典型的な“流されエッチ”をしてしまった19歳の私

この体験談は約 3 分で読めます。

19歳のとき、初体験しました。
相手はバイト先の7つ年上の人で、前からちょっとかっこいいなぁと思ってました。

ある日、「友達の女性のカメラマンが雑誌の撮影したいって言うんだけど手伝ってくれない?探してるんだよ」と言われ、ついて行きました。
行った先は新宿のビジネスホテルで、撮影を始めようとすると彼は慣れた感じで裸になったので私はびっくりしました。

私が「裸は嫌」と言ったら、女性カメラマンは、「じゃぁワンピの肩紐を胸がギリギリ隠れる所まで下げて」と言うのでその通りにして、うつ伏せで背中だけ撮って、撮影は順調に終わったのですが・・・。

撮影後、夕飯に誘われ、食べ終わった後またホテルに帰りました。
お腹もいっぱいでまったりしてると彼は、「キスしてもいい?」と聞いてきました。

(キスぐらいなら・・・)

そう思って頷くとディープキスをしてきました。
私がびっくりしている間にワンピの肩紐が下ろされ、首筋から胸元にかけてキスをしてきました。

「・・・え、あの・・・」

戸惑っていると彼はキスを続けながら、「これもキスでしょ?」と言うので、その後は抵抗できなくなってしまいました。
ブラジャーのホックもはずされ、「結構おっぱい大きいんだね」と言いながら乳首を舐めてきました。
私もだんだん感じてきてしまい、されるがままになっていました。

ワンピを脱がされ、ショーツも下ろされ、片足に残っているだけになってしまいました。
もう抵抗されないと分かったのか、彼は乳首を舐めながら指でクリを触ってきました。

「濡れてるね。結構エッチなんだ」

彼が私の足を開き、アソコをまんべんなく舐め始めました。
全部が初めてだったので、恥ずかしいのと、何がなんだか分からないのとで私は黙っていました。
彼はそんな私に構わず、アソコに舌を入れてきました。
それは本当にびっくりして、私は「ひゃっ!」と声をあげました。

「どんな感じ?」

「・・・なんか・・・よくわかんないけど・・・変な感じ・・・」

そう私が答えると、今度はクリを舐めながらアソコに指を入れてきました。
ヌルヌルと自分の中で指が動いてるのが分かって、私も自然と声が出てしまいました。

私がかなり濡れてきた頃、彼は自分のモノを私の前に出してきて、「舐められる?」と聞いてきました。
初めてだった私はちょっと引いてしまったて・・・。
すると彼は、「じゃあ触ってくれればいいよ」と言いました。
言われるままに彼のをしごきました。

硬くなってきたところで彼は私の上に乗り、足を思いっきり広げられて、彼のモノを入れられそうになりました。
最初は痛くて入らなくて先の方だけ入ってる感じでした。

「まだちょっと痛い・・・」と言う私に、「大丈夫。ゆっくり入れるから」と言って、半ば強引に入れてきました。

だんだんと出し入れする痛みは薄れてきたものの、初めの方に強引にされた入り口が痛くて、私は夢中になれず天井を見ていました。

(あぁ・・・私、初エッチしてるんだぁ・・・)

なんて冷静に考えたりしちゃって。

彼はもうイキそうで、そのまま何も言わないと中で出されそうな雰囲気だったので、(それはダメ!)と思って抵抗しました。
彼はちょっとしらけた顔で私のお腹に出しました。

なんだか典型的な“流されエッチ”で処女を喪失した私。
まぁ、今となってはそれもいい思い出・・・かな?