友達の奥さんと正月早々3連チャン

この体験談は約 4 分で読めます。

年末に20年来の親友の雄二宅へ行った。
まだ15時頃だったけど、着いて早々に酒を出された。
俺は元々あまり飲めないし車で来たので辞退した。
雄二は酒、俺は代わりにお茶を飲んで盛り上がった。

夕飯をご馳走になり、しばらく話し込んだが、雄二は酔いが回って撃沈。
居間のソファーで寝てしまった。
時計は22時を指してたので俺もそろそろ帰ろうとしたところ、奥さんに「もう帰るの?今度は私のお酒に付き合って欲しかったんだけどな~」と言われ、もう少しだけ付き合うことにした。
その時は、奥さんもあまり酒が強い方ではないので、すぐに帰れるだろうと考えていた。
案の定、奥さんはすぐに酔っ払い、旦那の愚痴をこぼし始めた。

「この人ったら最近ご無沙汰なのよね・・・酷いでしょ?」

「こんな可愛い奥さんを放っておくなんて悪い奴だな(笑)」

まだ36歳の女盛りだし、欲求不満なんだな~と思いつつ、当たり障りなく返事を返していた。
すると、キッチンから新しいツマミを持ってきた奥さんが、俺の横に座ってしな垂れかかってくる。

(これはちょっとヤバいかな?)

そう思ったが、反対に期待もしてしまった。
だんだんとホステスみたいにボディタッチや、ツマミを手で「あ~ん」とかしてくる。
親友が目の前で寝てるので気が気じゃなかった。

「ちょっとこれはマズイでしょ・・・雄二が起きたら大変なことになりますよ?」

「大丈夫よ。この人、酔い潰れたら朝まで起きないから」

そう言いながら奥さんは唇を重ねてきた。

「今年も最後なんだし、少しくらい悪いことしてもいいじゃない・・・ね?」

理性が全部吹き飛び、奥さんを抱き寄せて舌を絡め合いました。

「寝室に行きますか?それともここで雄二に見せつけますか?」

「結構大胆なのね(笑)。私を放っておくこの人が悪いんだし、ここでしましょう」

奥さんの服を脱がせ、俺もシャツを脱ぎ始めた。
すると奥さんは俺のズボンに手をかけて脱がせてくれた。
そしてチンポとご対面した途端、奥さんは夢中で咥えてきた。

「そんなに疼いてたんですか?慌てなくても朝まで時間はありますよ?」

「言ったでしょ?ご無沙汰だったのよ。コレが欲しくて毎晩一人で慰めてたの」

奥さんは本能剥き出しで咥えながら自分でマンコを弄ってた。

「自分で触ってないで俺にもさせてくださいよ」

雄二の対面のソファーでシックスナイン。

「奥さんのココ、とても綺麗ですね。アナルも可愛いですよ」

「そんな所を褒められたの初めてよ」

「実は結構お尻好きなんですよ」

「意外な趣味があるのね(笑)。お尻でするのは抵抗あるけど、触るだけならいいわよ」

遠慮なく舐め回したら意外にも好評だった。

「そろそろ入れて・・・ゴム無しでいいから」

「それじゃ、そっちに行きましょう」

雄二寝てるのソファー背もたれに手をつかせ、お尻を突き出してもらった。

「ここで?本当に?この格好で?」

「見せつけるんならココが一番でしょ」

奥さんの胸のすぐ下には雄二の顔がある。
さすがに奥さんは緊張で震えてたけど、遠慮なく突き入れた。

「かなり締まりが良いんですね。これじゃすぐに出ちゃいそうだ」

「だって・・・この人のこんな目の前で突かれてるんだもの。勝手に締めつけちゃうのよ」

「じゃあ今度はこうしましょう」

雄二の目の前の床に座り、背面座位で挿入。

「こうするとアソコにチンポが入ってるのが丸見えですよね」

「あぁ・・・もしこの人が目を開けたら、親友に突かれて喜んでるのがバレちゃう!このチンポでマンコが喜んでるってバレちゃう!ああ~~!」

「喜んでもらえて光栄ですよ。クリトリスにもサービスしちゃいます」

「待って!今そこを触られたらイッちゃう!あっ!ダメ!イク!!」

身体をビクンビクンさせて盛大にイッてくれました。

「そんなに良かったですか?でもまだ終わりじゃないですよ?」

「待って・・・腰が・・・」

「それなら俺に掴まってください」

奥さんを抱えて駅弁スタイルで挿入。
雄二の顔のすぐ上で突き続けた。

「ここで奥さんに出しますね。受け止めて下さい」

「さっきより顔に近いじゃない!こんな目の前で私の中に!?」

「出しますよ!」

実は俺も1ヶ月ほどご無沙汰だったから大量に出た。

「あっ・・・出てる・・・凄くたくさん出てるぅ・・・」

「久しぶりの精子はどうですか?」

「気持ちいいわぁ・・・これが欲しかったの・・・」

「奥さんの中が気持ち良過ぎていつも以上に出てますよ」

「嬉しい・・・中で精子が広がっていく感じが好きなのよ・・・」

「奥さんが望むなら俺は大歓迎です!いつでもお相手しますよ?」

「もう!そんなこと言われたらクセになっちゃうじゃない・・・」

「なって下さい(笑)」

「じゃあ・・・年が明けたらまたお願いできる?」

「喜んで!」

「今抜いたら精子が垂れちゃうわね・・・たくさん出してくれたから(笑)」

「このまま風呂に行きますか?」

「いえ・・・中から出て来るところもこの人に見せつけましょう」

チンポを抜いて奥さんを下ろした。
奥さんは雄二の顔の近くに立ち、足を開いてお尻を突き出してマンコを開いた。
出したばかりの精子がボタボタと床にこぼれた。

「あなた・・・あなたの目の前でこんなに出してくれたのよ・・・この人の女にされちゃいました・・・ごめんなさいね」

「雄二・・・ごめんな。奥さん、俺がもらうから・・・お前が奥さん放っておくから悪いんだからな」

「さ、一緒にお風呂入りましょ?」

「こぼれた精子は拭き取らないで良いんですか?」

「お風呂から出てからでいいわ。服もそのままでね」

風呂でもたっぷりイチャイチャしました。
風呂から出ても1時間くらい片付けもせずに裸でイチャイチャしました。

朝になっても雄二は二日酔いでダウン。
奥さんと初詣に行くと見せかけてホテルで姫始めしてきました。

二日に今度は雄二と奥さんが我が家へ。
早々に雄二を酔い潰らせて奥さんとセックス。
今日は雄二が昼間から他の友人と飲みに行ってる隙に、俺が雄二の家に行って奥さんとセックス。
さすがに4日連ちゃんはキツいけど、奥さんの身体が良すぎて我慢できませんでした。