母が知らない男と不倫してたから全部撮ってやった

この体験談は約 3 分で読めます。

僕は今高2です。
母は今年で40歳になります。
息子が言うのもなんですが母は綺麗な方だと思います。
シワも少ないしシミとかもないですし。
父は僕が中学の時に単身赴任して海外にいます。

その日は彼女と遊ぶ約束をしていて、駅で彼女と待ち合わせでした。
30分ぐらい待った頃に彼女から連絡がきて、「おじいちゃんの容態が急変したから今日は遊べない」ということでした。
これはしょうがないなと思い、かと言って電車賃払って来てるし、何もしないで帰るのは勿体無いと思ってしばらくブラブラしてから帰りました。

家に着いたのが確か午前11時頃だったと思います。
玄関を開けると知らない靴があり、客でも来てるのかと思ってリビングに行ったけど誰もいなくて・・・。
そしたら2階から微かに母の喘ぎ声が聞こえました。
その日は、彼女と朝から遊ぶから帰るのは午後10時頃になると母に言っていたので、その日にしたんでしょう。

初めて聞く母の喘ぎ声に興奮しながら階段の下で聞いていました。
しばらくすると喘ぎ声がやんで、(やばい、下りて来る)と思ったけど下りて来ず・・・、また喘ぎ声が聞こえ始めました。

(これはビデオに撮りたい!)

そう思った僕は静かに2階にあがり、父母の寝室のドアを少し開けました。
中は雨戸が閉まっていて真っ暗で、オレンジの電気がほのかに点いていて、ベッドの上で必死に腰を振っている男と母が見えました。
それを30分ぐらい撮ってリビングに戻り、ビデオを観ながら数回抜きました。

この時点で12時なっていたので、そろそろ昼飯を食べに下りて来るかもと焦った僕は、母になんと言うか必死に考えました。
思いついたのは、ビデオ(最初はヌく為に撮ったビデオでしたが)を使って2人を脅そうということでした。

母と男は1時になっても下りて来ず、ずっと喘ぎ声とベッドが軋む音がしていました。
その間、寝室のドアを閉めてるのにも関わらず母の喘ぎ声が聞こえてきます。

「ぁあッ、気持ちぃ!」
「いいよっ、そのまま中に出してッ!」

とか・・・。
喘ぎ声がやんで10分ぐらい経つと、また喘ぎ声が聞こえ始めました。
それが繰り返され、気がつけば時計の針は夜の9時を指していました。

(そんなギリギリまでするんか・・・)

40歳の母の性欲と男の体力に驚きました。
すると階段を下りて来る音がして、僕は(いよいよだな)と覚悟を決めました。
下りて来た2人は裸で、男が母を抱いて挿入していて、母が2人の服を持っている状態でした。
階段に続く廊下の所でも2人はしてるようでした。

母「今日は楽しませてくれてありがと。最後は思いっきり中で出ししてっ!」

しばらく喘ぎ声がしてひと通り終わったようでした。

リビングに下りて来た2人。
まず男が僕に気づき、次に母が気づきました。

母「え・・・なんで帰って来てるの?いつ帰って来たの!」

僕「朝の11時頃にはもう家におったし、ずっと喘ぎ声が聞こえてた」

その間も2人は挿入したままでした。

僕「なんでもいいから、早く離れたら?」

2人を離させて座らせました。
男は「え、どうする?」と焦っているようで、母もパニック状態でした。
うるさい母を黙らせ、僕は落ち着いた状態で男に聞きました。

「そっちの人は結婚してるんですか?」と。

男は「結婚してる」と答えました。

ここからは僕が有利でした。
それまで考えていたように、まず2人にビデオを観せました。
これもわざわざDVDに焼いて薄型テレビの大画面で観せてあげました。
2人は絶句していました。

それから僕は男に「免許証を出せ」と言って免許証の写真とコピーを撮りました。

僕「このビデオ、父とあんたの奥さんに見せようか?」

2人は「それだけはやめてくれ!」と泣きながら懇願してきました。

僕「だったら口止め料って事で財布の中身を貰おか?」

男にそう言うと、男は渋々払ってくれました。

僕「じゃあ、もう誰にも言わないから2人の好きなようにしていいよ」

これからが驚くことで、普通は帰ると思っていたのでびっくりしました。
2人はダイニングテーブルの上で、またヤリ始めました。
母のまんこは精子でぐちょぐちょで、男のちんこも白い液でぐちょぐちょでした。
母はよほど発情してるらしく、「息子の前でこんないやらしいことしてるぅー」と悦んでいました。
さすがに僕も絶句状態で、ただただ2人を見ていました。
1時間ぐらい経った頃に、母はやっと我に返り、慌てて服を着て男を帰しました。

それから母は僕の言いなりで、父には内緒で欲しい物はなんでも買ってくれます。