性欲が無くなった私が妻にしてあげられること

この体験談は約 5 分で読めます。

結婚8年目なんだけど、5年くらい前にちょっとした事故に巻き込まれて、今は車椅子生活の39歳。
排泄とかは自力でできるんだけど、性欲がきれいさっぱりなくなってしまいました。
自分がしたいと思わなかったから忘れてたけど、ふと、妻(アヤ・35歳)も30歳の前半まったくセックスなしだよなと気づきました。

去年、晩酌中に・・・。

「セックスしたくならんの?」と訊いてみたら、「何よ急にー」と笑いましたが・・・。

「確かにもう味わえないでおばあちゃんになるのは少し寂しいけど、リスク犯したり罪悪感抱いたりしてまでとは思わない」

そう言われました。

「じゃあリスクなしで俺公認だったらする?」

「ええー?まあ、そんな都合いいシチュエーションがあったら考えんでもない(笑)」

・・・ということだったので、妻には内緒で相手探しを始めました。

・妻とは面識ないこと(情が湧くのは困る)。
・俺とは知り合いであること(知らない人はちと怖い)。
・気まずくなったときに困らない程度の付き合い。

・・・という条件で、学生寮仲間のY君をセレクト。

妻よりもYを口説くほうがよっぽどホネが折れましたが省略。

そんな訳で妻に・・・。

「例の相手見つかったから今度の土曜日連れてくるね」

「ええっ?マジだったの」

「まあ会ってみてどうしてもダメだったらいいから」

・・・ということで、Yが家にご飯食べにやってきました。

来てからは、妻もYもド緊張しててご飯もあまり食べられなかったみたいでしたが、お酒がすすむにつれて次第に普通に談笑できるようになってきました。
たぶん妻はその間「この人とセックスできるかどうか」と自問自答してたんだと思います。

妻の様子から「これはOKだな」と判断した僕は、「アヤ、ちょっとこっちおいで」と呼んで、僕に寄りかかって座らせました。
二人でYに向き合って座り、僕が妻を後ろから抱きかかえ服の上から胸を揉んでみました。

「ちょっ・・・イヤよ」

「なんで?」

「えー、だってYさん見てるのに恥ずかしい」

「見てるも何も今からアヤ、Yとセックスするんだぞ」

「マジで言ってんの?」

・・・と、僕とYを代わる代わる見てました。

Yは固まってて何も言いませんでしたが、「せっかく来てもらったんだからさ」と僕は続けます。
妻のヒザを立たせて足を開かせ、スカートをたくし上げます。
当然、下着は真正面のYに丸見えになります。

「こうやってスジにそってツメで優しく引っ掻くんだよ」

Yにそう教えながら、カリカリ・・・カリカリと妻のクリの辺りを掻き続けます。

妻は顔をYから背け必死にガマンしてましたが、やがて「ン・・・ン・・・」と声を出すようになりました。
しばらく続けてから、「ほらアヤ、Yにやってもらって」と促すと、不安そうな顔でこちらを振り返りながらYの方にハイハイして移動しました。

ちょこんとYに向き合って座って、「あの・・・じゃあお願いします」と妻が言うと、Yも「あ、あのこちらこそ」と返し、僕のやったような体勢で妻のアソコを愛撫し始めました。
左手はセーターの中に入れて胸を揉んでるようです。
妻はYの腕にしがみつき、顔を真っ赤にしてそむけ、下唇を噛み締めてました。
Yはだんだん妻のツボを掴んできたらしく、あれこれと自分流の愛撫を妻に施してました。

15分も続けてると・・・。

「も・・・もういい、ちょっ・・・ああっ」

と、声をガマンせずに出すようになってました。

「そろそろ寝室に移動しようよ」

そう声をかけると妻は立ち上がり、髪とスカートの裾を整えて、恥ずかしそうにこちらをチラッと見て、「・・・もう」と一言言い残し、Yと一緒に二階のベッドルームに上がっていきました。
僕はどうせ自力で二階に上るのに時間がかかるので、コーヒーを飲んで一服してから、えっちらおっちら階段を昇って二人のいる部屋に入って行きました。

薄明かりの中に妻の白いツルンとした足がこちらに伸びてるのが見えました。
もう二人とも服を脱いで全裸になってるようです。
開いた脚の間にYがうずくまって顔を妻のアソコに突っ込んでます。
クンニしてるんでしょう。

「チュッ、クチュッ・・・ピチャッ」という音と、妻の「ん・・・ふっ・・・」という吐息が聞こえます。

妻は、顔を両手で覆いイヤイヤするように首を振っています。

「もう準備オーケーみたいね、入れたら?」とYにコンドームを渡しました。
妻はヒジを立てて身体を起こし、開いた両膝の向こうにYを見ています。
というよりゴムをかぶせようとしているYのいきり立ったペニスを凝視しているようでした。
すごく無表情に見えました。

「じゃ、アヤさん入れるね」

「・・・はい」

Yのペニスが妻のアソコに差し入れられる瞬間だけ「うっ!」と妻が声を漏らしましたが、ゆっくりと沈み込んでいくペニスを妻はじーっと見つめていました。
すっかりペニスが飲み込まれた状態で、Yがとどめとばかりにグイッ!と腰を押し付けると、妻は「ああっ」と声を上げ、顔を仰け反らせて枕にボスッと倒れこみました。

Yのピストンはゆったりとしたリズムでしたが、妻の好みとは違うので、「もっと荒く動かしていいから」とアドバイスしました。

「え、こう?」

強めに突き上げ始めたので、妻の声も段々「うっ・・・あん・・・あっ・・・」とノリがよくなってきます。

「もっと激しくてもいいよ」

「もっと?じゃあ」

Yは長いストロークでバチンッと音が出るくらい激しく腰をうちつけ始め、部屋にはベッドの軋む「ギチッ!ギチッ!ギチッ!」という音と、妻の「あっ!ダメッ・・・イヤッ!アッ!アッ!」という声が響きます。

そろそろだと思ったのでYに『もっとテンポあげて』と無言で合図。
すると、言う通りにテンポを上げてくれました。
ベッドの軋みも「ギッ!ギッ!ギッ!ギッ!」と早くなります。
妻はもうイク体勢で・・・。

「アッアッアッアアアアアア、だめっだめイク!イクッ!いやっ・・・」

妻のお腹がぎゅーっと引っ込み、身体は反り返って息が止まりました。
数秒後「・・・っはああ」と息を吐き、肩ではあはあと息をしてます。

それでもYはまだイってなかったので・・・。

「アヤさん、俺ももうちょっとでイクからあと30秒ガマンして」

「え、ちょ・・・」と妻は躊躇してました。

僕はYに、「横向きの体位にして」と頼み、妻を横向きに寝かせ、片方の足を高く持ち上げる体勢をとらせました。
こうすると股どうしがガッチリ食い込むので、より深く入って妻は好んでました。

僕はYに、「限界までスピードアップしてピストンして」と頼みました。
Yはペロッと唇を舐めると、「よーし、それっ」とカクカクカクカクと高速に腰を振ります。
妻はもう完全に出来上がっていたので、すぐ二度目の絶頂がきて、「だめえっ!いやっ!いやイク!ダメッあっ!」と叫んでます。
30秒どころか、Yは1~2分は続けてました。

もう妻は限界らしく、「イヤッ!ダメッ!すご・・・イヤアアアアア!イクッ・・・グッ・・・」と声になりません。
手は空を虚しく掻き毟ってます。
Yが跨がっている方の脚は、Yの尻の下でブルッブルッと痙攣してます。
激しくイッてるようです。

ようやくYが果てたときは、歯を食いしばってガチガチと震えてました。
口の端からは大量の唾液が漏れてシーツにシミができてます。
Yは「シャワー借りるね」とゴムを外しながら下に降りていきました。

僕と妻は・・・。

「イッた?」

「うん、すごかった」

「そりゃよかった、アヤがいいなら、またやろうか」

「ううん、もういいわ。もうしばらくはお腹いっぱい」

・・・と会話を交わしてました。

「アヤも汗流しといで」と妻をバスルームに送り出して、僕も下の階に下りていきました。

これが去年のことです。
二回目はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました