息子が連れてきた3人の友達、そして・・・

この体験談は約 7 分で読めます。

はじめまして、37歳の主婦で智子と言います。
忘れたいのですが、忘れることができません・・・2日前のことです。

私の家はある地方の市内からは少し離れた郊外の一戸建てで、主人は今単身赴任中です。
2ヶ月に一度は必ず帰って来てくれるのですが、普段は中学2年生の長男武志と、小学校6年生の次男勇輝の3人で生活しています。
次男はまだ無邪気でとても元気なのですが、長男の方は中学に入ってからめっきり口数が減り大人しい子になってしまいました。
気にはなっていたのですが、思春期特有のものだと思っていたのですが、まさか・・・気づくのには遅すぎました。

あれは、長男の学校が創立記念日であった木曜日のことでした。
私は普段通り次男の勇輝を小学校に送り出した後、いつもより遅く武志を起こしにいきました。

「武志、休みなのは解ってるけどそろそろ起きたら?」

息子は返事をしません。

しばらくしてやっと「今日、友達が遊びに来る」とだけ言いました。

話を聞くと、午後から同じクラスの友人が2~3人家に来るとのことでした。
私は息子の友達をあまり知らなかったので、息子が学校でどんな付き合いをしているのか知る良いチャンスだと思い、その日は少しはりきって家の中を掃除したり、簡単なおやつ類を買って友達を迎えるようにしました。
ただ、息子は少し乗り気ではないような感じがしたが気にかかってはいたのですが・・・。

そうこうしているうちにあっという間に約束の2時となり、息子は友達3人を迎えに出ました。

そして、しばらくして家に3人の友達を連れて帰って来ました。
はじめて武志の友達を見たんですが、3人とも息子よりとても背の高く大きな子たちで私は少しびっくりしてしまいました。
ただ、挨拶をきちんとしてくれ息子と部屋に楽しそうに入っていくのを見て安心し、私はジュースとおかしでもてなし一階の居間でうたた寝していました。
2、30分ほど経ったときのことでしょうか、2階の息子の部屋から叫び声のようなものが聞こえてきました。
私は息子達がふざけているものと思い、しばらくは気にも留めないでTVを観ていましたが、だんだんとその声が大きくなりはじめました。
聞くと息子の声のようでどう聞いても泣き声でした。

私は気になって2階の息子の部屋を見に行き、部屋のドアをノックして扉を開けました。
そこにはなんと、素っ裸で泣いている武志の姿がありました。
私はそのとき初めて息子がいじめられていること知ったのでした。

「あなた達、これはどういうこと?ふざけるにもひどすぎるんじゃないの?」

私は問いただしました。

でも、息子の友人達は笑っているだけでとりあおうとはしません。
逆にまだ息子に危害を加えようとしたので、私は「あなた達、先生や親に言われてもいいの?学校に行けなくなるわよ、嫌なら今日は帰りなさい」と叫びました。
するとその子達の一人が「言いたきゃ言えよ!どうせ先公に止めさせることなんてできねぇ~よ」と言い、私の胸ぐらを掴みました。

その時、私は恐怖を感じ何も言えなくなりそうになりましたが、ようやく「どうして武志をいじめるの?止めなさいよ」と口に出しました。

それを待っていたかのようにその子は「別に止めてやってもいいぜ、その代わり服を脱げよ!おばさん!」と叫びました。

私は絶句し、そして「馬鹿なこと言わないで、そんな事できるわけないでしょう」と言いました。

するとその子は「じゃあ、あれでもいいんだな」と息子の方を指差しました。

見ると息子は他の2人にカッターを突きつけられ、「お母さん・・・」と泣いています。
私はもうどうしようもないと思い、服を脱ぐことに同意し、上着から脱ぎはじめました。
あっという間にピンクのブラジャーとパンティーだけになったので、私は「これで十分でしょう?武志を離してあげて」と尋ねました。

当然のごとくその子達は全裸になる事を要求し、異常なほどの視線で私の体を見てきました。
私は仕方なくブラを取りパンティーを降ろし、息子の友人達の前で恥ずかしい裸体を曝け出しました。
もちろん息子も見ています。

「これで良い?武志をいじめるのを止めて」

そうようやく言った時、3人は私に襲いかかってきました。

「何するの?あなた達中学生でしょう、やめなさい」

ひどく抵抗しましたが、男3人の力には敵いません、あっという間に組み敷かれました。

私は「やめなさい、どこを触ってるの?離しなさい!」と叫び、「武志、助けて、助けて!」と何度も言いましたが、無理でした。

おそらく中学生もはじめて見る大人の女の体だったのでしょう。
異常な興奮で「はぁはぁ」言いながら私の体を乱暴に愛撫し、舐めはじめました。
そうなってしまえばもうどうしようもありません・・・。

私は何とか「武志を部屋から出して!お願い」と3人に頼みました・・・。

「息子の前では止めて」と言いましたが、もう私の体に夢中で聞き入られませんでした。

「すげぇよ、気持ちよすぎるぜ」
「俺、もう我慢できないよ、この胸クラスの女とは違うよな」

3人は口々に聞くに堪えない言葉を発しはじめました。
そして、ついに私が最後まで抵抗していた女の部分を2人がかりで左右に全開にしました。

この時ばかりは「いや~恥ずかしい・・・見ないで、見ないで」と、私も激しく抵抗しましたが、一人が顔を埋めた時にはもうその力も失われました。

「ぐちょぐちょだよ、見てみろよ」
「本当だ!感じてるんじゃないのか?それにしてもすごいな」

・・・などと、次々に3人があそこを舐め、触ります。

でも、そうされると恥ずかしいはずがどうしても濡れてきてしまいます。
一人が若くて熱いものを挿入した時には、私のあそこは正直十分なくらい潤っていました。

「うわぁ・・・気持ちよすぎんぜ!この女のおまんこ、出そうだよ」

稚拙ながら必死に腰を振ります。

後の2人は一人は私の胸をしゃぶりながら自分のものをしごき、もう一人は私の口に熱いものを含ませます。
そのようにして全員が何度も何度も私を犯しました。
はじめは我慢できるのですが、哀しいかな夫は単身赴任中で2ヶ月近く夜の営みはありません。
私も飢えていました、と同時に息子と同年代の少年たちに犯されたという事実を受け入れるうちに興奮が一気に高まってきました。

「はぁぁぁ・・ぁぁぁぁあ」「ふっ~ふっふぁぁぁ」と次第に声を押し殺すのも限界に達し、最後には14歳の少年たちの背中に腕を回し、思いっきり腰を使って「いい~いいのぉ~、もっとぉもっとよぉぉぉ・・・。早く、早く、いかせて~気持ちいい気持ちいい」と叫んでいました。

その頃には少年たちも余裕が出てきたのか「おばさんぬれぬれだよ、エッチだね」とか「おばさんのオマンコ、真っ黒だったよ」と耳元で囁いてきます。

そのことが私をいっそう興奮へと導きました。

私は息子の前ということも忘れ「犯して!智子の体気持ちいいでしょう・・・もっと、もっと」と何度も少年たちを求め、熱い精子を受け止めました。

もう、中学生の母親ではなく一人の女に変わっていました。
そうするうちに2時間くらい経ったでしょうか、少年たちもだんだん勢いが無くなってきた時でしょうか・・・。

一人が「おい、見ろよ!武志の奴、母親のSEX見て立ってるぜ!」と叫びました。

私もその時はじめて目をやりましたが驚きました。
武志のおちんちんはお腹につくほど勃起していました。
やっぱり14歳くらいだと刺激が強すぎたんでしょう・・・。
母親が女に変わった瞬間を見たのですから・・・。

その時「じゃ~やらせてやるか?」リーダー格の少年が驚く事を口にしたのです。

一瞬の静寂の後、「おもしろいぜ!母親とのSEXみてみたいなー」「母親で出すのかな~?」と、少年たちは口々に言いはじめました。

私は「いや~いやよ、あなた達何考えてるの?そんな事できるわけないじゃない!」と何度も哀願しましたが、2人によって息子の目の前で大股開きのポーズをとらされ、息子にあそこを曝け出してしまいました。

そうなれば抵抗なんて無意味でした・・・。
少年たちに促された息子は母親である私の中に入ってきました。

「あぁ・・・」

息子が声を漏らします。

「お願い、動かないでね!武志・・・」

いきそうになった私は快感に耐えながらそう口にしましたが息子も男です。
しばらくすると激しく腰を動かしてきました。

「あぁ・・・あぁぁぁぁぁぁ・・・武志!武志!」

何度もそう叫びながら私も絶頂を迎えてしまいました。
傍からは少年たちの嘲笑が聞こえてきます。

「母親とやってるぜ~なかなかみれないよなー」
「でもさー、息子で感じるってこのおばさんもエッチだな・・・」

好きな事を言っています。

でも、私は来るべく快感のためそのような言葉も耳に入らず、ただ女として息子のおちんちんを求め続けました。

その時でした・・・予期せぬ事が起ったのです。
階段を駆け上がる音と共に小学6年生の次男、勇輝が勢いよく部屋のドアを開けたのです。
おそらく下校時刻だったんでしょう・・・。
私はそのことをすっかり忘れていました。

勇輝は武志に跨がっている私をじっと見つめた後、部屋を出て行こうとしましたが、傍にいた少年の一人に部屋に引き戻されました。
私は目の前が真っ暗になると共に、呆然と武志の上でへたりこみました。

もうどう言い訳しても通じません。
12歳といえども事の内容くらいは分かるでしょう。

私は半狂乱で少年たちに「あなた達がこんなこと・・・こんなこと・・・」と泣きながら叫びました。

しかし、少年たちは「もう仕方ないじゃん、みられたもんは」「武志とやって気持ちよさそうにしてたのはおばさんだろ、今度はまたおれたちがしてやるよ」と言い、勇輝と武志の前で私を犯し始めたのです。

「やめて~勇輝には見せないで!まだはやすぎるから」

私は激しく叫び、何度も逃げ出そうとはしましたが体力は残っていませんでした。
結局武志の時と同じように勇輝の前でも女を曝け出してしまったのです。

「いくーいかせて・・・はっはぁぁぁ!気持ちいいのぉぉぉぉぉぉ、我慢できない入れて入れて」

そう叫んでいました。

その後は全裸にされた勇輝のものを咥えるように言われ、私は中学生に突かれながら勇輝のまだ小さいモノをしゃぶらせれました。
勇輝も5分と持たず発射してしまいました。

そして・・・勇輝とのSEX・・・。
まだ華奢な勇輝の上に跨がり、腰を落としていきました。
12歳でも挿入感はあるんですね・・・敏感になっていた私の体には十分でした。

「はぁぁぁぁぁ・・・あぁぁ・・・ふんぁ」と鳴咽した後に、私は激しく腰を揺さぶりました。

「ママ・・・ママ・・あぁぁ・・」と恍惚とした表情で勇輝も喘いでいました。

途中から武志も加わり、親子3人で「武志・・・勇輝・・・お母さんの体気持ちいい?いかせて~いかせて~お願い~」と狂ったように私も悶えていました。
全てが終わった時に少年たちは笑いながら帰っていきました。

「おばさん、今日は気持ちよかったよ。またしてくれよ」

最後にそう言い残して・・・。

あれから3日経ちますが息子達とはあれ以来関係はしていません。
ただ、その目は明らかに母親を見る目から女を見る目に変わっています。
次男までもが・・・。