大好きな義弟がまだ童貞だと知って

この体験談は約 3 分で読めます。

私は高3の女子高生で、中学3年生の義理の弟がいます。
両親が再婚して、連れ子の弟なんです。
その弟というのが近所でも有名な美少年で、学校とかでもよくクラスの女子から告白やら電話がかかってくるほど。
実は私も一目見て義理の弟を好きになってしまったのです。

再婚3ヶ月目でまだ日が浅い時の話なんですが、両親が実家(母方のほう)へ遊びに出かけて2日ほど留守にしたことがあり、私は弟と2人きりで留守番することになったのです。
私と弟は仲が悪いわけではなかったのですが、私は彼のことを意識しており、弟も妙に私を意識しているというか・・・。
とにかく一緒の家にいてあまりしゃべったことがなかったんです。
でもその日は両親がいない開放感からかとても話が弾み、話題は好きな子の話へと発展していったのです。

「ねえK君(義弟)は学校で好きな子いる?」

何気なく聞いた、というより以前から気になってた話題だったんですが・・・。

「うん、付き合ってる子がいるよ」

ショックでした。
聞かなければよかったと後悔した。
でも一応義理とはいえ姉ですから、弟に対する気持ちを表に出せず・・・。

「ふ、ふ~ん。で、その子とはどこまで行ったの?」

なるべく平静を装って核心の部分にさりげなく触れてみました。
すると、「まだ何もしてない。抱き締めたことはあるけど・・・」という答え。
相手の女の子は怖がって何もさせてくれないらしい・・・。
私は内心ホッとすると同時に、(そんなどこの馬の骨とも分からない女に弟をいいようにさせない!)という嫉妬のような闘争心のような感情が湧いてきてしまいました。
私は熱に浮かされたような気分になり、そして気がついたら弟の体に触れていました。

「お姉ちゃんだったらK君に色々してあげられるよ」

弟の耳元で甘く囁いてホッペにキス。
弟も興奮したようで、顔を真っ赤にして目を潤ませていました。

弟「冗談・・・じゃないよね、本気?」

私「本気よ・・・初めて見た時から、K君のこと好きだったの」

弟「でも僕たち、義理とはいえ姉弟だよ」

私「親が勝手に別れて勝手にくっついたんじゃない、血は繋がってないんだし」

弟はその一言でスイッチが入ったのか、私の胸をぎゅっと強く掴んで乱暴に弄ってきました。
服を破きそうな勢いだったので・・・。

「ちょっと待って・・自分で脱ぐから乱暴にしないで」

私は弟の目の前で下着だけの姿になり、弟のパンパンの股間を服の上から指で軽く弄ってみました。
そして弟の膝の上に跨がってディープキス。
耳元へ息を吹きかけながら弟の服を脱がしていきました。
弟は上に跨がった私の下でされるがまま。
私はドキドキしてとても愛おしくなり、何度も顔にキスしまくりました。

お互いキスしながら性器を愛撫しあいました。
弟のモノはカウパーでぐしょぐしょになり、私のアソコは愛液でびしょびしょになっていました。
ぐちゅぐちゅという水音が居間に響き渡り、お互い限界までエッチな気分になっていました。

「もう我慢できない」

私はブラとパンティをその場で脱ぎ捨て、弟のモノを自分のアソコに宛てがい、ゆっくり腰を下ろしていきました。

弟・私「ああんッ!」

ズブズブという感じでオマンコにチンポが飲み込まれていきました。
瞬間、私の頭の中は真っ白になり、入れただけで軽くイッてしまいました。

「いい?動くよK君・・・」

私は彼がすぐイッてしまわないようにゆっくり腰を動かし始めました。

(あああ!気持ちよすぎ!)

男性経験は3人ほどと経験があった私ですが、弟とのセックスは全くの別格で最高に気持ちよかったのです。
気がつくと、思わず我を忘れて弟の上で激しく腰をグラウンドさせていました。

「ああっ!イクッ、姉ちゃん・・・僕、イクよおおっ!」

私はその瞬間、下腹部から脳天まで衝撃が駆け抜け、外に出させることも忘れて大声で叫んでいてイッていました。
弟の精液が私の中でビュクビュク出てるのが感じられました。

それからしばらく休憩した後、弟のモノをフェラしてあげました。
弟は私の口の中に、これでもかというぐらいどぴゅどぴゅと大量の精液を放出しました。
1回出してはまたしばらくフェラ、また放出という連続フェラで、お風呂に入って寝るまでに弟は3回も私の口の中にエレクトしました。
そして私は弟の精液を一滴残らず全部飲み続けました。
お風呂と寝る前にも弟とセックスしました。
顔と口の中に出されました。

あれから1年が経ちましたが、私と弟の関係は今でも続いています。