中学の卒業式の日にイメチェンしたらリア充になった

この体験談は約 6 分で読めます。

俺は今、充実した生活をしています。
ですが中学時代は違いました。
これは中学時代と高校の時のことです。

中学の時は本当に地味でクラスの“陰”の存在だった。
でも時折仕事で頼られることもあった。
そこで俺の、この頃のスペック。

地味メン、細マッチョ、メガネ、身長174センチ、性格はA型の人。

でも裏の俺がいた。
ある日喧嘩になりそうな時、挑発と右ストレートが相手から来て、頭に血がのぼり喧嘩をしたらしいのだが記憶が無く、頭が冷えたら相手が顔面血まみれで倒れていた。
相手は顔面が切れていて血が流れていた。

俺は(しまった!)と思い、気を失った相手を担ぎ、近くの公園のベンチに向かった。

相手を寝かせ、軽く頬を叩き、「大丈夫?」と声を掛けると起きた。
起きた彼は俺を恐れた目で見た。
俺は聞いた、「俺はどうだった?」と。
彼は口を開いた。
彼が言うには、俺は挑発に乗り、ケモノの目で殴って来たらしく、逃げたが追いかけてきて半殺しにされかけ、気を失ったらしい。
俺は反省して手当てを軽くしてあげ、素直に謝った。
彼も反省したみたいで、仲直りし、肩組んで仲良く帰った。

次の日、俺と彼は絆創膏とかいっぱい付けて登校した。
正直、先生とかは喧嘩があーだこーだうるさかったが、俺と彼が仲良くなったことにビックリしていた。

そして俺は卒業式を機にイメチェンした。
メガネはコンタクトにし、髪の毛は雑誌に載ってそうなカッコイイ奴にした。
卒業式当日、イケイケの格好で行ったら反応が凄かった。
当日に後輩や同級生に告白されたほど。
やっと俺は陰の存在から陽の存在になったのだ。
嬉しかった、でも告白する勇気がなかった。
その子とは高校が違うため未練と失恋で卒業した。

入学式の時は凄かった。
女の先輩からいきなり告られるし、同級生ウケが良かった。
すぐ女友達が出来た。
6人ぐらい親友と呼べるほどだ。
俺は女子の扱いは分からなかったため、女ウケが良いイケメンのRとつるむようになった。
男もRも含め結構友達ができた。

夏休みとなると女友達と男友達で海に行った。
そこで俺はある人に惚れた。
『彩(仮名)』という人だ。
女友達の中でも俺に優しく接してくれた。

彩は身長166センチでくびれたウエスト、Dカップの胸。
髪型は黒髪ショートでガッキーに似た笑顔が特徴。

俺らは海に来たついでに泊まる計画だった。
男は6人女も6人だったため、部屋のことで悩んだが、結果としては2人部屋に男女という感じになった。
そもそも女子はみんな可愛かった。
割り振りはクジで決めた。
ホテルのロビーで割り箸に1~5と書いてやった。
俺の相手は奇跡的に彩だった!

早速鍵を貰い部屋に入った途端、俺と彩は2つのベッドに倒れた。
そして今日の思い出を語り合った。

俺「今日楽しかった?彩」

彩「うん、こんなに楽しいのこれが初めて!高1にしては良い思い出だ。でも疲れたねー」

俺「そうだなー、俺はこうやってみんなで行けたの初めてだなー」

彩「えっ?俺君、女子と行くの初めてなの?中学の時は?」

俺は触れられたくないところを言われた。
だが彩だから正直に言うことにした。

俺「実はな・・・俺、中学の時はすごく地味でさ、卒業式を機に今の格好になったわけなんだ・・・。だからーこういうのは初なんだ」

彩「そうなの!てっきり元々かと思った!そのー・・・俺君の格好良さ・・・。元々じゃないんだね、ごめん。触れられたくなかった?」

俺「そんな事ないさ、おかげでスッキリしたよ。ありがとう彩」

彩「うん・・・」

会話が止まった。
その時ケータイが鳴った。
出たら、焼き肉に行くとのことだった。
早速行くことにした。

ロビーに出たらみんな集まっていた。
同じ部屋同士の男女がみんなカップルに見えた。

みんな集まったところでホテルの近くの焼き肉屋に行った。
運動後の肉は旨い。
宴は夜9時ぐらいまで続いた。

部屋に帰ると睡魔に襲われた。
彩もそうみたいだった。
俺は彩を先にシャワーに行かせた。
数十分後、彩が出てきたので、俺も体の汚れを洗ってすぐに出た。
俺は決意に満ちていた。

(人生初の告白を成功してやる!)と。

俺は彩に缶ジュースを渡し、口を開いた。

俺「なぁ彩、実はな・・・」

彩「ん・・・?」

俺「実は俺は彩が好きだ!愛している!だから俺と付き合ってくれないか?」

彩「え・・・?こんな私でいいの?」

俺「もちろんさ!彩!付き合ってくれるかい?」

彩「う、うんっ」

俺は歓喜に沸き立った。
これから楽しい生活が来ることを素直に喜んだ。
俺と彩はこの夜、何もなく寄り添って眠りに就いた。

翌朝、俺は朝6時に起きた。
隣では彩が可愛い寝息を立てて寝ていて、タンクトップもヘソ辺りまで肌蹴ていた。
俺は早く起きるのがクセで、いつもこの時間帯に起きてしまうのだ。
俺は身支度をし、今日の計画を立てていた。
7時になると彩も起きたので俺は声をかけた。

俺「おはよ!彩、よく眠れた?」

彩「う、うん。俺君朝早いねぇー」

俺「まぁね、クセついてるから、それよりシャワー入る?準備しといたけど?」

彩「お言葉に甘えて(笑)」

そう言って彩はシャワーに行き、俺はロビーにパンと飲み物を取りに行った。
見た感じ、別のグループは来ていなかった。
まだ寝ているようだ。
パン2人前とジュースを持ち部屋に入った。
彩もシャワーから出たようで可愛い服を着ていた。
いざ、彩と朝食。
美味しいクロワッサンだった。

一応他の部屋に電話して全員起こした後、ホテルを出る時刻を決めたので、それまで自由時間になった。
俺は彩とテレビを観てた。
テレビでは、『若い男女のファーストキスは何歳が多いか?』みたいのをやっていた。
突然、彩が言った。

彩「俺君、キスしたことある?」

俺「ないさ、機会がないし」

彩「私と、する?・・・キス」

俺「・・・!いいよ・・・俺、彩としたかったんだ、キス」

彩「ヤダー恥ずかしい///」

俺「彩!!」

俺は彩を押し倒した。
彩の無垢な体は抵抗せずにキスを受け入れた。
一旦キスをやめて俺は言った。

俺「彩!好きだよ、大好きだ」

彩「ありがとう、私もよ///」

今度は抱き合ってディープキスをした。
キスをしてたら時が来た。
もう出る時間みたいで、ロビーに行ったらみんな集まっていたので会計を済ませて帰ることに。
バスに乗り電車に揺られ、俺の夏休みは終了した。

俺は彩を家まで送った。
家の前に着くと彩が、「ありがとっ///」ってチュッとして家に入っていった。
俺と彩はそのような仲良し生活を送っていった。

時は高校3年、思い出づくりの真っ直中。
また同じメンバーで海に行くことになった。
そろそろ俺も彩とやってもいい時期だと思っていた。

そして当日、また集まった。
相変わらずみんな仲良かった。
みんなあの時のペアで手を繋いでいた。
そして海に着くとハイテンションで遊んでいた。
気がつくと午後4時、みんなクタクタだった。

ホテルに着き、ベッドに倒れる俺と彩。
倒れながらも顔を見合わせる俺と彩。
なにか温かいものを心に感じた。
俺は口を開いた。

俺「彩!一緒にシャワー入らない?」

彩「全然いいよ・・・それじゃ行こっ!」

俺は彩の手を掴みバスルームに向かった。
俺の全裸と彩の全裸が対面した。
最初はしっかり背中を流したりしたが段々お互いエロい気分に。
俺は突然、彩の体を引っ張りベロチューをした。
彩も喘いでハァハァしていた。
そして裸で抱き合った。

その後、また焼き肉に行くらしく、ベロチューして焼き肉を待った。
焼き肉を食べ終えると思い出など語り合ってホテルに向かった。
その後、彩と一緒にシャワーに入り、お互いの体を綺麗にした。
シャワー上がり、俺は勇気を出し、彩が座っていたベッドに彩を押し倒した。

ドサッ!

彩「俺君・・・?」

俺「ごめん、我慢出来ないんだ・・。お前が好きだ、やらしてくれ」

彩「・・・うん」

彩は涙目だった。
俺は上からベロチューしながら彩のおっぱいを揉んだ。
彩は可愛い喘ぎ声で俺を求めた。
俺は彩の乳首を吸い、片手で片方の乳首をコリコリした。
さすがに彩も、「はふんっ、あぁん、むふぅっ、あぁん」と喘ぎ、俺の息子はビンビンで彩に奉仕してもらうことにした。
彩は初めてにしては結構上手くて、1回目は口の中でイッて精子を飲んでもらった。

お互い童貞と処女なんで騎乗位で挿入することにした。
入れる時は処女マンコがキツキツで馴染むまで時間が掛かった。
馴れてくると彩から腰を少しずつ振ってくれて、危うくイキそうになった。
俺は体位を変えてバックにして腰を振った。

彩は、「あんっあぁんんっあっ」と喘ぎ、俺は、「彩ぁー好きだぁーっ」と言ったりして最後に・・・。

俺「ああっ、イクっっ、あぁっ」

彩「あぁんはふぅっ!あんっ、イクぅっ!イクゥゥッ!」

とか言って中出し。
またお掃除してもらって、全裸で抱き合いながら寝て夜を終えました。
次の日も朝から彩が起きた時にもう一発ぶちかまし、俺らの最後の夏休みは終わった。

そして俺らは卒業した。
今は彩と同棲していて、結婚を考えている予定です。
読んでくれた方々ありがとうございました。