職場で年上の派遣OLとエッチ寸前までいった

この体験談は約 3 分で読めます。

派遣で1週間データ入力したときの話なんだけど・・・。
もう4年前の話。
某大手の人材派遣会社に登録していて、いつもは1人のことが多かったけど、その時は、「2人でのお仕事です」と言われた。

朝、待ち合わせ場所に行くと、担当者の他に女性が1人。
年は最後まで教えてくれなかったけど、たぶん30代前半くらいかな。
ちなみに自分は当時26歳。
正直きれいな感じではなかったので少しがっかりしたけど、ま、1人よりはマシかなと。

仕事は単調なデータ入力。
で、大部屋の一角で仕事かと思いきや個室だった。
会議室に段ボールがどかどかと積んであって、ノートPCが2台並んでいた。
少し世間話してから仕事始めたけど、音楽もないし、入力の音だけできつかった。
昼はコンビニに弁当を買いに行って部屋で食べた。
そこから少しずつ仲良くなっていった。
肩揉んでもらったり、揉んであげたりもするようになった。

で、4日目に飲みに行った。
ほんとは5日目の最終日に打ち上げしよう、ということだったけど、なんとなく「今日行かない?」ってことになった。
正直、少なくとも自分はもう意識してた。
つうか我慢できない感じだった。

で、最寄り駅の駅ビルで飲むことに。
ビール頼んで来るまでの間に手相の話を持ち出して手に触れてみた。
で、繋いでみた。
優子(相手の人)は、「なんか恥ずかし~」とか言って、「テーブルの下で」と言った。
テーブルの下で両手を繋いで見つめあう感じ。
その時点で少し勃起しかけていた。

ビールが来た時も繋いだままだった。
優子は外そうとしたけど自分が離さなかった。
しばらくそのままだったけど、優子が「とりあえず乾杯しようよ」と言って手を離した。
手を繋いだ時の顔になんとも萌えてしまう感じで、でも次の一言が言えず、食事は終了。

で、手を繋ぎながら駅ビルのベンチに座って、両隣に人がいなくなったタイミングで言ってみた。

「ホテル行きたいな」と。

すると、「だ~め」。

20分くらいお願いしてもだめ。
で、その日はあっさり帰りました。
でも次の日、お楽しみは待っていた。

朝、一緒になって、会議室に着いてコート脱いだら・・・いつもよりセクシー系でした。
と言っても、いつもパンツだったのが膝上のスカートとタイトなニットになっただけですが。
で、お昼食べた後、「昨日みたいに手繋ごっか?」って手を繋ぎました。

「肩抱いていい?」
「ほっぺにキスしていい?」
「唇にキスしていい?」

で、キスしてしまいました。
彼氏はいるようなこと言ってたけど、キスのときに腕をまわしてきて、舌も入れてきました。

そのときに胸も触りました。
で、スカートの裾に手を入れて太ももを撫で回しました。
でも奥の方はガードされてしまいました。

昼からはもうノルマもほとんど終わっていたこともあって、触りあいな感じでした。
いつ人が来るかわからないので、あまり大胆なことは出来なかったけど、手が空いてるときはズボンの上からモノを撫でてもらっていました。
撫で方がやらしくて、我慢できずにトイレに行ってオナニーしちゃいました。
優子にもトイレでブラ外してもらってきました。
ニットの上からコリコリした乳首を弄りました。
夕方になって暗くなると外から丸見えのような気がしたので、撫でてもらうだけになってしまいました。

最後、部屋を出るときに電気を消して、キスして抱き合って、背中から手を入れてやっと優子の肌に触れることができました。
このあとは当然エッチだろうと思ったのに、「ごめんなさい」と。
でも職場でこんなことになることはもうあり得ないと思います。

駄文ですみませんでした。