夫の留守中に改装業者の男性を誘惑して

この体験談は約 3 分で読めます。

夫は単身赴任中です。
いつも家にいることが多く、外にはあまり出歩かないほうです。
家の中にずっといると、ムラムラすることがあります。
たまに訪れるセールスや宅急便の男性を見て、いやらしい想像をいつもしてました。

もし、この男性に抱きつかれたらどうしよう・・・。
もし、この男に抱きついたらどうなるかしら・・・。

そんな妄想は、ついに行動となりました。
相手は、1ヶ月くらい前から来るようになった改装業者の男性でした。
何度も訪れて来て、「一度、床下を点検させてくれないか」というものでした。
なかなかハンサムな人で、何度か訪れるうちにとても彼のことが好きになってしまったのです。
彼のことを思い出しながらオナニーをしてました。
彼に強引に押し倒されて犯される妄想です。

決意して4度目の時に点検をしてもらうことにしました。
その日、私はノーブラに薄手のシャツで出迎えました。
恥ずかしかったです。
部屋のテレビの上に、わざとバイブも置いておきました。
彼は玄関を入る時、私を見て少しはっとしたみたいでした。

居間へ上がって、まず説明を始めました。
サンプルの写真を見せたいのでテレビを貸して欲しい言いました。
テレビの前に来た時、はっきりテレビの上のものを見たのです。
何か少し動揺した様子で説明を始めました。
彼が説明をしてる間、私は胸元を開けて、彼の股間をじっと見つめました。
彼はそれにすぐに気づいた感じでした。
説明を続けてましたが、股間は明らかに大きく膨らんでいるのです。

その後、床下へ入ることになりました。
床下収納がある台所へ行きました。
私に断って作業着に着替え始めたのです。
なにか彼もこうなること予感していたようですね。
私が彼の下半身を見つめていると、覚悟を決めたようにスラックスを勢いよく下ろしました。
下着はセクシーな黒ビキニでした。
その黒さが目に眩しかったです。
彼は私の方を堂々と振り向きました。
すでに彼のモノがビキニの上から飛び出ていました。

(ああぁ・・・。なんて立派なおちんちんなの)

充血した感じで赤黒くなり、エラが張った勇ましいおちんちんです。
彼は目を閉じて、私に向かって腰を突き出していました。
もう言葉はいりません。
私はその巨大なモノを咥えました。

(おっきい!)

口の中がいっぱいになりました。
仕事で汗をかいているせいかちょっと臭かったけれど、それが余計に私を興奮させました。
口の中に唾液をいっぱい含ませ、舌で絡めるようなフェラチオをしてあげました。

「ああぁぁ・・・奥さん・・・」

目を閉じてうっとりしている彼。
可愛くて、もっといじめたくなっちゃった。
ちゅぱちゅぱ舐めていたら・・・。

「奥さん・・・イッちゃう・・・」

そう言って、私の口の中にたっぷりのザーメンを放出したのです。

今度は私が奉仕してもらう番です。
テーブルの上に座り、足をM字に広げました。
股間に彼の顔が近づきます。
そして、いっぱいクンニしてもらったのです。
あまり上手ではなかったけれど、一生懸命さが伝わるクリニングスでした。
だから、途中からすごく感じちゃったのです。
おまんこに、いっぱい汁をこぼし、アクメを迎えたのです。

その後、立ったままバックで挿入されました。
ガツガツしたセックスだったけど、それもかえって新鮮でした。
すごく気持ちよくて、昼間なのに声を出して喘いじゃったのです。

彼は私のおまんこのに中出ししてしまいました。
そして、私が崩れ落ちた隙に帰って行ってしまいました。

その後、床下喚起扇を付けることにしましたが、その工事には彼は来ませんでした。
それから彼は訪れません。
一度きりのお遊びでした。