オナ禁生活してたらホームレスのババアに欲情して

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は23歳の童貞だった。
オナ禁生活してて性欲がすごい溜まってた。
オナ禁したほうがオナニー気持ちよくなるじゃん?
それが理由だった。

普通に歩いてたら、汚らしいというか何というか、いかにもなホームレスのババアがいた。
なんか興奮した。
しかしながら童貞の俺はきっかけなんて分からんから、とりあえずコンビニでオニギリとパンを買った。
お茶も。
それをホームレスのババアのところに持って行った。

「おばちゃん、ご飯あるの?」

「うぇぇ???なんじゃいな!!!!」

なんかめっちゃ怒鳴られた。

「ご飯いる?余ったんやけど」

「すまんなー」

施設というかホームレスの方を救う団体みたいな人達と勘違いしたらしく、すんなり渡すことができた。
ちょっとお家にお邪魔したんだけど、結構よく出来てるんだよな。
俺も金なくなったらホームレスでもいいかなって思った。

ババアのスペックは、70歳前後。
(後述するけど生まれた年的にそれくらい。自分でもハッキリとは覚えてないみたい)
年相応の顔。
なんか肌が茶色い。
とにかく臭い。

世間話とか俺の話とかした。
そしたらババアが、「おしっこしてくるわ」とか言いながら家のすぐそこでし始めた。
何の恥じらいもなく俺の前で下半身すっぽんぽんになった。
初めて見る生まんこに俺の股間は爆発寸前になった。
おしっこし終わったあと、ババアは自分の服でまんこを拭くんだよ。
どうりで臭いわけだよ。

ここで俺は勝負に出た。

「おばちゃん俺もおしっこしていい?」

「ここトイレや。勝手にせえ」

俺はフル勃起したちんこをボロンと見せながらおしっこをした。

「どやおばちゃん、デカいやろ?」

「兄ちゃん、いいもん持ってるがな」

そう言いながらヒィヒィヒィって笑ってた。
これはいけると童貞ながらに思った。

おしっこし終わったあと、そのままババアのところに行って、「おばちゃん、舐めてくれんか?」って頼んだ。
そしたらババアは何も言わずに手で亀頭をグリグリしながら、その触った手を自分で舐め始めた。
そのあとで何も言わずにしゃぶり始めた。
正直ここまで上手くいくとは思わなかったからめっちゃ怖くなった。
でもすごい気持ちいい、なんとも言えない気分になった。
ババアは歯がないから、歯茎がまたいい味を出すというかいい刺激を与えるんだ。

「わぁ~~~~」って言いながら悶えてた。

喉の奥をたまにつっついてやったらババアもオエってなったらしくてドロドロの唾液が口からダラダラ垂れてるの。
普段なら気持ち悪いのかもしれないけど、その時はそれが興奮する要素になった。
俺の手で口を拭いてやって、それをババアの顔に塗りたくった。
もうマジでビンビン。
書きながら思い出してもビンビン。

フェラはある程度にして次は口移し。
俺はちんこをババアの口から抜いて、しゃがんだ。
そして口づけ。
ババアは昔を思い出したのか積極的に顔を近づけてきた。
ただ経験が少ないのか忘れているのかは分からんけど舌は出してこなかったなぁ。
まあしょうがないからババアの唾だけベロで吸い取って口づけは終了。

服を脱がすことにした。
現れたのは茶色い体。
なんでホームレスって茶色いんだろうね。
日焼けかな?
おっぱいはなんというか、外人のおばちゃんがパソコン見ながらまんこ弄くってる画像あるだろ?
体はまさにそんな感じなんだ。
顔は違うけど。

おっぱい触っても全然楽しくなかったからすぐに下の口の方へ。
ここで異変に気がついた。
臭い。

(うわぁぁっ、くっせえええうぇ)

そう思いながらも俺のベロは止まらなかった。
ババアの股間を一心不乱に舐め続けた。
ババアは感じてるのかしらんけど鼻息が荒くなってた。
しかし、なかなか濡れない。
もう枯れてるのかなって思った。
まあ俺の唾で濡らせばいいかと思って(この辺が童貞なんだろうなぁ)、そのまま舐め続けた。
相変わらず臭い。
慣れるかと思ったけどなかなか慣れない。
しかしまあ興奮はする。

ちなみにここまで会話はなし。
お互いに通じ合っていた可能性が高い。
なぜリードできたかと言うと、相手がホームレスのババアという自分にとっては下に見れる存在だからこそ。
相手が綺麗な人だとおそらく緊張して何もできませんが、相手がホームレスのババアなので緊張はしませんでした。

で、いよいよ入れようと思った。
その前にもう一度ババアに濃厚なキスを求める。
快く返してくれる。
嬉しい。
そして、挿入というところでゴムがないことに気づく。
さすがにマズいだろうと思った。
コンビニも近くにあるし買いに行こうかと思ったけど、ここでババアと離れるのは何か違うなって思った。
もう生でいいかって。

(よし、入れるぞ!)

俺は入れた。
入れようと思ったけど入らない。
実は中は完全には濡れてなかった。
どうしたもんかと思って、もう一度ちんこをババアに舐めてもらうことにした。
つまりはババアの唾液をローション代わりのしようと思った。
童貞にしてはいい案だなと思った。

先程と同様にたまに喉の奥をつついてドロドロの唾液を誘う。
いい感じで唾液でちんこが包まれたのを見て一気に挿入。
なんとすんなり入った!
ババア、ここで初めて声を出す。

「ぐぇええ」

一瞬、犬かなんかが家の外に来たのかと思ってビビったけど、ババアの表情を見るとどうやらババアが発した声らしい。
俺はぎこちなくも、これで正しいと自分に言い聞かせながら腰を振った。
なぜかなかなか締まりがいい。
他の女性のまんこを知らないから分からんけど、とにかく気持ちよかった。

「う~んう~んう~ん」

俺も喘いだ。
ババアも喘いでる様子ではあったが声が出てなかった。
でも表情は明らかに気持ち良さそうだった。
俺もそろそろ限界で、「おばちゃん出すで!」って言った。
ババアは声が出ない様子でただただ首を縦に振り続けた。

「あっぁイク!?」

AV男優みたいなこと言いながらババアの中に果てた。
尋常ではない時間ドピュドピュして全身の力が抜けた。
ババアも瞬間的に俺の腕をがっしり掴んだ。

果てた俺はババアともう一度キス。
そのあとはピロートーク。
ババアは1930年前後に生まれたみたい。
そこら辺はあんまり覚えてないって。

でもしっかりした女性だったよ。
呆けてないし、普通に暮らしてるババアよりよっぽどしっかりしてる。