「1回だけ」の約束が定期になった先輩の奥さん

この体験談は約 4 分で読めます。

美人と評判の先輩の奥さん(S)を落としました。

先輩の奥さんながら、一つ年下のSとは、うちの嫁さんとも友達で、たまに飲みに家に来る。
その関係もあり、連絡先の交換は先輩の目の前で違和感なくできた。
だけど、しばらくしてからSとは毎日連絡を取り合うことになっていた。

きっかけは先輩の家での夫婦喧嘩で、うちの嫁さんと俺に意見を聞いてきたことだった。
俺の意見がとても気に入ったらしく、そこからSは色々と俺に連絡をするようになった。

先輩が出張で家を空けている時に、子供がいない先輩の家でSが一人で飲んでいると連絡が来た。
やり取りをしているうち、5年間レスであることを俺に暴露した。
Sは、我慢できない時はオナニーをしていることまで暴露した。
その後、さらに酒が進んだのか、うちの嫁さんが寝たことを伝えると、向こうから電話をしてきて、そのままオナニーを始めた。
俺も面白くなり、色々と辱めるような事を言い、卑猥な言葉をSに言わせたりもした。
酔いながらも恥じらいを見せたSは次第に躊躇なく卑猥な言葉を言うようになった。

翌朝、メールが来て、他には絶対に内緒にする代わりに、またその日の夜に聞かせてくれることを約束した。

Sとは仕事中もメールのやり取りは続いていた。
普段はパジャマなどを着たまま手を入れてやっているらしいが、その日は全裸になって、俺が目の前で見ているという想定でやることになった。

嫁さんが寝たことを知らせると電話が掛かってきた。
酒は飲んでいないと言う。
だが、まだ服は着たままだと言った。

電話をスピーカーモードにさせて、服を脱がさせた。
しらふで全裸のSに卑猥な言葉を言わせているうちにSのスイッチが入り、勝手に触り始め、ベッドに横になった。
いつもは部屋を暗くしてしていると言うが、その日は俺が見ているという前提だから部屋は明るくしていたはず。
足を大きく開かせ、「いつもよりも興奮する」と言うSの股間から凄いエッチな音が聞こえてきた。
そのうち勝手に盛り上がってきたSに、「たかしさんのおちんちん、咥えたい」とか「おまんこに入れたい」とか言わせてみたりした。
盛り上がったSに、普段は1回イッたら止めるというオナニーで2回イカせた。

翌日からのSとのやり取りは、ほとんどそういう話で盛り上がった。
そして、先輩が出張に行ったその日の昼間、俺は先輩の家に朝からお邪魔した。
俺は仕事柄、昼間でも自由が利く。
Sは仕事を休んだ。
さすがに、夫婦のベッドに行くことには俺も抵抗があり、リビングのソファでキスをしながらSの服を脱がしていった。

「1回だけだからね。今回だけだからね。その代わりに今日はめちゃくちゃにして良いから・・・」

「今回限り」だとSは何度も俺に言ってきた。
だけどショーツに手を入れた段階で、指がすんなり入るほどSは濡らしていた。
Sが「恥ずかしい」と言ったが、ソファの上で四つん這いにさせて、尻の穴まで舐め回してやった。
スレンダーな体だから胸は小さいが敏感だった。
それに耳を舐めただけでも簡単に喘ぐほどSは興奮していた。
Sは自然とまだ脱いでいなかった俺の股間に手を伸ばしてきた。

「ベッドに行こ」

そう言ったのはSの方だった。
俺の手を引っ張るように全裸のSが寝室へと俺を連れて行った。

「脱いで」

Sに言われて俺がベッド際で脱ぐと、俺の服をハンガーに掛けてベッドに上がってきた。
濃厚なキスを交わしながらSの全身に愛撫をした。
わざと音を立てながらしていると、「すごくエッチ」と興奮していた。

「触っていい?」

Sは俺のチンコに手を伸ばし、自分から体を移動して、咥え始める前に観察をしていた。

「この段階で、太い・・・」

そう言って、顔を真っ赤にしながら口に含んでいった。
何度も「太い」と言われた。
時おりSの口は離れても手は離れなかった。

「入れたい?」

「入れたい」

即答したSに、「Sのおまんこに、たかしさんのおちんちん入れて下さい」と言わせてから、入れてやった。

「痛い・・・太いから・・・」とSは言った。

だが、そこから俺も不思議だったのだが、Sの股間から液体が洪水のように溢れ出し、確かにキツいことはキツかったのだが、スムーズに動くようになっていった。
それと同時にSの喘ぎ声も大きくなっていった。

「すごい!」と何度も言いながら、Sは2回くらいイッた。
俺が動かなくても、Sの腰は勝手に俺を求めて動いていた。

「1回だけで我慢できるの?」

途中で何度か聞いた。
初めは強気だったのが、そのうち「出来ないかも・・・」となり、「もう1回して欲しい」となっていった。

事が終わっても、いちゃいちゃは続き、すぐに俺のを咥えてきた。
Sを上にしようとしてもすぐに倒れ込んできてしまうくらいに、Sは興奮し、感じていた。
している最中に潮まで吹いたからシーツはぐしょぐしょだった。
ついでに濡れ濡れになったアナルに指を突っ込んでやると、「初めて挿れられた」と言う割には抵抗がなかった。

昼前にはSは軽く痙攣するくらいになっていた。
その体で昼飯を作ってくれ、食べている時にSの方から、「罪悪感はあるけど、定期的に相手して欲しい」と言ってきた。
シャワーを一緒に浴びている最中に、Sは俺の目の前でオシッコをした。

それからは、先輩が出張に行くタイミングで、時々だがSの相手をするようになった。