母のドレス姿に欲情してホテルのトイレでぶち込んだ

この体験談は約 3 分で読めます。

従姉の結婚式で母とお祝いに行った時のこと。
この日の母はドレスアップしていてすごくセクシーだった。
正直、結婚式なんてどうでもよくて、朝から母とセックスすることしか頭になかった。
披露宴では母の隣に座っていたが、ドレスのスカートからのぞく生足が色っぽくてムラムラきてしまった。

僕は周囲の様子を窺いながら、隙を見て母のスカートの中へ手を伸ばした。
幸い周りからは死角になっていて見ない。
母は手を払いのけようとするが、僕は執拗に太ももを撫で回した。

僕は席を立ち、母に目で合図して男子トイレに向かった。
大の方に入ると、そこから母にメールした。

『トイレにいるから来て』

返信がない。

『頼むよ。してくれないならまた触っちゃうよ』

そしたら5分ほどして母がやって来た。

「あんた、こんなとこで何考えてんの?誰かに見られたらどうすんの?」

「大丈夫だよ、すぐ済ませるからさ」

母を四つん這いにさせ、後ろからガチガチに勃起したチンコをぶち込んだ。

「はぁはぁ、ハぁ・・・、母さんのドレス姿見た時から、ハァ、ハァ」

「・・・変態」

「ハァ、ハァ・・・ハぁ・・・ぃい」

この日はいつも以上に気持ちよかった。
快感に酔いしれ、夢中で腰を振りまくっていました。
ドレス姿の母は本当にセクシーだった。
披露宴に来ているみんなは俺と母がこんなとこでセックスしてるなんて夢にも思ってないだろう。
そんなことを考えているとますます興奮して、あっという間にイキたくなった。

「ぁぁ・・・母さん、出そうっ」

「ぁあっ!」

最後はいつものように母の中に出した。

「母さんのドレス姿、たまんない。今度家でも着てよ」

「・・・もう戻るわよ」

母のドレス姿がすっかり気に入ってしまった俺は、次の日、家に着くなり玄関で母に無理やり迫った。
肌蹴たドレスが母をレイプしているみたいでたまらなく興奮しました。
ずっとムラムラしていた俺は玄関で母さんを押し倒した。

「きゃっ!」

母は驚いて持っていたバックとお土産の袋を床に落としてしまった。

「もう、何してるのよ」

母はちょっとムっとした様子だったが、俺は構わず母のスカートの中に顔を突っ込んだ。

「ぁっ、ちょっと」

母が珍しく抵抗し、俺の頭を払いのけようとしたが、俺は手を掴んで振りほどき、母の生足を貪った。

「ま、待って、汗かいてるから汚いし」

「別に気にしないよ。家に着いたらずっとこうしようと思ってたんだ」

太ももを舐め回し、狂ったように舌先で母のパンティの上からアソコを舐めまくると母も大人しくなった。

「帰りの新幹線でも、ずっと母さんの体を見てたんだ。母さんの太ももを舐めたくて舐めたくて疼いてたまらなかったんだよ」

なんだか母を本当にレイプしているような感覚になり、全身が震えるほど激しく欲情した。
母の上に覆いかぶさり、首筋を愛撫しながら両手で乳を揉みまくった。

「ハァ、はぁ・・・母さん」

家の玄関でケダモノみたいなセックスをしている状況がたまらなく快感だった。
もうチンコはズボンの中でパンパンで、突っ込みたくてたまらなかった。
パンティを片足だけ脱がせ、いつものように生で突っ込んだ。

「ぁああ、くっぁああ」

たまらない快感が襲う。

「ハァ、かあさん・・・はぁ・・・ハぁ、気持ちぃ」

40過ぎとは思えない締まりと粘りだ。
ドロっとしたマン汁が肉棒に絡みついて、とろけそうに気持ちよかった。

「ぁあ、気持ちいい、気持ちよすぎるよぉ」

俺は夢中になって腰を振りまくった。

「ぁあ、はぁはぁ」

次第に射精感が高まり、母のほっぺをペロペロしながら激しくピストンした。
すごく動物的でいやらしかった。

「くっ、ぁあ、ああ、ぁっ、もう出そう、中に出すよ。っうぅ、ぁあだめだ」

最後は母を強く抱き締め、母の中に欲望を全て吐き出した。
肉棒が母の中でドクドクと波打つ。
気持ちよすぎてしばらく動けなかった。

「なんか犯してるみたいですっごい興奮したよ」

「・・・」

肌蹴た服を整え、髪を直す母の姿が女っぽくてエロい。

もう一発やろうかと思っていたら、「ちょっと疲れたから寝るわね」と言って母は寝室に行ってしまった。
それにしてもすごく興奮した。
母と関係を持ってすでに数年が経つが、母への欲望は激しさを増すばかりだ。

タイトルとURLをコピーしました