切れ痔になった母が肛門に局部麻酔をされたんだが

この体験談は約 2 分で読めます。

昨日の朝、母がトイレから出てきたら「少し出血した」と言いました。
自分は「痛みは、病院へ行ったほうが良いのでは」と言って、病院に連れて行くことにしました。

「排便時に、強い痛みがあって、肛門が切れたみたいなんです」

母が病院で受付を済ませ、自分も一緒に診察室へ入りました。
診察してくれた先生は、女医でした。

母は先生に症状を言いました。
先生も母に色々聞いたのです。

痛みの強さとか、どんな時に痛いか、残便感、便の硬さ、ガスが出ているか、便秘は何日か・・・など。

母「排便時にかなりの痛みがあって、固い便が少し出ただけです。5日です」

先生「便を少しだけ、お腹見るからスカート脱いで、ベッドに寝て」

母「はい」

母のパンティは熟女系の赤の花柄でした。
陰毛もはみだして少し濡れているのです。

先生「お腹張ってますね。お尻も見ますから、パンティ脱いでください」

母は、お尻丸出しです。
肛門もよく見えました。
出血していたのが解ります。

先生「お母さん、切れてるわ。痛いでしょう。局部麻酔の注射するね。痛いけど我慢してね」

先生が母の肛門を消毒した時、痛みがあったみたいです。
そして、注射の針が肛門に・・・これも痛いのです。
母が泣いたくらいです。

暫くして・・・

先生「お母さん、痛みとれました。肛門に指入れてもいいかな」

母「え、はい」

先生の指が母の肛門の中に入り、先生が痛みの有無を聞きました。

母「痛くありません」

先生「お母さん、お腹の中にまだ便が詰まった状態なの。麻酔が効いてるから、浣腸して出しますね」

母「浣腸ですか」

先生「出すまで帰れませんよ」

先生が、看護婦にディポス150を指示しました。
母は隣の部屋に行き、浣腸を受けました。

看護婦から・・・

「麻酔が効いてるから、漏れやすいから気をつけてください」

母は小走りにトイレに行きましたが、漏れてるのが解りました。
トイレの入り口に、便が落ちていました。