セックス観を180度変えた友カレとのエッチ

この体験談は約 9 分で読めます。

私は大学1年ですが、高校の時から付き合っている彼氏(C)がいます。
初エッチも17歳の時のその彼で、体験人数もつい最近までその彼だけでした。

自分で言うのも何ですが結構まじめな性格だと思うし、エッチに淡泊というか、そんなに好きでもありませんでした。
1人エッチもなんか罪悪感があるというかたまにするくらいでしたし、Cとのエッチも少し気持ちいいと思うくらいで、そんなにみんなが言うほどいいものではないと思っていました。
Cが求めてくるので気分が乗らない時でも仕方なくって時のほうが多くて、自分がいいって思った時は正直無いんです。

でもつい最近、友達(B江)の彼(A)としてしまい、エッチに対する感覚が180度変わりました。
その時の体験を話します。

前々からそのAのことはかっこいいなとは思っていて、B江もすっごい可愛くて、美男美女のお似合いのカップルだと思っていました。
私の彼とAとB江は高校時代からの付き合いで、よく4人で遊んだりしていました。
Aは見た目は経験が多そうな雰囲気は漂っていて、話し方とかも私の彼とは違って女の子に慣れてそうな感じのタイプです。

4月末、B江が怪我で入院しちゃって病院へお見舞いに行った時、Aが病室にいました。
3人で他愛もない話をして病院の面会の終了時間になったのでB江とバイバイしてAと2人で帰ることになりました。
日も落ち始めた時間帯で、Aが「この後予定ないなら一緒に食事でもしようよ」って言うので、ファミレスで2人で食事をしました。
この時まではフツーでしたが、よく考えると4人ではよく遊んでたけど改めてAと2人で過ごすのはこれが初めてだったんで、今思い出すとこの時から少しドキドキしてたんだなーって思います。

食事の後、まだ時間も早かったので、Aが「ちょっと家寄ってきなよ、コーヒーでも淹れるから」って誘われて、Aの家にはよくみんなで遊びに行ったりしたんで同じような感覚で、「じゃあ少しだけー」って言ってしまったのが間違いでした。

2人でケーキ買ってAの家に行きました。
最初はいつもと同じような感じで馬鹿話をしたりしてたんですが、「じゃ、もうそろそろ帰る」って私が言うと、「もう帰るのー?も少しだけいたら」ってAが言い、私も楽しかったのでなんだかんだでつい長居をしてしまいました。

で、なんとなくエッチな話になって、Aが「Cがユキとエッチしたいって言ったら断られて、じゃあフェラだけでもって言ったらそれも断られたってこの前言ってたぜ。ユキもしてあげればいいのに」って笑いながら言いました。
最近、気分によってCの誘いを断ることが多くなってた私なんですが、「CってAにそんなこと話すのー」ってちょっと照れて怒ったように言うと、「それだけじゃないぜ」ってCがAに私とのエッチのこと色々と話していたの聞かされました。
男の子同士ってこんな事まで話すんだって思って、私の恥ずかしいエッチの内容をAがおどけたようにわざと意地悪に話すのですっごく恥ずかしかったです。

A「ユキってCの前で足開いてオナニー見せてあげたことあるんだって?そんなユキを想像すると可愛いよね」

そんなことを笑いながら言うので、もうそれを言われた時は顔真っ赤で硬直状態だったと思います。
どれくらい私がそういう状態だったのかわかりませんが、Aが私に近づいてきて、突然唇を奪われました。
私は突然のとこにびっくりして、同時にCのことが頭に浮かんで、「ダメって」抵抗したんですが、「いいじゃん」ってAが再びキスしてきて・・・。
こんなに間近でAの顔を見たのは初めてで、改めてよく見るとめちゃくちゃカッコよくて、ついついAのキスを受け入れちゃってる私がいました。

とろけるキスってこういうのを言うんだってキスで、感じることなんかないと思っていた私なんですが、Aのキスは彼とは全然違って体の力が抜けていくのがわかります。
Aが絡めてくる舌がすごいエッチで、なんか本当に全身でAを感じてしまい、もう下もじゅわって来てるのが自分でもわかって、キスで濡れちゃうんだって初めて思いました。

Aが優しく私のことを包み込むように抱き締めてくれて、そっと色々と体に触れてくるんです。
焦らすように触れて胸にタッチしてきたり、なんか強弱の付け方というか触れ方というかリズムがあって、焦らされたりもして、本当に私の反応を楽しみながら愛撫してくる感じで、Aってエッチに余裕があるんだって今なら思います。

その時の私はもうAのなすがままに溶けてく感じで頭が真っ白になってしまい、全身が性感帯になったような初めての感覚でした。
Aに触れられるたびに体がビクッて反応して、どんどん体の中からこみ上げてくるような変な感覚でした。

で、Aがついに私のパンツの中に指を滑り込ませてきて、「ユキ、めちゃくちゃ濡れちゃってる」って言われて、自分でもびっくりするくらい濡れてました。
Aが、「エッチな音するし」ってわざと指でぴちゃぴちゃ音をさせて・・・。
静かな部屋にその音と、私は必死に声を出すのを我慢してたんですが、私の吐息だけが響いてたと思います。

で、いつの間にか服を全部脱がされててAに抱き締められてました。
すっごい包まれてるような感覚で、今までの彼とのエッチはもうどこかにすっ飛んでて、初めての感覚にただただAに身を任せるだけの私になってました。

そしてAがついに私の中に入ってきたんですが、生で挿入されました。
彼とも生ではしたことなかったんですが、その時の私は抵抗すらできなくて、初めての男の人の生の感覚がめちゃくちゃ気持ちよくて、どうにでもしてって感じになってしまいました。
中ですっごいあったかいのが動いてるのがわかって、私の一番気持ちいいとこに当たるんです。
もう思いっきり声を出してたと思います。

どんどん昇り詰めていくような感覚で、Aは本当に彼とは違って色んな攻め方をしてくるんです。
挿入の時間も長くて、言葉や文章ではもう表現できないくらいの感覚が私の中でどんどん大きくなっていきます。
で、「許して」とか「ダメー」とか「イク!!!」とかって何度も私はたぶん叫んたと思うんですが、Aはそれでも動きを止めてくれなくって、私は自分がどうにかなっちゃいそうで。
めちゃくちゃ気持ちいいんだけど、あまりの気持ちよさにどうかなっちゃう自分が怖くもなってました。

イッた時は頭が真っ白。
なんかどっかから飛び降りたような感覚と言っていいのか、すっごいエクスタシーが自分の体を攻めてくる感じで全身が痙攣してしまい、たぶんわけのわかんないこと叫んでたと思います。
でも、気持ち良すぎてそれ以外覚えてないくらいなんです。
イッてもイッても何度も昇り詰めるような感覚が私を襲ってきて許してくれないんです。
体がしばらく痙攣し、次々に来る波にどうしようもなくなっちゃいました。
快感の上からまた快感が自分の体じゃないみたいになっちゃって・・・。

どれくらい時間が経ったのか自分でもわからないくらいで、少し落ち着いた頃にAが優しくキスしてくれて、「ユキ、すっごい感じちゃってたね」って言われてめちゃくちゃ恥ずかしくなってしまいました。
気づいたらAの部屋のフローリングがびしょびしょで自分でもびっくり。
全然自分では気付かなかったんですが、Aが「こんなになっちゃって」って笑いながら言うんで、また恥ずかしくなっちゃいました。

もう余韻でぼぉーーっとしちゃって、何も考えられないし動けないし。

「ユキってすごい感じやすいんだ」

Aがそう言うんですが、正直こんなになったのは初めてで、自分は濡れにくいし不感症かもしれないって不安になるくらいに思ってたんですが、彼には悪いですが、全部Cのせいだったんだって、このとき初めてわかりました。
別にCが嫌いになったわけじゃないんですけど、エッチに対する感覚はこの経験で180度変わっちゃいました。

で、しばらく余韻に浸ってたんですが、夜も日付が変わる頃に突然Aの携帯が鳴って、相手はB江からでした。
Aは『しゃべっちゃだめだよ』ってジェスチャーで私にサインして、私は自分がAの部屋にいることがB江にばれたらどーしよーってすっごいドキドキだったんですが、Aは何も気にすることなくB江と携帯で話してて、入院してるB江を気遣ういつものB江の彼に戻ってました。

でもしばらくすると突然、AがB江のしゃべってる内容が私にもわかるように携帯をハンズフリーにするんです。
すると携帯のスピーカーからB江の、「一人で寂しくてなんか眠れなくなっちゃって、Aとエッチしたいよぉー」っていうような内容の声が。
いつも友達として聞いているB江とは違う甘えた声が聞こえてきて、でまたAも、こっちが聞いてて恥ずかしくなるようなエッチぃトークをするからB江のトークがどんどんエッチになって・・・。
スピーカーからB江のハァハァという吐息。

(これがテレフォンエッチかぁ)って聞き入って、なんか興奮してる私・・・。

こんなトークで口説かれたら私もすぐ感じちゃうなって思って、自分の知らない世界があって、今までの彼との付き合いってほんと子供だったんだなーって思いながら聞いてました。

そしたらAが、「B江、すっげぇ濡れちゃってるだろ?音聞かせろよ」って。
そしたらB江が「うん」って言って、すっごいクチュクチュって音がスピーカーからしてきて、もーびっくり!

なんかB江が見えないだけに想像力が掻き立てられて。
B江、すっごいことになってるって。
もう私は2人の会話に大興奮で、最後はなんか想像だけでB江がどうなってるのがわかっちゃうくらいのB江の、「イクー」っていう声・・・。

(B江、すごすぎる)

心でそう思いつつ、しゃべるのを我慢して2人の会話に聞き入ってる私。
で、またフツーのトークに戻って携帯を切ったAが・・・。

「もうしゃべっていいよー。で、どうだった?」
「もー恥ずかしくて聞いてらんなかった」

「でも興奮したでしょー」
「うん」

「B江の奴、入院してから毎晩かけてくるんだよな。ユキ?顔が真っ赤だけど大丈夫」

ってAに見つめられて、気づくとまださっきのエッチの後で素っ裸だった私・・・ちょー恥ずかしい。
Aが私にまた近づいてきて、そっと指を敏感なところに伸ばしてきて、触れるともうぐちょぐちょ・・・。

「やっぱ聞いてて興奮したんだ」

もう触れられるのが気持ちよくなっちゃって、またスイッチ入っちゃった私を焦らすかのように途中でやめちゃうA。
もっとして欲しいって思ってると、Aが、「一緒にシャワー浴びようよ」って。
で、誘われるままの一緒にお風呂へ入って、一緒に洗いっこしちゃって、後ろからAに抱き締められて、石鹸をつけた手のひらで私の体を優しく隅々まで洗ってくれて。
恥ずかしいけどすっごい気持ちいい。
そしたらなんか背中の辺りにAの硬いのが当たって・・・。
そのとき気づいたんだけど、さっきの私とのエッチの時もB江とのテレフォンエッチの時も、Aってイッてないかも?
私ばっかり気持ちよくなってて何か悪い気になって・・・。

私「口でしてあげよっか?」

A「Cにはしてあげないのに俺にはしてくれるんだ?」

私「・・・あんまり上手くないけど、Aがして欲しいなら・・・」

A「してくれる?」

目の前で見るとすっごいおっきくてびっくり。
Aは気持ちよさそうにしてくれたから何か嬉しくなっちゃって、私も一生懸命してあげたくなってしばらくしてると、「出ちゃうよ」って、Aが口の中にいっぱい出してくれた。

(Cのはあんまり好きじゃないのに、なんでAのだと嬉しいんだろ・・・)

自分でも不思議に思いながら、少し罪悪感を感じながら、Aを受け止めちゃってる自分がいました。

すかさずAが、「気持ちよくしてくれたから、今度は俺がお礼に」って、また私を責めてくるんです。
優しいキスと愛撫でお風呂だから声が響いて、すっごい恥ずかしいけどどんどん感じてる自分が止められなくなって、Aの指が私の中に入ってきて、どんどんポイントを攻めてくる感じで、またまたこみ上げてくる私がいました。
なんか今度はさっきの部屋でのエッチの時と違って自分の中からジンジンして、なんか溢れ出てきそうな感覚がわかって我慢できなくなっちゃって、そしたらそれをわかったかのようにAが、「ユキ、我慢しなくていいんだよ。全部溢れさせちゃいなよ」って。
そのセリフで今まで我慢してたのが一気にはずれて、もうダメって感じになって。
そしたら思いっきりお漏らししちゃって、足がガクガク立ってられなくなっちゃいました。
後からAが言うにはお漏らしじゃなくて潮みたいなんですが、この時の私は、「許して、出ちゃうー」って叫んでたらしいです。

人前でこんなの初めてで(自分では気づいてないけど、その前の部屋でのエッチでフローリングびしょびしょにしちゃってるんですが・・・)、お漏らししちゃったと思ってすっごい恥ずかしくなって、「ごめんなさい、ごめんなさい」って言う私に、Aは「ユキ、めちゃ可愛い。もっと濡らしちゃいなよ」ってまた攻めてきて、(こんなに出ちゃうの!)って自分でも怖くなるくらい、またお漏らししちゃう私。
もうほんとに立ってられなくて、快感の波が次から次と私の体と頭を襲ってきて、もう体力的にも限界って思うんだけど、気持ちよさが半端なくて、Aのされるがままになっちゃってました。

結局、Aの部屋にお泊まりしちゃって、Aの腕の中で寝ちゃいました。
朝起きたらAが先に起きてて、横でずっといてくれたみたいで寝顔を見られて超恥ずかしい。

で、私が起きるとAが優しくまたエッチ・・・。
もーとろけちゃってたまんない。
もーどうにでもして欲しい。
もっともっとAが欲しいって、私止まんなくなってる。
Aの上に乗っかって思いっきり腰を振ってる私。
すっごいあたって気持ちいい・・・。
もー気持ちよくてたまんない。

Aの上でぐちょぐちょになっちゃって、Aが突き上げてくるとAの上で痙攣。
そしたらAがぎゅってしてくれて、Aの中でしばらくビクビクが止まんない体を優しく包んでくれました。
昨日は気持ち良すぎてどうかなっちゃう自分が怖かったけど、今日も少し怖いけど、とにかくエクスタシーが半端ない。

Aが、「ユキのカラダ、もう俺のことを記憶しちゃったから、俺のこと思うだけでしばらく濡れるようになっちゃうぜ」って言うんです。

その日はぼぉーっとしたまま朝帰りしたんですが、その後から普通の顔してB江の病室にも行けないし、Cにも普通の顔して会えない自分。
会ってもちゃんと話せてるかとか、Aとのことバレてないかドキドキしっぱなしで、家とかで1人でいる時も、学校とかで話してる時も、ふとAのこと思うと暗示にかかったわけじゃないですが、すっごい濡れちゃってる自分。
なんかジンジンしてパンツの中びっしょりになって、下着穿き替える私。

ホントあれ以降、自分でコントロールできなくなってるんです。
Aのことが好きになったっちゃのかもって思うくらいAとのエッチが思い出されて、もう毎日のように思い出しては一人エッチしてる自分がいるんです。
自分がこんなになるなんて思ってもなかったんですが、Aが「みんな一緒だよ」って言うからちょっと安心して、それからAとテレフォンエッチも2回して、本当のエッチも2回しちゃいました。

でもホントは、もっともっと抱かれたい。
まだ2週間くらいの前の経験なんですが、Aにハマってく自分が怖くて、いつかB江とCにもバレそうでドキドキの毎日です。

だんだんAとのエッチもエスカレートして、昨日は2人でB江とCには内緒でAとドライブデート。
車の助手席に座ってるとAが、「ユキ、そのスカート可愛いね」ってそっとスカートの中に手を滑り込ませてくる。
もう私が濡れちゃってるのわかってるかのように下着の中にAの指・・・。
運転中だし危ないよって思いながらも、(指止めないで)ってもう一方で思ってる私。
何度も助手席でイカされて、シートはびしょびしょ・・・。
でも気持ちいいのって我慢できないよぉ。

「A、もっとして」って、どんどんAにある意味調教されてるのかも。

B江もこーなのかな。
こんなんされたら毎日エッチしたくなる。
B江が電話してくるのもわかるなぁって思っちゃう。

そして私は、B江とCへの罪悪感を覚えながらも、Aとの関係は断ち切れそうにありません。