は僕が膝枕してあげるよ。おいで」

私「えぇーっ!」

先輩「あ、嫌だったらごめん」

またトロンとした目で見つめてきます。

私「いえ。嫌じゃないです・・・」

そんな目で見つめられたら断れないって・・・。
大人しく膝枕をしてもらっていると先輩が髪を撫でてくる。

(ホントだ。人に撫でられるのって気持ちいい・・・)

そのうち先輩は、昨日私がしたように耳をマッサージしてきた。

私「ひゃぁ!」

先輩「どうした?」

私「ちょ。ちょっとくすぐったいです」

先輩「ちょっと我慢したら気持ちよくなるから」

言われた通り我慢してみる。
耳が熱くなり、身体が熱くなる・・・。

(ナニコレ。なんか気持ちいいっていうより、感じてしまう!)

私「だ・・・だめです。やめてください」

先輩「気持ちよくなかった?」

私「い・・・いや、そうじゃなくって・・・」

先輩「昨日してくれたことと同じなんだけど?」

ちょっといじわるな感じで言う先輩。

先輩「感じてるんでしょ?昨日、僕のことを誘ってるのかと思った」

私「そんなつもりじゃ・・・やめてください・・・」

先輩「やめないよ。上から◯◯さんの感じてるとこと、おっぱい見たいから」

油断してた。
ブラウスから胸元が丸見えだった。
そう言うと頭にキスをしてきた。
頭から頬、そして耳。
耳の中に舌が入ってくる。
今までにない感覚。
熱い・・・。

私「やっ・・・あっ。いやぁっ・・・」

抵抗できない。
身体に力が入らない。
息が荒くなる。
抱き起こされ、キスされる。
口の中を舌で犯される。
抱き締められ首筋を舐められ、吸われ・・・。
それだけでトロトロになってる。
いよいよおっぱいに手が伸びる。
ブラウスの上から優しく揉まれる。

先輩「大きいね」

ブラウスのボタンがはずされ、ブラをずらされる。

私「いや・・・恥ずかしいです。見ないでください・・・」

経験のなかった私は乳首が陥没しており、それがコンプレックスだった。

先輩「乳首、可愛いよ」

乳首を吸われる。

私「あっ・・・あっ・・・いやっ・・・」

初めての刺激に、はしたない声を出すしかなかった。
片方の乳首は手で摘まれ、緩急をつけた刺激にもう耐えられなくなってきた。
ここは会社だ。
普段はみんなで仕事をしている。
それなのに恥ずかしい声を抑えることができない・・・。

私「やぁっ・・・あ。あ~。いやぁ~っ!!」

先輩「おっぱいだけでそんなに感じちゃったら、ここはどうするの?」

スカートを捲り上げてきた。

先輩「やっぱり濡れてるね。捲りやすいようにスカートなの?」

いじわるだ。
下着の中に手が入ってくる。
一番感じる部分を優しく優しく撫でられる。

私「だめですぅ~。いやぁっ・・・あっあっ・・・」

もう声が止まらない。
そのうち指が入ってきた。
自分では入れたことがあったが、他人の指が入ってる・・・。
他人におっぱいを吸われてる・・・。
その状況だけでもいっぱいいっぱいなのに・・・。
先輩の指技・・・決して激しく動かすわけでもなく、でもポイントを的確に擦りあげてくる。

私「だめです。もうやめてください・・・あっ・・・あっ」

先輩「どうして?」

私「イッちゃいそうです・・・」

先輩「いいよ。イッちゃって」

指の動きが速くなる。
くちゅくちゅと、いやらしい音が響く。

私「いやぁーーーーっ!あーーっっ!!」

イッてしまった。
イカされてしまった。
とくんっ、とくんっ・・・深く深く・・・。

しばらく意識を失っていたみたい。
先輩が肩を抱いてくれている。

先輩「気持ちよかった?すごくいやらしかったよ」

いつもの爽やかな笑顔でそう言った。
私だけこんなにされてるのに。

先輩「そろそろ帰ろうか?」

(え?先輩は?)

私「あ、あの・・・××さんは?その・・・」

先輩「僕は◯◯さんのいやらしいとこ見れただけでいいよ」

そのあと、耳元でこう囁かれた。

先輩「次は僕も気持ちよくしてね」

(え?つ、つ、つ、次があるんだ)

<続く>