夫への愛より異常な性欲のほうが強い私

この体験談は約 5 分で読めます。

30代の女、アイコ(仮名)です。
主婦で子どもは2人です。
私、異常に強いんです。
性欲!

夫のことは尊敬してるし、何より愛しています。
でも、あっちの方だけ満たされないんです。
月2回ほどのエッチで、内容は教科書通りです。
夫とあんなことやこんなことしたいのに・・・。

でもその時は嬉しくて、翌日の朝食は豪勢です。
子どももなんか勘付いちゃって、「ママ、弟が欲しいな!」などと言ってきます。
私から夫に言いたいんですが、はしたないようで言えません。

パートから帰った後とかが1番疼いちゃって、オナニーしてましたが我慢できないんです。
ネットでオナニーグッズを検索してたら、偶然に出会い系のサイトに入ってしまい、そこで思いのたけを書込みました。
その時に知り合った方2人とセフレになりました。
私と同じタイプの方々です。
夫とのセックスは愛情を感じますが、セフレとのそれは愛情はありません。
お互い溢れんばかりの性欲をぶつけ合い、快感を貪りあうのです。
終わった後の爽快感と幸福感はなによりも得がたいものがありました。
セフレとの行為のあと、家に戻ると、それ以前より優しい気持ちと愛情で夫と子どもに接することができるのです。
もし、夫が私と同じであればと何度も思います。

夫には気付かれていません。
どんな親しい人にも話していません。
このことは棺桶の中まで持っていくつもりです。

お盆に衝撃的なことがありました。
お盆期間は夫の実家にみんなで行く予定でした。
ところがパート先の同僚で不幸があり、1日どうしても出なくてはならなくなり、上の子も友達のキャンプに誘われ、そっちに行きたいとかで、結局夫と下の子だけで行くことになりました。

夫は「仕方ないよ。そういう事はやっといた方がいいよ。自分に返ってくるから。(上の子が)大きくなった証拠だよ。今までママのそばを離れなかったじゃん」と、家族バラバラのお盆の行動を快く許してくれ、その夜は夫に抱かれました。
私は夫が悦ぶことをいっぱいしてあげました。
夫は女の子のような声を上げて私の中で果てましたが、やっぱり私はイクことができませんでした。

普通は私もそこで眠りにつくのですが、その夜はなかなか寝付けず、火照りを抑えようとシャワーをしに浴室へ行きました。
まだ乳首が勃起しており、触れるたびにビクッと電流が走ったようになります。
我慢しきれず、オナニーしちゃいました。
クリトリスと乳首を弄り、声を押し殺して妄想に耽ります。

「ゥアアッふ~ックアッアッアッあぁぁ~」

明日は1人でお留守番だというのに・・・。
めちゃくちゃにされたい!
おっきなチンポを入れたい!
おっぱいをこれでもかと言うほど揉まれたい!
オマンコグチャグチャされたい!
昨日のソフトクリームみたいにチンポをドロドロ舐めたい!
あ~たまんなぁ~い!
頭が真っ白くなってイッちゃいました。

翌日、夫と下の子を送り出し、上の子はキャンプに出かけ、私はパートに出かけました。
お盆の真っ只中、暇です。
もうすぐお昼になろうかという時、営業のミチオくんが来ました。
ミチオ君はウチ担当の営業マンです。

「あれ?ミチオくんも仕事?」

「あ、アイコさん!ケイコさんはいます?頼まれもの持ってきたんす」

「それがケイコさん、不幸があって休みなんだ。代理であたし!」

ちょっと不機嫌に答える私。

「お互い大変ですね~。じゃこれ渡してもらえます」
「了解!」

「アイコさん、アイス食べません?コンビニで買ってきたんです。どうすか?」
「おっいいね~暑いし。でもケイコさんと食べるはずだったんでしょ?」

「そうだけど・・・食べましょ!」

休憩所でアイスを食べた。
ミチオくんは同世代だけど可愛い顔してるんで下の名前で君付けされている。
1回みんなで飲みに行ったことがあった。

「嫁と子どもが実家帰っちゃって1人なんすよ」
「あたしもよ。ホントは今日は休みだったんだ」

「じゃあ、お互い今夜は1人?」
「飲み行こうか?」

「いいっすね!オレもそれ考えてたところですよ!」
「あたしでいいの?」

「もう全然!オレ、アイコさんタイプなんすよ!」
「さすがトップセールス!上手だね~」

「なんなら、どうです?」

意味深な問いかけ。
ごくっと喉を鳴らしてしまった。

「え、えっ、バカ!てか時間決めよ」
「冗談ですよ、これからすぐでもいいですよ!」

「あ、いいかも。あたし、ここでシャワーしてくから15時半に来て!」
「ラジャー」

太陽がまだ輝いてジンジン暑い午後、私とミチオくんは精をつけようと焼肉屋へ入った。
キンキンに冷えたビールで喉を潤し、臓物系で精をつけた。
2次会はカラオケ、声が枯れんばかりに歌う。

「さっきのこと、ホントですよ!」
「何だっけ?」

「アイコさん好きだってこと!」
「もう、いいから、歌お!」

するといきなり唇を塞がれた。
力が抜けた。
されるがまま舌を絡め、激しいキスを交わした。
ハッと我に返った。

「ちょっとミチオくん、酔ってるよ!ダメ!」

面食らってビックリした。

「ちょ、ちょっと!ダっ」

またキスされた。
私の性が現れだした。
ついミチオくんの股間を触ってしまった。

「アイコさん!」

「ここはダメだから、ホテル行こ・・・」

近くのラブホへ入った。
部屋に入るなりディープキス!
お互い汗ばんだ体で激しく抱き合う。
ミチオくんは私の耳を執拗に愛撫しキスをする。

「アイコさんの耳見てるだけで勃起しちゃうんです。何度も妄想オナニーしました」

切ない声で囁かれ、愛おしくなり、ミチオくんの服を脱がし、全身にキス。
汗臭さがたまらなく欲情します。
私からチンポを咥えました。
口の中でコロコロと亀頭を舐め回し、筋も舌先でチロチロとソフトクリームのようにしゃぶります。
タマタマからアナルまで舐め回すと、チンポはこれでもかとそそり立っていました。
今度はミチオくんが私のマンコに顔をうずめ、しゃぶりついてきました。
もうべちょべちょです。
クリトリスを舌で上手に舐め回され、マンコに指を入れられ、グチャグチャに掻き回されます。
左手はおっぱいをこれでもかと揉みしだき、もう絶頂寸前です。

「うゃあああああぁぁぁ~、ダメダメダメダメダメダッメッェェェ、てもやめないでェェェ~、もっともっとぐしゃぐしゃにめちゃくちゃにしてえェェ、イキそうなの、イキそうなの、イカせて、ねぇイカせてェェェ~」

ミチオくんの指がオマンコの中の私の1番敏感な所を探りあて、クリトリスを甘噛みされ、乳首を強く摘ままれた瞬間。

「い、イッ、イッッッぐうゥゥゥゥ~!」

この世の物とは思えない声でイッた!
ほどなくしてギンギンのチンポは私の中に挿入された。

「アッ、アッ、アッ、おっきいチンポ。もっともっと、あたしの中でおっきくなって、もっと掻き回してェェ~、キモチいいのおォォォ~、熱いイィィィ、ミチオのチンポアツいよおォォォ~」
「アイコさんのオマンコもあっついよ、気持ちよくてチンポ溶けそうだよ」

「嬉しいィィィ、締めてあげる!」
「ウオッ、なにこれ!す、すごいィィィ~。ヤバイ、ヤバイよお、イッちゃう、オレイッちゃうよ」

「いいよ、いいよあたしの中でいっぱいイッてェェ」
「ウオーッ、イックうー」

その夜は何回セックスしたんだろう。
色んな体位でイキまくりました。
性欲をぶつけ合い、快楽を貪りました。

帰る時、ミチオくんは、ケイコさんがいないのは知っていて私の出番を確認してきたそうです。
ホントに私のことが好きだったみたい。
あれから何度かセックスしたけど、付き合おうとかプレゼントとか重たくなったんで別れました。
そういうのは夫だけで十分です。
他の男性とは単純なセックスがしたいだけなんです。