超巨乳のギャルOLをぐりんぐりんにしてやった

この体験談は約 5 分で読めます。

俺は当時ヤリチンで有名だった。
そんな俺に携帯販売会社で働く女友達から電話があった。
生意気な後輩がいるからお仕置きして欲しいと・・。

俺:(当時)25歳。
女友達:22歳。
後輩:19歳。

「セッティングはこっちでするから」と誘われ、呼び出された居酒屋に向かった。

俺は1つ年上の連れと一緒に行った。
そこには呼んだ女と会社の同僚3人、男の同僚1人、そして後輩、俺ら2人の組み合わせだった。
ちなみに俺の連れもヤリチンだった。
居酒屋に入るとみんな揃っていた。

ターゲットの女を見ると、ちょいぽっちゃり、でも超巨乳。
顔は全然いける。
格好はギャルっぽい。

ちなみに頼んできた女(A子とする、ぶさいくで貧乳)の同僚の中に知っている女もいた。
結構可愛い(B子とする)。
で、その後輩の女が男の客や店員に色目を使うというのが腹の立つ原因らしいのだが、見てるとただの女友達のやっかみの様にも聞こえた。
そんなこんなで飲みが進んでいった。

みんなだいぶ酒が回ってきた頃だった。
傍観してた俺らに苛立った女友達がクレームをつけてきた。

「早くぐりんぐりんにしてよ」

飲んで話をしてる限り、そんなに悪い後輩じゃないなと思っていた。
もちろん胸元の開いたTシャツから見える胸元にやられてたんだが・・・。
業を煮やした女友達が後輩に絡み始めた。
その時点で後輩はかなり泥酔状態で、女の友達の同僚2人が先に帰った。

女友達が、「あんた、胸を強調しすぎなのよ!」と言いながらTシャツの胸元を引っ張り始めた。

そこから見える谷間に俺らはだんだん興奮してきた。
酔った勢いもあって、俺が後輩の後ろにまわり手を押さえる。
連れが前からでっかいオッパイを揉むという状態。
しかしそんなのでは全然納得いかないA子が、後輩の胸元からTシャツとブラごと一気にズリ下げる。

「やれやれー」と煽るB子。

唖然とする男の同僚(新入社員、19歳)。

ほんとにボローンって感じで飛び出すオッパイ。
適度に黒ずんだ乳首、たわわな乳がぶるぶる揺れてる。
後輩のエロいオッパイを見た瞬間、何かが俺らの中で弾けた。
後ろから揉みしだく俺。
女をひっくり返そうとする連れ。
抵抗しようとする後輩。
両乳を俺らに吸われてる後輩。
下のジーンズだけは脱がされまいと必死に抵抗してたんだが、ジーンズの上からでも湿りがわかった。
またもやA子が後輩のジーンズを脱がせた。
コンパと聞いて誘われた後輩は何かを期待してたのか、スケスケのレースのパンツを穿いていた。
レースの上に濡れているため、さらに透けたパンツから見えるマン毛に俺らの興奮は最高潮に達した。

後輩をマンぐりの体勢にし、はみ出たマン毛とビラ。
連れはまっ裸になりチンコはへそに付きそうなくらい勃っている。
俺もまっ裸になり、後輩のパンツを尻の方から脱がした、その瞬間だった。

ガラガラっと個室の障子が開いた。

「キャー!」とオンナの店員の声。

俺らが後輩を犯してると勘違いしたらしく、速攻でホールに走り去っていった。
すぐに店長と男の店員が4人くらい駆けつけた。

店長「お客様、他のお客様のご迷惑になりますので、こちらでそういう行為をされては困ります。今すぐにお引き取り願います」

そう言われた俺らは渋々店を出ることに。
連れはすぐに服を着たが、俺はなんか悔しいのでとりあえず後輩のパンツを横にずらし、濡れたマンコにとりあえず突っ込んだ。
ま、3~4回ピストンしただけだが。

店を出た俺らは、A子と同僚男はそこで解散となった。
俺は結構可愛いB子を送って行くことになった。
実はその日、俺は他のコンパにも誘われてたのだが、可愛いB子を送れるとあって、とりあえず車に乗った。
連れは後輩をどうにかしてやろう(ものすごい巨乳好きだった。てか、この後輩なら誰でもやりたいと思うが)と思っていたのが見え見えだったので、1人暮らしの俺の部屋の鍵を渡してやった。
俺はB子に車の中でキスをかましたのだが、それ以上をさせてもらえず、他に誘われてたコンパに向かった。

連れと後輩が気になった俺はコンパも早々に引き上げ、家路を急いだ。
マンションの1階の駐車場に車を停め、自分の部屋に上がろうとしたら、ちょうど連れがロビーに下りてきたところだった。

「超ー気持ちよかったでぇー。俺、明日仕事早いから帰るわー」

そう言って連れは上機嫌で帰っていった。
部屋に入ると後輩はベッドで寝ていた。
どうしたものかと思いつつ、眠たくなったのでベッドに入った。
声を掛けても反応はなく、揺さぶっても起きなかった。

さっきまで連れとやってたはずなのにと思いながら、巨乳に手を伸ばした。
Tシャツは着てたが、なにやらノーブラ。
すぐに乳首に辿り着いた。
乳首をクリクリ摘むと、「ハァ~ン」って。
もう眠気なんか吹き飛んだ。
キスしてオッパイ吸いながら俺の股間を触らせた。
すっごい巨乳(後で聞いたらGカップだった)を変形するほど揉みながら、ズボンとパンツを一気に脱いだ。

生チンをしごかせてると、「あたし、そんな軽い女じゃないし」とか後輩が言いだした。
ついさっきまでチンコ舐めたり、出したり入れたりしてたくせにと思いながら・・・。

「じゃあ咥えてよ」

「だめだよ、そんなの」

寝転んでる後輩の顔の横にフル勃起したチンコを持っていき、半ば強引にねじ込んだ。
勝手に腰を振りながら、「じゃあ濡れてなかったらやらないから」と、さっきまで連れとやってたんで濡れてるのはわかってる。
ジーンズの中に無理やり手を突っ込んだ。
すると手が直にマン毛に当たった。
パンツも穿いてなかった。
マンコに指を伸ばすともうビタビタ。
速攻でGパン脱がそうとすると、アンアン言いながらも、「そこだけは嫌、もう許して」だって。
で、「その代わり、口に出してもいいから」と、自分からチンコを咥えて顔を動かし始めた。
それはものすごく気持ちが良かったのだが、それだけで我慢が出来るわけがない。
チンコを咥えさせたまま下も脱がす。
俺が上の69の体勢になり、イマラ気味に腰を振って口の奥まで突っ込みながら後輩の股を開いた。
もう思いっきり広げてやった。
そこにはマンコから染み出てきた汁以外の別の液体が・・・。
そう、連れはしっかり中出ししていったのであった。

その頃にはもう後輩女の酔いもほとんど醒めていたらしく、どうやら連れとの一戦が終わり、ベッドの上でまったりしていたら俺が帰って来た気配がし、慌ててパンツとブラを探したがなかったので、マンコも拭かずそのまま服を着て寝たふりをしてたらしい。
ま、連れが出て行ったにも関わらず、そのまま俺の家にいたんだから、その気がなかったとは言わせない。

とにかく我慢出来なくなった俺は後輩を得意のマングリ返しの格好にさせ、「挿れちゃうよ」と言い、返事も聞かずに突き刺した。
女もすっかりその気になってて、「ダメ」なんて言いつつしっかり自分でマンコを開いてアンアン言ってた。
その体勢と女の自分の太ももで押しつぶされたオッパイを見ながら俺も大興奮。

正常位に戻して腰を振ってると、オッパイが凄い動きをしていた。
なんて言えばいいのかな?
音にするとワッサリ?モッサリ?タップリ?
とにかくそんな感じだ。
腰の動きを速めると、それに連動するようにタップリタップリタップタップタップブルブルブルブルって。
アホだな俺。

この辺りからしばらく記憶が曖昧なんだが、バックに体勢を替え、デカい尻を掴んで打ち付ける。
オッパイの動きに合わせて肩や脇の肌が引っ張られるように動いてた。
ベッドの近くに鏡を置いてたんだが、ふと鏡を見ると俺らの姿が映ってた。
ちょうど真横からのアングルだったんだけど、オッパイが凄いことになっていた。
もうブルンブルンッて感じ。
部屋に響く尻とぶつかる音。

「ウッウッ、ア、ア、アアーン」って喘ぎ声。

連れの精子と女の愛液の混ざった匂い。
他人のセックスを見てるような鏡の中の俺ら。
我慢の限界だった。

「もう出そう」
「あたしもイキそう」

「中でイッちゃうよ」
「中はダメ、顔でも口でもいいから」

もう連れに中で出されてんだから変わらんだろうと思い・・・。

「ダメ。中で出す、混ぜるんだから」

もう興奮してわけのわからないことを口走ると・・・。

「うん、中で出して・・・いっぱい出して、グチャグチャに混ぜて~」

俺以上にわけわかんない後輩女。

「もうダメ、出る」

「あたしもイク・・・」

というわけで、女友達の願い通り、ぐりんぐりんにしてやった。