彼氏と遠恋中の鬼ギャルと“フェラ友”の関係に

この体験談は約 3 分で読めます。

出会い系で知り合った21歳の子と会うことに。
待ち合わせて会ってみたら、ミニスカの黒ギャルだった。
茶髪のロングで、目はきっちりメイクし、付けまつ毛がつけられている。

「こんばんは♪」

挨拶され、彼女とは10歳違ったが、なんとか携帯のパスドラで話を合わせた。
レストランで食事し、軽くドライブして夜景の見える人気の無い駐車場に停めた。
話をしながら手を握ると、「やだぁ」と笑ってたが嫌がらない。
胸を触ると「ヤらないよ?」と言われるも、触りながら「ヤりたいなぁ?」と、抱きついた。

「ダメダメ!」と言う彼女をシートを倒して寝かしたら、「ヤらないよ!ダメ!」と言われて抵抗されたのでここは一旦引くことにした。

「ごめんね!可愛いからムラムラしちゃった」

「いいよ・・・大丈夫だよ」

なんか少し気まずい。
仕方ないから、女の子を送ってデリでも呼ぶかなとエンジンを掛けたら・・・。

「エッチは駄目だけど・・・してあげる」

そう言って股間を触ってきた。

「えっ?」

「口ならしてあげる」

意味わからんが、やれないけどしゃぶってくれるらしい。

「脱いで?」と言われてズボンを脱ぎ、シートを倒して寝ると、バックからウェットティッシュを取り出す。
彼女は、「硬い」と笑いながら口に含むと、丁寧に舌で舐めてくれた。
筋を舐めながらエラへ、そしてまた筋に舌が伸びてきて、口に含むとジュルルジュルルと凄い吸引だった。

「上手いね・・・」

「ありがとう」

強烈に吸いながら舌先で頭をチロリと舐めた。
髪で顔が隠れないように、髪を押さえて一生懸命にしてくれる彼女が妙にエロ可愛かった。
徐々に高まりだして、彼女に「出そう」と言うと、「いいよ!」と言われ、頭を一生懸命に動かす彼女に「イクッ!」と告げて口の中に吐き出した。

「ンッ・・・ンッ」と彼女も声を上げていた。

彼女はチュルチュルと残り汁を吸った後で口を離し、「めちゃめちゃ濃いよ♪」と笑ってた。
ティッシュを渡すと、「ありがとう」と口の周りを拭いてたけど、どうやら彼女は飲んだらしい。

「飲んだの?」

「うん♪ちょっと苦かった」

そう言ってまたニコッと笑った。
その後、色々話をした。
出会い系で知り合った男と2人ほどエッチはしたが、ゴムを付けないで勝手に中出した男や変態が居たらしく、彼氏も居るためエッチはしないとか。

「あり得ないよね?『やめて』って言ったのに中出しだよ?」
「『セーラー服着ろ』とか完全に変態でしょ?」

フェラは前の彼氏が好きだったらしくて仕込まれたのだとか。
その彼に飲むのも慣れさせられて、男によって味も濃さも違うのが楽しいとか。
出会い系で知り合った男のも5本くらいは飲んだらしい。

送ってって降ろす時に、「ねぇ・・・またメールしてもいい?」と聞かれたので、「いいよ」と言うと、「ありがとうね♪フェラはオッケーだから」と言って帰っていった。

その彼女とは今も毎週会ってます。
どうやら遠恋の彼氏とはなかなか会えないため、寂しくて話し相手が欲しいのだとか。
気がつけば、夜に会って人気の無い駐車場で話をして、最後は口で気持ちよくしてもらう関係になってしまいました。

帰るとメールで『今日は楽しかった!濃いめだったよ』なんてメールが来たりします。
セックスNGなのでセフレではないけど、“フェラ友”ってのも悪くないと思い、自分も楽しむようになった。