中学時代から虐められ続けた俺の復讐

この体験談は約 7 分で読めます。

携帯とかポケベルさえ無かった時代のお話です。

中学校で虐められてるクラスメートの女をちょっと庇ったら、それから俺への虐めが始まり、二年間虐められ続けた。
特に女チームからの虐めが酷くて、「死ね」とかそんなのは当たり前のように教科書に書かれてたし、給食なんてゴミ入り。
いつもの様に上履き、外履きはゴミ箱の中。
キモイ扱いの二年間。
10人くらいに引きずりまわされて女子トイレに閉じ込められたりと、それなりに辛い二年間だった。

その女リーダーは由美子と言って、親がPTAだか町会長だか知らんけど、地元では名の知れた名士。
「チクっても良いけど、うちの親いくらでも口止めできるしぃ~」と言うのが彼女の特権だったし、口癖だった。
現に教師は見て見ぬふり。
直訴を一回だけしたけど担任からは「注意しとくから」とそれだけでスルー。

打って変わって高校時代。
三年間、俺にとってはすごく楽しかった。青春してたw
彼女も出来たし、仲間も出来て毎日学校に勉強をする為に行くのではなく、友達や彼女に会うために学校に行っているようなもんだった。
毎日楽しくて仕方がなかった。

そして、卒業を控えた2月頃の駅駐輪場。
由美子らしき集団が目の前を通った。

「あぁ!あいつ工藤(俺の苗字です)じゃね?www」

俺はシカトしてた。
こんなに楽しい毎日を邪魔されたくなかった。

「おぃ!工藤!なにやってんだよwww」

それでもシカト。

「シカトこいてんじゃねーよ!」

それでもシカト。

「おぃってんだろーが!」

タバコを投げられる。

「おぃ!シカトしてんじゃねーよ!」

それでもシカトして自転車で家を目指す。

猛スピードで追いかけてきて、信号で止まる俺の隣に並ぶといきなり自転車を蹴る。
バランスを崩して転びそうになる。

「シカトしてんじゃねーっていってんだろ!おい!」

それでもバランスを取り戻すと、青になった瞬間に猛スピードで逃げ出した。

次の日の帰り。
俺の自転車は無かった。
盗まれたと思ったけれど、自転車は駐輪場の端っこにサドルも無く、空気も抜かれ無残に籠もひんまがり転がっていた。
ギゴギゴと引きながら帰る途中、案の定由美子の集団が近づいて来て薄ら笑いを浮かべながら俺に向かってタバコを投げ捨ててく。

そんなイジメと言うか嫌がらせが卒業まで続いたが一時的に収束。
しかし大学へ通うようになると今度は彼氏なのかなんなのか判らない男に呼び止められ「おめーかよ!コイツに嫌がらせしてんのよ」と因縁ふっかけられ、車で拉致られて監禁状態。

遠い山の中で下ろされて、運転席と助手席からヘラヘラ笑う由美子と男。
そして後部座席に居る仲間達に財布の金は抜き取られ、やめろと言えば殴られ、言わなくても蹴られる。

(なんの恨みがあってこんなことされるんだろう?)

由美子に聞いた。

「なんの為にこんな事してんの?」
「はぁ?おもしれーからにきまってんじゃん!」

何時間も歩いてトラックにヒッチハイクさせてもらって地元へ帰って来た時はすでに夜が明けていた。
その夜、俺は友人と彼女と駅前で飲んでいた。
もちろん未成年なのは勘弁してくれ。

事を話すと「警察に言わないとダメだよ!」と言ってくれて、「なら明日警察行ってみるね」と言い、店を出た。

店を出て駅まで彼女と友人を送りに行くと駅前にはいつもの1BOX。

「俺と離れて歩いて、そして駅まで走って帰って!」と俺は言ったが、すでに時遅し。

1BOXの中から由美子と彼氏、そして男と女が出てきた。

「んだよこいつ!彼女連れかよ!www」

そう言うと由美子の彼氏は俺の彼女に無理やりキスするような仕草をした。
咄嗟に俺は押しのけると「んだぁ!やんのかごらぁ!」と意気込む。

「どけよコラ!」と俺を押しのけると彼女に向かって行った。

そして彼女は彼氏に抱きしめられてしまい脱出できないで居る。
でもここで助けないと俺は一生後悔すると思った。
俺は体当たりで彼氏を突き飛ばした。

「はやく!電車乗って!はやく!」

そう叫ぶのが精一杯で頭の中は空っぽ。
だけれど彼女に手を出した怒りは物凄いものだった。
自分でも抑えきれない感情が湧き上がる。
しかし相手は4人、こちらは1人。

友人が俺を庇おうとするけれど俺はお願いしてた。

「彼女を頼む、おまえしか居ないんだ、頼んだ!頼んだぞ!」

友人は意を決したように彼女の腕を掴むと改札へ走り出した。
警察なりなんなりに知らせてくれる事を祈りながら・・・。

そしてまたその男の1BOXに乗せられ山の中へ。
イヤだというと無理やり乗せられ後部座席で殴られ続けた。
こっちが抵抗しないようになると、「ひゃひゃ」と笑いながらまた山の中へ。
その日は雨が降り、しんしんと冷える山。
真っ暗で街灯一つ無く、通る車も平日では殆ど居ない。

まじで死んじゃうかなコレ?と思ったんだけど全ては突然訪れた。

「また歩きじゃんwww」
「しねよ!」
「ばいば~いwww」
「またドライブつれてってやるからよwww」

4人とも笑いながら走り去ってく。

山の中で下ろされ、冷たい道をテクテクと歩く。
痺れと渇きでヨロヨロしていたがなんとか帰る方向はわかったので歩く。
すると、小さな狭いカーブに一台の車が止まってる。
遠くから見てもそれは普通の止まり方じゃない。
しかし、その車の輪郭が見える頃には、それが誰の車かよく判った。
由美子の彼氏が乗ってる車、つまり俺を乗せてきた車だった。

後ろから近づくとなにやら呻き声とラジエター液の漏れる音なのかシューシューと音がする。
ハイエースみたいな1BOXでフルスモークエアロは下品へ車内はチンチラ仕様、後ろはガーゴスペースだった。
フロントに回ると、窓ガラスが割れてドア部がつぶれ半分開きかかってた。
リアのスライドゲートは開けようと思っても開かなくなっていて無理やり引っ張ってもギギギギと音がするだけだった。

車内を恐る恐る覗くと運転してた彼氏は顔面血だらけで両腕が変な方向へ曲がってる。
もう一人の男はセンターコンソールに挟まれて気を失って居た。
もう一人の女はスライドゲートと後部座席の間のスペースに居たけど頭は血が滲んでいた。
由美子はフロントと座席の間に居てガチガチ震えていたけれど、腕に切り傷が少しだけで震えながら呆然としていた。

俺は血まみれの彼氏を見て吐き気がしてきた。

「うえっ、うぷっ」

そんな音を聞いた由美子は俺の顔を見ると、

「わわわわ・・・たすけて!お願い!死んじゃう」

俺は冷たかった。
死んでもいいと思ってた。
彼女に手を出すやつは死ね!と当時は思ってた。

「いいんじゃん・・・死ねば?」
「えっ?」
「じゃ俺帰るから」

「お願い!お願いだから!謝るから!」
「俺が謝っても薄ら笑いしてたやつにお願いされたくない」

ドアがギギギと開き由美子が外から出てきた。
ヨロヨロしながら涙を流してる。

それでも俺は歩き出した。
由美子は腕を握って懇願してたけど振り解いて歩き出した。

「お願い!もう何もしないから!お願いだから助けて!」
「死ねよ!」

半狂乱の由美子の声を聞きつけて真ん中に埋まってた男が起き始めた。
男はそのとなりの女を揺り動かしで起こし二人して出てきた。
運転席の男を見て二人は唖然とした顔をした。

「やべーよ、やべーよ!」

もう一人の女は「キャー」と騒いでる。

しばらく押し問答してたが、三人は土下座して助けてくださいと言い出した。
俺は「死ねばいい」とだけ言い残して歩き出した。

「見捨てんのかよ!」
「だって、こんな事するからいけないんじゃないの?」
「だから謝ってんじゃねーか!」
「知るかよ、お前達なんて死ねばいい」

ぎゃーぎゃー騒いでたが俺は歩き出した。
3キロくらい歩くと民家があったので、電話を借りて警察と救急に電話しその家に事情を説明すると、軽トラックで事故現場に戻ってくれた。
一生懸命フロントから救い出そうとしてるけど、ボディにはまって抜け出せない。
女二人は道路にペタンと座って呆然としている。

その民家のおじさんと俺と、その男でやっと取り出すと片足が折れてた。
両腕も折れてる。

「いてー!いてーよ!いてー!」

泣きながら騒いでる。

救急車とパトカーがやっと到着し、4人に手当てしてる間、俺は「なんでこんな所にいるんだ?」という警察の尋問を受ける。
正直に話しても信用はしてくれず、一向に話が進まない。

警官がもう一人の男と女に事情を聞いてやっと飲み込めた。
警官は俺をパトカーに乗せ近くの署まで連れて行ってくれた。
パトカーに乗る前に由美子が言う。

「親には内緒でお願い」

しるか!と思ったけれど顔には出さなかった。

警察で仮眠室を借りて、次の日は警官に金貸してもらってなんとか帰宅。
親には怒られるし、そりゃもう大変な騒ぎだった。
二週間ほど経つと、駅前には違う車だが、明らかにあの3人。
俺が駅入口に行くとそそくさと降りてきた。

「すみませんでした」と謝る男と女。

しかし由美子は車の中でタバコ吹かしてる。

「なんであいつは降りてこないの?」
「えっ?」

後ろを振り返って気が付いた男は、

「おぃ!由美子降りてこいよ!」
「はぁ?なんであたしが謝んなきゃいけないわけ?」

しぶしぶタバコ抱えて降りてくる。

俺は一言言って立ち去った。

「親には本当のことを今日言いに行く」

顔が真っ青になってあうあうしだした。
由美子が降りてくる前に男とその女と話したが、警察からは事故起こした連絡は行ってるが、なんの為にこんな事したのかは他の2人は知らないし、彼氏も由美子に頼まれただけと答えたらしい。

そしてその夜、俺は本当に家を目指して歩いてた。
大体はわかる、町内の大きい家を探せばすぐに見つかった。
しかし、玄関入る前の門に人影が・・・由美子だった。

「言ったらほんとぶっころすよ!」
「どけよ」

「別に今日帰っても明日があるし、それに手紙でもいいし」
「ざけんなよ!」

「人虐めるという事がどんなに間違ってる道か教える為に仕方ない」
「・・・」

「じゃぁどうしたら許してくれるんだよ!」
「土下座しろよ、そして俺に謝れよ彼女にも友人にも謝れ」

「出来るわけねぇだろ!」
「ならこのまま言うだけだ」

「ちきしょう!」

そう言うと由美子は土下座した。

俺はその頭を靴のまま地面に押し付けた。
そして、そのまま頭を踏み台にして乗り越え玄関の呼び鈴を押した。

出てきた母親はびっくりした顔で俺を迎えた。
後ろで半泣きの由美子が「帰れよ!帰れよ!」と騒いでる。

「大事な話がある。例の事故の件です」と言うと、俺が乗ってたのを察したらしく、どうぞと通してくれた。

由美子は母親に連れられて違う部屋に連れて行かれた。
父親は幸い聞き訳がよく、俺の話を殆ど最初から聞いてくれた。
話し終わると、父親はあの子に二度とそんな事はさせないと約束し、俺は家を出た。
俺はその足で彼女の部屋に行き、報告して一夜を共にした。

後日。
由美子は地元から居なくなった。
両手を折った男も一度すれ違ったが会釈だけしてその後は会っていない。
もう一人の男と女も地元には居なくなったようで、平和な日々が訪れた。

今思い返すと、あの頃もう少し彼女が何かされてたら歩いて帰っちゃってたかもしれない。
そう思うと、ちょっと怖い冷めた自分に気が付く。
俺はそういう心を持ってるんだろうか?と怖くなる時がある。

タイトルとURLをコピーしました