寝ぼけて彼のチンポをしゃぶりだした憧れの先輩

この体験談は約 3 分で読めます。

学生の頃、憧れてる先輩がいた。
綺麗で大人しくて優しくて、芸能人で言うと小雪みたいな感じ。
仮に小雪さんとする。
で、その小雪先輩は、俺を可愛がってくれているA先輩と付き合ってた。

あるとき、3人でA先輩の家で飲んだことがある。
小雪さんは飲み屋で飲むときなんかはあんまり飲まないんだけど、その日は結構ハイピッチで、最後には飲みすぎた小雪先輩がぐてーっと突っ伏した挙句、床に寝そべっちゃった。
小雪先輩のそういう乱れた姿を見たことがなかった俺はドキドキしてた。
A先輩は「しょうがねえなあ」って言いながらも、まあ冗談交じりで膝枕みたいにして寝かせながら俺と会話を続けてた。

しばらくそんな感じで喋ったり飲んでたりした後、30分くらいしてから、急に小雪さんがもそもそ動いて、「んーー」とか言ったと思ったら、先輩の穿いてたジャージのズボンを下ろした。
A先輩が笑いながら「おいおいおい」とか言っても聞かず、「んーうー」とか甘えた声を出しながら、ついには引っ張り出してフェラ。

いきなり咥えたのに凄く丁寧に首を振り始める小雪先輩。
横から咥えてるから俺のほうからはほっぺた凹ませてめちゃめちゃエロ顔が見える感じ。
先輩も豪快な人だったが、笑って俺の顔見ながら「悪い」と一言。
俺は「は、はあ」とか、にやけながら壮絶に勃起。

3分後、“ちゅぽん”という感じで口から離して、「んーー」とか甘えた声出した瞬間だった。
俺は人生で初めて人が本気で青ざめる姿を見た。
思っきり小雪先輩の体がビクンと動いて、下向きながらなんだけど「え?」っていう顔。
あれ?おかしいぞ、みたいな。
ちなみに先輩のは思いっきり剥けててデカかった。
それが小雪先輩の唾液でヌルヌルになってる。

「え?あれ?え?」とか言いながら上半身持ち上げて、俺、A先輩、俺の順に顔を見た後、小雪先輩の顔が漫画みたいに喉から紅くなった。

完全に固まってる小雪先輩にA先輩が笑いながら・・・。

A先輩「もう俺、お婿に行けないよ・・・汚されちゃったよ・・・」

俺「・・・ちわっす」

小雪先輩「え・・・えええ?え、なに?え、えええええ?」(←本気で絶望した声)

小雪先輩「え、な、なんで?A君、え?寝てる私に・・・」(←酔っ払い気味に激怒風)

A先輩「違う違う。お前からしてきたんだって。な、◯◯(俺)!」

俺「は、はあ。まあ・・・」

ちなみに小雪先輩の口元には唾液がついてる感じで、かつ髪の毛がちょっと乱れてて壮絶にエロ顔。

小雪先輩「嘘、え、嘘・・・」

A先輩「つかお前、今自分で引っ張り出しただろ?」

A先輩が言った瞬間に思い出したようで、小雪先輩が両手で顔を隠して床に突っ伏す。

小雪先輩「嘘ー。なんで、止めてよーーー、◯◯君いるじゃん!」

A先輩「いやー止めれなかったよ」(←ニヤニヤ)」

俺「『A君のが欲しいの』とかって小雪先輩言ってましたよ」(←ニヤニヤ)

小雪先輩「言ってない!」(←激怒)

その後、丹念に小雪先輩からは口止めされた。
微笑ましい一コマだったが、その後しばらくはズリネタに困らなかった。