駅で拾った泥酔女子大生に中出し

この体験談は約 3 分で読めます。

数日前、終電間際の電車の床で座り込んでる女の子を発見。
近くの椅子に座ってた客が席譲ろうとしても、「いいです、いいです」の一点張り。
電車がカーブ曲がったり、加速減速すると転がりそうになるんだが、結局俺が降りる駅までそんな調子だった。

で、俺が降りようと思ったらその子も降りたわけ。
で、ホームに降り立つや否やまた座り込む。
見ていてあまりにも心配&可哀想だったので、とりあえず、「大丈夫?とりあえずベンチ座りなよ」とホームのベンチまで連れてった。

隣に座って聞くと、次の駅で降りるということだった。
俺が降りる駅は急行停車駅。
次の駅は通過駅。
つまり彼女は各駅停車に乗り換えるために俺と同じ駅で降りたってこと。

本当に心配だったので(ホームに落ちたり階段から転げ落ちて死んじゃったりするんじゃないかと)、次の駅まで送ってあげることにした。
一駅乗り越すだけだしね。
この時点で下心はなかった。
普通にタメ(学生)ぐらいだったけど、特に可愛いわけでもなかったし。

しかし終電間際の時間帯だったため、各駅停車が来ない。
電光掲示板見たら次の各駅は20分後だった。
というわけで、「寝ててもいいよ」と膝を貸した。
そしたらちょうどチンコのところに顔が乗って、で上から横顔見てたら、黒髪ショートカットで地味な感じだけど肌もきれいだし顔立ちは悪くないな~とか思って萌えだしちゃって、チンコが反応し始めた。
でも彼女は特に反応もせず、すやすや。

で、萌えだしちゃった俺としては髪の香りを嗅いだりとかしてるうちに、ちょっとほっぺにキスしちゃった。
どうせ寝てるし、と。
で、さらにどうせ寝てるしと思って、唇に軽くキス。
そしたら薄目開けて、「ん・・・んん・・・」って起きちゃったみたい。
で、もーいいやって思って、思いっきりキスしちゃった。
そしたら彼氏か誰かと思ったのか、単に反射的にしたのか分からんが応戦してきた。
それで各駅停車が来るまで15分ぐらい延々ディープキス。

各駅がホームに入ってきたのでキスをやめて、(膝枕のままキスしてたので)彼女を起こして、「次の駅まで送るよ。心配だから」と言うと、「え・・ん・・・あ、いいです。大丈夫です。すみません、すみません・・・」って。
でも、「いいよ、ほら、一駅だし。心配だから」って一緒に電車へ。

終電間際だから混んでるので座れないが、また座り込むと厄介だからふらふらする彼女を抱いて押さえること5分。
次の駅について、俺は乗り越し精算。
その間、彼女は黙って横に立ってた。
どうやって帰るのか聞いたらタクシーでと言うんで、タクシー乗り場へ行き、「さっきの(キスした)こと覚えてる?」って言って、またディープキス。
そしたら抱きついて来ちゃって、このままタクシー乗せて帰すのが惜しくなっちゃってw

で、駅から100メートルぐらいの雑居ビルの入り口みたいなとこに座って、さっきの続き。
足をもじもじし始めたのでパンツの上から股間を軽く擦ってから、パンツの中に指侵入。
もうめちゃくちゃ熱くてトロトロ。
で、彼女の手も俺の股間に導くと、「・・・硬い・・」と弄ってくる。
そのままお互いの性器を弄りあいながらキスし続けること20~30分。

「欲しい・・・頂戴・・・」

彼女がうわ言のように言い始めたので、上の口と下の口どっちが欲しがってるのか分からなかったんで、とりあえずフェラ。
これも10分ぐらいやらせて、今度は下。
ほとんど人通りがないとはいえ、通りから丸見えの入り口で下半身全部脱いじゃった彼女にビビリつつ、座位で挿入。

結構な声で喘ぐ彼女にまたビビリつつ、発射。
もちろん生、そして中。
あとはまた20分ぐらいディープキスして、タクシー乗せて別れました。

以上です。