人肌恋しくて先輩と添い寝

この体験談は約 4 分で読めます。

私が営業職として入社した会社は、本社の近くに寮があり、低層階が女の子で、上層が男の子。
部屋は3LDKや2LDKを、2~3人でシェアして生活してました。

私が配属された係には、1つ年上の寮生の先輩がいたんですけど、頼りになる先輩で、メールで励ましてもらったり、飲みに誘ってもらったりで、本当に憧れの先輩でした。
大体は、休みの前の日に「ビール」と、一言のメールが来るので、お摘みを作り、非常階段をこっそりと上って、先輩の部屋に行くという感じでした。
その日も、先輩の部屋でいつものように飲んでました。
3人ぐらいで飲んでて、仕事の愚痴を聞いてもらったり、別れた彼氏の話をしたり。
先輩がマッサージしろというので、うつ伏せの先輩に跨がって、マッサージなんかもしてました。
周りには「ここは何屋だ!?てか、おまいらの関係は何なんだ!?」と、言われたりで。

その飲み会は、私が食器とかの洗い物をしてる間にお開きになったようで、ふと気がつくと、先輩が布団の上で“うつ伏せ大の字”で寝てるだけ。
その頃のあたしは、彼氏と別れたところで、なんかちょっと寂しかったと言うか、人肌恋しかったというか・・・。
こそっと、先輩の隣に添い寝をしてみたんです。

「・・・?」と、意識が曖昧なまま、先輩は私の存在を確認したようでした。

で、私も無言で、ピトッとくっついときました。

先輩は、「◯◯は、さみしがりやなあ」と、腕枕をしてくれました。

でも、この日はHはしませんでした。
うつらうつらに寝てる先輩に、ちょっとだけちゅーしてみたり、ほっぺたをつついてみたり、ちょっと浅い眠りについたり・・・。
そんなんで朝になり、私は先輩を起こさないように、自分の部屋に帰りました。

彼の住んでる寮、いつも隣人が気になって、声を抑えてた私。
ある日、隣人が留守だっていうから、初めてHな声いっぱいだした。
しかし、あとで気付いたんだけど、ドアが開きっぱなしになってた・・・。
聞かれちゃってたら恥ずかしいな。

おまぬけでスミマセン次の日、普通に仕事をしてる自分が、ものすごくおかしかったです。
やっぱり先輩も普通で・・・。
(でも逆に、ギクシャクしてても進展しなかったろーけど)

んで、その翌週ぐらいでした。
先輩からメールでなく、電話がきました。

(ん?珍しいな)と思い、出てみると切羽詰った感じで、部屋に泊めてくれとのコトでした。

なんでも、鍵を部屋の相方に渡したままで、相方は今日は帰ってこないとのコト。
(こ、これは、昨日の続きになるのでは!?)と、あほなことを考える私。

先輩は、すまなさそうな感じで私の部屋にやってきました。

「先輩は、私の布団を使ってください。わたしは、隣の部屋で△△(私の部屋の相方)の布団で寝ますから」

・・・と、建て前上、言ってみる。
(△△はその夜留守でした)

このふすま一枚向こうに先輩が寝てるんだ~と、思いつつ、待つ私。

「おんや・・・」(ふすまを開ける)

「・・・!!(ね。寝てる!!!)」(;-□-)

(普通、この状況だったらそーなるでしょ!?)と、思いながら朝を迎える私。

「先輩。朝です。△△が帰ってくるんで・・・」

私は心とは裏腹な表情で、先輩を起こしました。
お礼だけ言い、言葉少なめに帰っていく先輩。

(何!?私には何が足りんのだ!!!)と思いつつ、日は流れていきました。

んで、いつものようにまた、休み前には一緒に飲む日々が何週か続きました。
みんなで飲んで、楽しく騒いで。
そして、気がつくと、先輩は寝てて、私と二人。
私はまた、無言で先輩の隣に体をくっつけて横になりました。

(なんでHしてくれないんだろ。私じゃだめなのかな・・・)と、思いながら、ちゅーをしました。

先輩は前のときよりは意識はあるようで、ちゃんと起きていました。

「ほんまに、さみしがり屋やなあ」

先輩は抱きしめてくれました。
その手は、私の腰のあたりに回ってきて、今までとは違う感じでした。

「お前なあ、男ってのを分かってなさ過ぎ。男は好きじゃなくてもできるんやで」

「私は◯◯さんが、好きです」

いつもは私がキスをしても“抵抗はしないが、受け入れない”みたいな感じだったのに、その日は、私のちゅーをちゃんと受け止めてくれました。
ちゅーをしながら“うわああああ”と思っているうち、彼の手は私のお尻のほうにやってきました。

何て言うか・・・。

“鷲掴み”

すごく力地よい感じで、彼のナニも元気になりつつあって、私の下腹部に当たります。

「・・・。絶対にAなら、この状況はやってるなあ・・・」と、呟く先輩。

(Aって言うのは同じ係りの♂やりチンで有名。)

ちなみにA先輩ともやってる私は劇的なアフォ。
てか、あの頃の私は若かったのよ・・・(-o-)y~~

一回“ON”になったスイッチは止まらないらしくって、先輩は私の下着を脱がしていきました。

「ココにちんぽ入れて欲しいん?」

そう言いながら、私の割れ目を、すうっと撫でていきます。
私は我慢できずに声を出さずに、コクコクと頷きました。

隣の部屋で物音がしましたが、先輩は「うわ。いるやん」と、言いつつも続行。

私ももう、とろとろだったので、私が上で入れてしまいました。

タイトルとURLをコピーしました