居間で3人の男に犯されていた母

この体験談は約 2 分で読めます。

もう10年くらい前の話ですが・・・母が犯されるのを見てしまいました。

自分は風邪で学校を休み、部屋で寝ていました。
昼すぎだったと思いますが、家のチャイムが鳴り母が応対しました。
何かのセールスだったようでした。

母は「結構です」と断っていたのですが、ガタッと激しい音と「キャッ」と言う母の声が聞こえました。

自分は、なんか怖い思いで部屋でじっとしていたのですが、静かになったので部屋を出て居間に行くと、母が3人の男に犯されていました。
母は自分にバレないように声は出さないでいたようです。

母は服を破られ、半裸状態で男達に囲まれていました。
ひとりの男は母の両手を掴み、ひとりは足を広げながらあそこを弄り、ひとりは母の口に肉棒を咥えさせていました。
3人とも土方系の男たちで150cmしかない細い母は、為す術もなく犯されるしかない状態でした。
ビリビリに破られた服もすべて剥ぎ取られ、全裸にされ、男達も裸になり、その後3時間くらい男達に犯され続けました。
犯されてる間も、母は声を出さないで耐えているようでした。

大きな肉棒が細い母を貫き、口にも入れられ、太い腕が母を羽交い絞めにし、ビデオで観たレイプ物なんか比でない激しさといやらしさでした。
すべてが終わると・・・満足した男達は家を出て行きました。

その後、母と父は離婚し、自分は父と暮らしています。
離婚原因は話してくれません。

この事件が原因なのかもしれません。